立山黒部アルペンルート 室堂・雪の大谷ウォークが、ひじょう〜に微妙な件

05 23, 2019
ootani1.jpg
さて、
ちょっと富山県まで行ってきまして、話題の「雪の大谷ウォーク」たるものを体験してみました。
雪の大谷は、室堂にあります。
この「雪の大谷」なんですが、ひらたくいうと、かなりの高さを誇る「雪の壁」これを見ながら少し歩いてみようというものです。従いまして、交通機関を利用するものでは無く、基本室堂から往復大体1キロぐらいですか、「徒歩」での散歩になります。ウォークっていうぐらいだからあたりまえですか。(笑)
途中眺望がよい展望スポットがあるわけでも無く、あるのはただただ白い雪の壁。これのみです。
尚、雪の大谷とはいえ、下は基本アスファルト。特に雪が溶けて「ぐっちゃぐちゃ」なんてことはなく、スニーカーでも大丈夫なわけです。(この日は)
SDIM8828.jpg
アクセスは二通り。
黒部ダムに通じる扇沢からケーブルカーなどを乗り継ぎ室堂に至るルートと、富山県側の立山駅からケーブルカーとバスを使って室堂まで至るルート、この二通りです。
今回は富山県の立山駅から登るルートを選択しました。
このルートのメリットは、室堂までの運賃が安いこと。(ただし、東京からだと北陸道を回り込むため高速代とガソリンがややかかる・・。)無料駐車場が多く駐車場代がかからないこと。(扇沢の無料駐車場は少ない)
室堂までの時間が短い。ケーブルカー7分で美女木平まで、そこからバスで50分で室堂。最速70分程度で室堂に到着できる。まぁ、最速とはいっても「待ち時間」っていうものがあるんです。・・・大人気ですから。
とはいえ、GWさえ避ければ(GWは絶対に行ってはいけない・・。ケーブルカー待ちが4時間とか平気であるのだ。笑)
週末でもそこまではかからないと思う。お勧めはGW明け。この日は待ち時間30分程度でチケットが買え、一番ケーブルカーに乗ることができた。その後は殆ど待ち時間は無く乗れたようだ。逆に朝一番の方が混み合う。
美女木平に着いたらバスは進行方向左側の窓側が特等席。バスは50分乗るがかなりの道中かなりの絶景で、立山連峰や称名滝などの展望スポットを徐行(停止)して案内してくれる。
そして、それらが終わると終点へ。室堂に到着する。
SDIM9026.jpg

雪の大谷ウォークは9時30分から。それまではウォークエリアに入れない。したがってどこかで時間をつぶさなければならない。幸いにも「みくりが池」という絶景ポイントがあるので行ってみた。写真でも見たけど、ここは無風の状態だとリフレクションがハートの形になったりとかなりの写欲をそそられる。
歩いて数分。日本で一番標高が高い位置に温泉がある所でも有名。ただし、この温泉施設は時間が早すぎて営業していなかった。
SDIM8840.jpg
遠目で見てもなかなか池らしいものが確認できないのでおかしいなと思っていたら池はこの有様。雪の中だ・・・。
この時期の室堂最大の撮影ポイントを逃す羽目に。ガックリ。
SDIM8856.jpg
一部が溶けてエメラルドグリーンの池の一部が露出。これは綺麗。もう少し溶けてたらなぁ。再びガックリ。
SDIM8884.jpg
ところが、
捨てる神あれば拾う神あり!雷鳥君がどこからともなく現れた!!
しかも雪の高台風な場所に佇んで、いかにも「東京から来たんだろ、撮ってくれよ!」と言わんばかりのポーズ。何かビジュアル的にもかっこいい!
SDIM8893.jpg
雷鳥を見るのは初めてだ。もう少し大きいと思っていたが、小さくてカワイイ。
で、よくみるともう一羽。つがいだ。人間になれているのか、あまりびくびくしないで堂々と草をついばんでいる。
SDIM8894.jpg
ある程度歩いていたら今度は別のポイントにも雷鳥君たちが!こちらもペア。
雪の中をトコトコと歩く姿が愛らしい。癒やされたー。
結構いるのかな?と思ってもう一度ぐらい出会わないかな?と思っていたが、三度目は無かった。
ただ、聞くところによると、みくりが池周辺では結構遭遇率が高いらしい。室堂に来たら是非みくりが池を散歩してみて下さい!雷鳥君に出会えます!(多分・・。)
SDIM9006.jpg
さて、
問題の大谷ウォークが9時半を過ぎ時間解禁なったので行ってみた。
一車線を潰してウォークエリアとしているが既に人が一杯。誰も居ない状況を狙おうとしていたがとんでもなかった。
SDIM9010.jpg
そして、これが最も問題なのだが・・・。
壁が何か低い・・・。(笑)
今期の最高は16mという発表。とはいえ、これは最高に壁が高い場所。写真で見るちょうどバスの屋根辺りに見える盛り上がった部分だ。この日は13mということだったが、この13mという部分は実は50mもない。(正確に計ったわけではないのだが。)大部分は10m以下と思われる部分で「こんなものなのか・・・」と、これに関してはかなり落胆した。
SDIM9012.jpg
バスの高さを計算すると・・・大体おわかりになるだろう・・・。
SDIM9003.jpg
人がたくさん集まっているエリアが壁の最高地点付近。ごらんのように高いのは向かって左側だけです。右側が低い・・・。
この最高地点、というか、大谷ウォーク自体にいえることなんですけど、この最高地点を含めた雪の大谷ウォークは、室堂から下にあるため、バスで下から上がっていく際に一度通過するんです。ですので、バスから見てるんですね。というか、見えちゃうんですよ。大体感じがわかっちゃう。
ゆえに、歩いてきたときにはすでにネタバレというか、新鮮味があまりないので・・余計に感動しなかったのかな。
う〜ん、どうでしょう。
SDIM8955.jpg
大谷ウォークの歩ける部分の最終地点はロープで通行止めにされており、そこからは誰も居ない状況を狙えることは狙える。ただし、壁が低いので写真映えはあまりない。
SDIM8981のコピー
こんな感じでバスを入れないとスケール感が出ないので入れてみたが・・・。正直微妙だ。(苦笑)
一昔前の写真を見てもかなりの壁の高さなのでそんな感じを体感できるのかな・・とおもったけど結果は意外だった。
でも、空気は美味しいし、景色も綺麗でなにより青空と雪の白のコントラストが美しく、まぶしかった。
raityou1.jpg
あっ、そうです。なにより君たちに会えたのがよかったです。ありがとね。(笑)




みごとに保護色。特別天然記念物。

05 19, 2019
SDIM8869.jpg
さて、
画面に特別天然記念物がいます。
詳しくは、のちほど。

伊豆で一番好きな場所。大室山の浮遊感。

05 12, 2019
SDIM4977のコピー

さて、
史上初の10連休もあっというまに終わってしまいました。もともと大きな予定は無かったのですが・・。
前半いきなり風邪?の様な症状で体調が優れなくて出鼻をくじかれ、後半ようやく治ってきたなと思ったら、なかなか咳が止まらなかったりと、結局、直接的に仕事に影響が無かったので良かったのか、悪かったのか、なんともいえません・・。世間では、「長すぎる」とか批判も多かったんですけど、私は短かったです。(笑)

ところで、
現在、JR東日本「大人の休日倶楽部」で吉永小百合さんが伊豆を旅してます。
伊豆といえば、去年かなり通いました。世界ジオパーク認定もされ、かなり盛り上がっているようです。
大体、どこいっても綺麗で楽しめるのですが、よりダイナミックな地形や食べ物、温泉があって、景色なんかが楽しめる・・・といえば、大概西伊豆なんかを勧められるのですが、伊豆大好き人間が強力に勧めるのが東伊豆、伊東にある「大室山」(おおむろやま)ですよ。もう、ここからの景色は最高じゃないでしょうか。
定番っちゃ定番なんですけど、時期が重要で、新緑の今の時期が個人的には一番綺麗だと思います。ハイ。
あと、「山」っていっても「登山」じゃないので装備は必要ないです。リフトで登るので疲れませんし。(笑)
SDIM4925のコピー
SDIM4948のコピー
SDIM4945のコピー
SDIM4953のコピー
SDIM4916のコピー
見て貰うとわかるのですが、大室山には高い樹が一切(ほぼ)ありません。それがこの独特の景観・浮遊感を生み出しています。また、大室山は火口縁が遊歩道になっており、一周ぐるりと回ることができます。これが気持ちいい。住宅街や街も近いので、かなり高さを感じます。360度パノラマで、視界は最高です。
ただ、遮るものがないので風が吹くとかなり強さを感じます。それが唯一の難点かもしれません。
SDIM4960のコピー
切り撮られる画もなんか独特です。
SDIM4949のコピー
一周はゆっくり歩いて30分ぐらい。景色が良いので時間は忘れます。(笑)一方通行でした。
SDIM4937.jpg
ここまで来て気づいたことがある人も多いと思うのですが、「ここから富士山って見えないの?」なんですけど。
結論から言うと、「ハイ、綺麗に見えます。」(晴れていれば)※この日は見えませんでした。
ですが、注意事項。
以前、伊豆の松崎にある烏帽子山のエントリーで書きましたけれど、この上の赤い建物。これは大室山が祀る浅間神社。
浅間神社と言えば富士山信仰の神社として全国各地にありますが、この大室山浅間神社も雲見の浅間神社と似たような謂われがあります。ですので、「富士山がきれいだねー」とは思っても口に出さない方がいいかもしれません。
ちなみになんですが、火口の真ん中には観光用のアーチェリー場があります。(珍しい)

というわけで、
伊豆の大室山。ここは良いですよー。



知名度は世界的!?「只見線第一橋梁」にロケハン。

05 02, 2019
tadami2.jpg
さて、
元号とともに初めてテンプレートを変えてみました。

福島県にある「只見線第一橋梁」にやってきました。
もう、ここは鉄道×絶景ポイントしては、日本はおろか、世界的に有名です。数年前でしょうか?ナショナルジオグラフィックに掲載されたときぐらいからこのポイントのグローバル化が始まったようです。(笑)
この日もこんな時間にもかかわらず外国の方が来ており、ポイントまでの道順を道の駅の店員さんに聞いていました。
見た目秘境っぽく、これだけの絶景にかかわらず、アクセスは悪くないです。最寄りの道の駅に車を止めてどんなに遅くとも徒歩で20分あればポイントにつきます。A〜Dまで四ヶ所の撮影ポイントが有り、これは一番上のDから撮影したものです。
春夏秋冬、色々な表情がありますが、まぁ、第一橋梁と言えば「冬」です。ホント、ちょっとですね、手持ちがないのでネットで画像を探して頂きたいんですけど、素晴らしいですよ。
そんな写真を撮りたくて準備だけでもしようと現地に行ってみたんですけど、この日は夕方に着いたので、第一橋梁を通過する列車はたったの一度。ちなみになんですが、土日祝日は上り下り合わせて9本しかなく、光線具合から撮影はほぼ朝に限定されるためチャンスは6時台の2回しかないです。真冬はかなり過酷な撮影になりそうです・・・。
レンズの距離感などを確かめてこの日は撤収。
SDIM8100--1.jpg
家に帰りどんな感じだったか上がりの写真を見ると・・・「!?」なぜかピンぼけ・・・。
「なんでよ・・」
電車が来る直前で場所を移動したからかなぁ・・・。
一寸原因は不明なんですが、・・・残念だったけど・・本番じゃ無くてよかった・・・?(泣)



超電導パワーで音速突破!?リニア中央新幹線に試乗

04 27, 2019
¸rinia
さて、
いきなり前回のクイズの答え。これですね。リニア中央新幹線。窓から撮影した富士山は、東海道新幹線や在来線、ましてや飛行機からではなく、このリニア中央新幹線から撮影したものです。
「リニアってトンネルばっかりでしょ〜?」っていってるあなた!!リニアから富士山は「見えるんです」(笑)
・・現時点ですけどね・・。(しかも数秒です。)
SDIM6044のコピー
と、いうわけで、今回、山梨県にあるリニア見学センターで試験中のリニア中央新幹線に試乗できる機会がありましたので一寸エントリーしてみます。
ご存じない方が結構居ると思うのですが、リニア中央新幹線(以下リニア)には基本的に誰でも乗れます。ただ、パッと行ってパッと乗れるわけでは無く、結構倍率の高い抽選ですが・・。大体一年に数度「体験乗車やるよー」という告知がHPであるのでこまめにチェックしてみて下さい。
→ JR東海リニア中央新幹線体験乗車
SDIM6067のコピー
見学センターは、いつも富士山に行くときなど、その存在が高速道路から確認できるのですが、もちろん来るのは初めてです。
まずは、はやる心を落ち着かせて見学センター最上階へ。下を見下ろすと試験走行に備えリニアが既にスタンバイして何度か走行テストを繰り返しています。
フル加速で見学センターを抜けますが、さすがに早い。でも、距離が少し遠くてガラス越しだし、もうすこし身近に感じる造りにすることはできなかったんだろうか、それが少し残念。

体験乗車までは時間もあるのでお土産屋さんなどで時間をつぶす。
限定グッズなど、その筋の人たちにはたまらないアイテムの数々。特にマニアではないけれど、みているだけで時間はあっという間。
その他、早く着いても施設外の小高い展望台に登るなどして、むしろ時間は足りなかったぐらいです。(笑)

そして、時間です。
いよいよ乗車のために見学センターの乗車棟の方に移動します。
DSC03971のコピー
DSC03976のコピー
まずは発券、ボディチェックと手荷物検査。飛行機並みです。
それが終わると会議室のような広い場所に一堂が集められます。席は事前に決められています。
そこで注意事項などの話があり、さらに移動し、そこから乗車します。
この時、リニアの歴史をまとめたオープニングムービーのような短編の映像が流れるのですが、これがメチャクチャカッコいい。撮影禁止のアナウンスがありますが、DVDとかで欲しいぐらい。注目してみて下さい。
DSC03990のコピー
DSC03992のコピー
いよいよリニアに乗り込みます。
この日は全6便の体験走行が行われるようです。
座席は新幹線より若干狭いぐらいか・・・座り心地は新幹線とさほど変わらない。シートが少し薄め。中間車両は68人乗りで、左右合わせて4列です。営業時は10両程度の長さになるようですが、この日は4両編成です。ちなみに富士山側は座席AとBの方です。
DSC03998.jpg
リニアはまず、東京側にバックします。時速150キロ程度まで加速するとタイヤの走行から浮上走行に変わり飛行機の離陸のような感覚があります。すぐさま300キロ以上まで一気に加速。この時点で新幹線を軽くオーバー!速すぎます。
300キロ以上で東京側への最終地点まで行くと、一旦停止し、いよいよ500キロ走行が始まります。
なんたって東京〜名古屋を約40分、地元京王線でいうと、京王八王子〜新宿まで約5分(!)ですから。(笑)どんだけ早いんだって話ですよ。
DSC04009.jpg
DSC04004のコピー
とはいえ、走行中は殆どがトンネル内。モニターに映し出された映像だけが唯一視覚的に500キロを体感できるものであるため意外にあっけなかった。(笑)揺れは思ったよりは無く、これは快適。タイヤでの走行は少しごつごつした感じがあるがそれほど悪いものではない。ただし、超高速の浮上走行から低速時のタイヤ走行に切り替わりタイヤが接地する際ゴムが焼けたような臭いが僅かに感じられた。
500キロ走行は数分間続くが、最も感じたのは、パワーにまだまだ全然余裕があること。試験車両による最高速度は600キロ以上と言うことではあるが、このL0系のリニアもまだまだ全力で走ってるとは感じられなかった。
僅かに数分間の旅で甲府側の最終地点まで行くとまたバックします。このときも500キロ走行を楽しめます。
そのまま見学センター前を抜けると今度はゆっくりと見学センターに戻り体験試乗は終了です。この間、約30分。結構走りました。
SDIM6106のコピー
降車すると10分程度記念撮影タイムがあり、皆さん先頭車両と記念写真を撮ってます。こちらからの方が見学センターより近い場所でリニアを見ることができ、写真に収めることができますが、場所は開放されておらず体験乗車した人のみの限定エリアとなっています。残念・・・。
SDIM6097のコピー
地上を走る移動手段としては最も速い乗り物である「リニア中央新幹線」
小さい頃、何か卵形の車両を目に「磁石で浮くんだって〜、すごいね〜」なんて言っていた頃が思い出されます。凄いスピードがでるらしいよ、と、その時は夢のまた夢ぐらいの位置づけでしたが、試験車両の完成度は高く、2027年の開業予定もこの車両を見るまでは半信半疑でしたが、それも払拭されました。リニアに関するインフラ整備が進めばいよいよ現実のものとなるでしょう。
実際にリニアが走るまではまだまだ問題があり時間もかかる。そういう意味では貴重な体験ができました。
DSC04046のコピー
リニアの体験乗車なんですけど、一応お金かかるんです。まぁ、それに見合っただけの体験ができたのでぜんぜんいいんですけど、念のため。
で、お土産が貰えます。
パンフレット×2,クリアファイル、ボールペン、イラスト入りのメモ帳、リニアL0系のカード?、名前入り搭乗券(お土産ではないけど)
今日ブログに載せるまで「メモ帳」を「付箋セット」だと思っていたので、付箋好きとしてはかなりガッカリ。(笑)
DSC04037のコピー
JR東海リニア中央新幹線パンフレットより

お土産に頂いた結構しっかりしたパンフレットは全体的にザックリだが内容が要約されていて良いと思う。
リニアL0系のデザインは、正面から見たときはあまり好きじゃないものだったのだが、写真のような完全なサイドビューはかなりカッコいい。イメージカラーは基本白と青で見慣れた感じ。新型新幹線っていわれても違和感ない。
少し見にくいが、サイドに超伝導磁石が入るボックスのような出っ張りがあるのだが、時速500キロともなるとちょっとした凹凸が影響するだろう。改善の余地はあるのだろうが、この出っ張った感じがメカっぽくて良い感じもする。(笑)
SDIM6139のコピー
最後に。
ネットなどでも盛んに議論されるのが、「結局、リニアって、要るの?要らないの?」という話。
「新幹線がある」「要らない」という否定派が圧倒的なようだが、確かに巨額の投資に採算があうのかというのは興味深いところだ。
また、建設に伴う自然破壊、例え開通したとしても、走行にかかる膨大なコストやメンテナンス費用などの維持費、地震などによるルートの影響、騒音、・・・問題は山積みだ。
DSC03984のコピー
この問題を考えたとき、今からおよそ16年前に商業飛行を停止した「コンコルド」に少し似ているかな、と思った。
マッハ2.2で飛行し、既存の旅客機の約半分の時間で移動できる。夢の超音速旅客機。さぞや素晴らしいものだろう。と、思われた。
ただ、ご存じの通り、コンコルドは様々な問題を抱え思いの外短命に終わった。
しかしながら、似ているとはいえ、リニアはコンコルドとはプロジェクト自体の桁が違う。コンコルドは最終的には運行を
やめればいいというだけだが、リニアは鉄道であるが故、そうはいかない。自然を大幅に破壊してまで人々の利便性を追求した現時点で考えられる究極的ともいえる移動手段。失敗したときの非難はすさまじいものになる。

開発から約半世紀、開業予定は2027年。いよいよ10年を切った。
いずれ答えはでるだろう。



プロフィール

Author:Kazz
Welcome to my blog

Kazz zzak(+あい。)へようこそ。
Kazz zzaK(+愛・逢・遇・合・・・ etc)
あい。は、人それぞれ。

英語で i は自分ということ。

Kazz zzak(+i)

色々な「あい。」と自分をプラスして
Kazz zzak+i=「Kazz zzaKi」

「カズ雑記」

身の回りの好きなこと。好きなモノ。
関心のある事。
写真と共に何でも書いていきます。

気に入ったらまた遊びに来てください。

尚、このブログ内全ての文章・写真には著作権があります。販売も行っておりますので
無断で使用・転載する行為を固く禁じます。

コメントは基本的に悪質で無いものは承認する方向です。
ただ、メールで個別に対応することは時間的にも余程のことが無い限りできませんので
コメント通してすることになります。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター