スズキカプチーノ ボディーカバーは必要か?必要でないか?その答え。

08 24, 2019
1SDIM0805.jpg

さて、
相変わらず暑い日が続きますが、それもそろそろ終わりが見えてきたかのような気がします。
先日、気になっていた免許の更新も終わり、すがすがしい気分で「カプでも乗るか!」と意気込んでいましたが、
・・・そういえば、忘れてました。
カプに掛けてあるボディカバーが結構傷んでおり、そろそろ(というか、限界越え)変えなくてはいけないと思っていたところだった。
DSC04061.jpg
カプチーノに乗って約20年、22万㎞をいよいよ越えようとしておりますが、ここで、このエントリーを行いたいと思います。
それが、表題。
「カプチーノにボディーカバー(青空駐車の場合)は必要か?必要でないか?」
と、いう問題。

ちなみになんですが、わたくしは購入と同時にボディーカバーを買いました。そして、結論は出てます。
わたくしは「必要」派ですね。
実際、約20年間、カプにボディーカバーを掛けてない日がないぐらいです。(笑)

一般的に考えると、このボディーカバーっていうやつは、雨や紫外線、砂埃などから車を守る便利なアイテムとして認識されていますが、根強いファンこそいるものの、最近は掛ける人があまりいないようです。
確かに、めんどくさいし、風が強い日はバタつくし。
そこで、改めて双方の主なメリット・デメリットを考えてみよう。

メリット
●紫外線から車(塗装など)を守る。
●鳥などのフン害
●イタズラ防止
●露付き防止。
●冬場フロントガラスが凍結しない。(朝すぐに出発できる)

デメリット
●それなりの値段がする。
●ボディに傷が付く。
●めんどくさい。

まっ、主なところではこんな感じでしょうけど、これが、「カプチーノに」ボディカバーは必要か?ということになると多少事情が変わってきます。まず、それをそれなりにまとめてみましょう。
カプチーノにボディカバーが必要な理由とは?
これはあくまで個人的な意見ですけど、20年間ボディカバーを掛け続けた人間として第一に挙げる点は、
カプチーノが「フルオープンカー」だってこと。後にも先にもこれでしょうね。
これはですね、日本車の大半を占めるクローズドボディカーとは違います。なんといっても屋根が取れるんですから。そりゃ雨(水)には弱いですよ。(笑)
ご存じのように、カプチーノの屋根はグラスファイバー製?で三分割しますが、それぞれの接合部分は、ボディ側・屋根側とも最終的にゴム同士が密着することによって隙間をふさいでいます。新品のうちは良いのですが、所詮ゴムです。経年劣化により変形して密着率が甘くなり、場合によってはそこから雨(水)が漏れてきます。
しかもここ数年の夏の暑さは尋常ではなく、その暑さに車もたまったものではありません。屋根は最も温度の影響を受ける部分でもあり、ここにゴムを使用しているカプチーノは相当に熱ダメージを受けるでしょう。
そして、一度癖が付き、大きく変形したゴムでは雨漏りは防ぎようがありませんが、ボディカバーを掛けることにより多少なりともその進行を遅らせることはできます。また、フルオープン時にはリアガラスが半回転してボディに格納される複雑な構造であるため、隙間が大きく、その辺りに水が溜まりやすい傾向にあります。
毎年多くなる台風などで長時間雨風に晒されるカプチーノ、これは結構なやられ方です。そして、錆び。(笑)
錆問題とカプチーノは切っても切れない腐れ縁ですが、ボディカバーや晴れの日にトランクを開け水分を飛ばしてやるなどの配慮が寿命に影響するでしょう。

それとともに大きな問題となるのが紫外線。
これはカプチーノに限りませんが、見た目も相当に重要なスポーツカーであるカプチーノにとってライトの黄ばみは由々しき問題でしょう。このライトの黄ばみの決定的な原因が何かというのはよくわかっていませんが、やはり紫外線の影響は大いに考えられます。できるなら紫外線に晒したくありません。
実は、以前トラックが坂の途中で停止し、信号待ちをしていたらサイドブレーキが甘く後続であるわたしのカプにバックして当たった事故の際、ヘッドライトに傷が付いたため新品に交換して貰いました。ですのでライトは黄ばみには結構ナーバスになってます。走行中は仕方ありませんが、やはり365日紫外線に晒される状況とそうじゃない場合ではヘッドライトのみならず、塗装を含め大いに違うだろうと考えています。

大きな点ではこの二点がカプチーノにボディカバーを付けた方がいいと考える理由です。
DSC04068.jpg
あと肝心のボディカバーなのですが、これは色々なものを試しました。20年で何枚ぐらい買ったかなぁ・・・。(笑)
考え方は二つあると思います。
値段の張る高級な(裏起毛など)厚手のものにして長く使うか、少し薄く安価でもいいのでサイクルを短くして使うか、
このどちらかです。
消耗品ですし、わたしは長らくの経験上、後者になりました。CP重視で三回連続で同メーカーの同じものを使ってます。
カプチーノのボディサイズは特殊であるため一般的な軽自動車用のボディカバーでも大概大きくなってしまいます。
これが風によるばたつきでボディに細かい傷を付けますが、上記の紫外線や雨風などによるダメージとトレードオフと考えています。防ぎようはありません。フロント、リアともにゴム紐でしっかりと縛ることにより最小限に食い止めてはいますが、それでも風が強いときは煽られます。ですが、雨漏りや根本的なボディの色あせ、ライトの黄ばみよりはマシです。(笑)
DSC04070.jpg
愛車をキレイに保ちたいのは皆さん同じですが、ボディカバーについての考え方は各個人が色々とお持ちでしょう。
ガレージがあれば問題無いのですが・・・いつかこんな問題を考えなくても良いときが・・・くるかな?(笑)



ちょっとした思い出

08 18, 2019
SDIM3854.jpg
さて、
この夏最高だった気温の中、お世話になった叔父が亡くなったので、その告別式に出席するために東北道をひた走った。
まぁ、ひた走ったと言っても200㎞、往復400㎞程度なので自分に言わせればちょっと近県に買い物程度のものだ。(オホホ・笑)
弟の車で行ったのでクーラーは効くし、走行性能もカプチーノとは段違い。行きは弟に任せて帰りに運転したのですが、「これなら楽勝だわ」と思いつつ横目で見ると、疲れもあってか、行きの運転だった弟はあっという間にダウン。どんだけ弱いんだよ。と思いつつ、これなら一昼夜1000㎞はいけるな・・今度借りていこうか・・などと画策。

お盆終わりと暑かったせいか、ほとんど出掛ける人がいなかったのだろうか、高速は帰宅時間帯にも関わらずほぼ渋滞無し。(行きに事故があったせいで多少混んだが)これはラッキーだった。

道路と言えば、亡くなった叔父さんは職業柄道には詳しかったので、遊びに行ったときも「また来るとき道に迷っちゃったよ」というと、「ここをこう行って、こう行けば最短で着くから」と東京からの道順を事細かく地図にしてくれた。でも、その地図がいつも微妙で毎回迷ってしまう。(笑)
時間が経つと周りの景色も変わり、道の目印も変わったり。記憶が薄れる頃にまた遊びに行くのでいつも繰り返し。
そんなやりとりが田舎に遊びに行ったときの定番だった。
今ではカーナビはもちろん、圏央道が出来、迷うこともなくなった。
最期に会ったときは、圏央道が繋がって、便利になったよね。と、近くなった喜びを思いつつも、叔父さんとのあーだこーだいいながらのやりとりがなくなって寂しくもあった。

叔父さん、今の子供の世代は地図やカーナビどころか、もはや自動運転だよ。(笑)

道ひとつにしても、教えたり、教わったり、そういうコミュニケーションが無くなっていく時代。
叔父さんの地図で残念ながら迷わずに行けたことはなかったけど、それはオレのせい。
一度くらいストレートに迷わず行けた報告がしたかった。
ごめんなさい。
そして、いつも、ありがとう。

夏だから・・・さらに涼しい画像。 落差日本一 称名滝 & 落差「真」日本一ハンノキ滝

08 11, 2019
syou1.jpg
さて、
暑い夏が続くのですが、バテてませんか?
少しでも涼しくなるように、マイナスイオンたっぷりの画像をお届けします。(笑)

以前、雪の大谷ウォークに行った帰りに立山駅から称名滝を撮影に行きました。
この滝は二度目なのですが、前回はやや曇り。紅葉の始まる少し前で、時期的に半端。かつ、若干出来に不満があったのでちょっとしたリベンジです。
ま、ちょっとした・・・足かけ二日、たかが10時間。
いや、実はこの写真の前日にも行ったのですが、かなり曇っていて青空が全くなかった。ですので、リベンジのリベンジです。(笑)
SDIM9927.jpg
その甲斐あって、どうでしょうか。ほぼ快晴に近い状態。
冬季閉鎖から解禁になって初めての週末だったのでかなりの人出を予想していたのですが、正直拍子抜けするぐらいガラガラ。駐車場などは余裕でした。こんなものなのかな。
称名滝は言わずと知れた落差350m!を誇る日本一の滝なのですが、若干の条件付きで、それは、直瀑ではないということ。つまり、段差があるのです。その総段差が350m。直瀑日本一の那智の滝が130m強ですからいかに凄いかおわかりでしょう。なんてったって、東京タワーより高いんですから。
SDIM9570.jpg
ところが、上には上があるもので・・・。
その横にある滝。名前を「ハンノキ滝」というのですが、この滝は落差では称名滝を軽く上回ります。
その落差は驚きの500m!!(と少し)という仰天もの。紛れもなく落差では日本一を誇ります。
ちょっと近くだと高さを感じにくいので、遠目から見てみましょうか。
下の方に観瀑台へと続く橋があるのですが、そこに人が居ます。
SDIM9570-1.jpg
アップにしてみるとこんな感じですよ。人が・・・。(笑)
いやぁ、すごい滝ですよ。
でもですね、この「ハンノキ滝」、春の雪溶けの時期や降水量が多いときにしか現れない滝で厳密には「滝」と認められていないようです。つまり、裏日本一とでもいいましょうか、幻の落差日本一の滝なのです。
前回訪問の時はこのハンノキ滝は出現していなかったので、今回見ることができて満足です。
SDIM0159.jpg
そして、この日は11時頃に到着して結局、15時頃まで粘りました。
何を粘ったかというと・・・・
これですね。
「虹」です。
称名滝は、午後快晴であればかなりの確率で虹が出ます。(出ると思います。)この日は滝壺が残雪で覆われていたために水しぶきが舞い上がらずなかなか出ませんでした。午前中は陰になるのでスケジュールが許すなら午後がお勧めです。
この日は虹が出る頃、雲が多くなってきてしまい、チャンスは足かけ二日、10時間粘って僅か2分ぐらいでした。(笑)

まだまだ暑さは続きますので体調崩さないように!





夏だから・・涼しい画像。西沢渓谷「七ツ釜五段の滝」へ行ってみた。

08 04, 2019
75.jpg
さて、
ついこの間まで「晴れはいつ?」なんて言っていたのがウソのような連日の猛暑です。(笑)

こういうときはどうしたらいいか・・・。
ひとつは冷房の効いた部屋でボーッとしている。(笑)
そして、もうひとつが、涼しい場所に行く。
SDIM2833.jpg
と、いうわけで、山梨県にある菱沢渓谷へ行くことにしました。
扉はその西沢渓谷の目玉、「七ツ釜五段の滝」
西沢渓谷へは初めて行ったんですけど、東京からこの近さでこれだけの絶景や夏の快適さを得られるというのはホント、貴重です。渓流沿いなので常に20前後と快適です。身体にも涼しいし、目にも優しく、涼しい。すばらしいではないですか。
SDIM2703.jpg
こちらは、その「七ツ釜五段の滝」の下側の方。
残念ながらこの滝はよほど上から見ない限り七ツ釜五段をいっぺんに見ることはできません。
もう少し高い位置から見ることができればいいのですが。
それでも、これだけ美しい滝はそうそうお目にかかれるものではありません。真剣になって写真を撮りまくりました。
ただですね・・。
ひとつだけ問題があります。実はこの滝を見るためには初心者には多少キツい(最寄りの駐車場から)2時間のトレッキングを余儀なくされます。(全行程約10㎞)
・・・ハイ、言わなくてもおわかりだと思うのですが、2時間かかって観に行くということは、2時間かかって帰ってこなくてはなりません。(笑)普段から山歩きをしている方々にとってはなんてことない行程ですが、初心者にはホンの、多少の心構えが必要です。
SDIM2738.jpg
けれど、道中は七ツ釜五段の滝以外にも素晴らしい場所や滝がいろいろあり、飽きさせません。
例えば、これは↓竜神の滝。他にも名前の付いたこのような滝が結構あります。
七ツ釜五段の滝は大体周回コースの半分に当たり、これを越え休憩所まで登るとあとは、昔この山をトロッコが走っていた廃線部(かなりの整備で岩場ではない)の下りになるので非常に楽です。
SDIM2629.jpg
SDIM2662.jpg
そして、滝以外にも奇岩が結構あります。かなり気に入ったものも。
これはその代表格。
何に見えますか?

・・・正解はカエルです。
そう、カエル岩。
バッチリ、カエルに見えますよね。
誰かが口の中にエサ(小石)を入れたようです。(笑)

西沢渓谷、メチャクチャきれいな水でビックリしました。
「森林浴の森100選」、「日本の滝100選」、「新日本観光地100選」、「水源の森100、選」、「21世紀に残したい日本の自然100選」などなど五冠はおろか、まだまだビックリするぐらいのポテンシャルを秘めてるすばらしい渓谷です。あと、素晴らしいのは、ゴミがまったく落ちていないこと。4時間以上歩いてお菓子のパッケージはおろか、ビニール袋やペットボトル一つ落ちてませんでした。自然も感動したけど、こちらも感動しました。

夏場の疲れと森と滝の癒やし・・。つかの間の休息でした。



北海道、色、いろいろ。

07 28, 2019
IMG_3650.jpg
さて、
いや、北海道にきているわけではありません。(笑)
昨日ですね、NHKの某番組を見ていたら、北海道の阿寒国立公園の特集をやっており、思わず懐かしくてHDDの中を探してみたら、番組でもやっていた「オンネトー湖」の写真があったので、おもわずアップしてしまいました。
当時は「なんでこんなにキレイなグリーンなんだっ?」って理由もわからず、ただただ、「これが北海道だ」っていう理由にもならない理由で感動しか無かったのですが、他の場所に比べて結構写真を撮っていたようで、その興奮具合がわかります。
あと、この近くにあったマンガン酸化物生成現象を地上で見られる世界中でもここだけの場所「湯の滝」う〜ん、ここは知らなかった。
SDIM0768_FULL.jpg
話を戻して。
番組ではちょっと天気が悪かったのですが、晴れると本当に美しいコバルトブールーというか、エメラルドグリーンというか、・・この写真は2009年に行ったときのもの。デジカメもコンデジに毛の生えたようなもので、ようやく500万画素が世に出始めたぐらい・・だったと思う。しかも、今と違い、写真を撮ることを主な目的とする旅じゃ無かったので、ポイントポイントは意外にあっけなく過ぎたため、恐ろしいほど写真が少ない。(笑)
SDIM0756_FULL.jpg
車の前はさんざんバイクで走ったし、カプを所有してからは、ただただ走ることを目的としていたので、「北海道=走りを楽しむ為の場所」という認識だった。今思えば勿体ないことをしたかもしれない・・とたまに思うときもあるが、その時は凄く楽しかったので、それはそれで良い思い出だ。今行けばまた違うのかもしれないが。
番組を見ていて、また北海道に行きたくなった。空気がきれいなので色が鮮烈に眼に入ってくる。そして、記憶に残る。

北海道は色が豊富。それに比べ、東京は人工的な色は多いが、色に感動することはほとんどない。



プロフィール

Author:Kazz
Welcome to my blog

Kazz zzak(+あい。)へようこそ。
Kazz zzaK(+愛・逢・遇・合・・・ etc)
あい。は、人それぞれ。

英語で i は自分ということ。

Kazz zzak(+i)

色々な「あい。」と自分をプラスして
Kazz zzak+i=「Kazz zzaKi」

「カズ雑記」

身の回りの好きなこと。好きなモノ。
関心のある事。
写真と共に何でも書いていきます。

気に入ったらまた遊びに来てください。

尚、このブログ内全ての文章・写真には著作権があります。販売も行っておりますので
無断で使用・転載する行為を固く禁じます。

コメントは基本的に悪質で無いものは承認する方向です。
ただ、メールで個別に対応することは時間的にも余程のことが無い限りできませんので
コメント通してすることになります。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター