1,500㎞ 一発勝負!竹田城×雲海を狙え。

10 25, 2019
15698666985582457845996532.jpg

さて、
兵庫県にある竹田城。
城郭好きでは有名な城だったけれども、数年前一枚の写真とともに世界的に有名になった。
「日本のマチュピチュ」いわゆる「天空城」として知名度は格段に上がり全世界から観光客が訪れるようになった観光的インバウンドの先駆けみたいな場所だ。

ところで、気象学的にも雲海の出やすい条件というのがあるらしい。
無風、前日との気温差が大きい、などなど。詳しいことはわからないが、あまり寒すぎても出ないし、出たとしてもモクモクと霧のように出過ぎてしまうときなど、同じようなものは二つとしてない。
基本、自分が持つ竹田城の雲海のイメージは、空が完全に晴れていて、後ろの山がハッキリ出ていること。また、竹田城と後ろの山の間にも雲海があること。雲海は石垣群よりやや低めで荒れていないこと。・・と、絵面としては結構厳しい。
そんなイメージを持ちながら車を走らせた。
大概竹田城の雲海の写真というのは対面にある「立雲峡(りつうんきょう)」と言う場所から撮られたものだ。
今回はその立雲峡から竹田城を狙った。レンズはバリエーションを含めフルサイズ換算で200㎜まであれば充分だ。それ以上だと部分的なアップになる。(レンズは立雲峡第一展望台から上が約110㎜、下が約175㎜ノートリミング)
14774747477412546.jpg
この日は気温が高かったので雲海は無理かと思ったが奇跡的に発生した。しかも、結構出てる。
以前、「下栗の里」の雲海を狙ったときも一発だった。「雲」は我に有り。(笑)
だが、この日は曇天で石垣群の色は最後までハッキリとしなかった。結果、出来としては60%ぐらいだろうか。
それでも、出ないよりは相当に良かった。

ところで、
竹田城の雲海を見るとき悩ましいのは、中(城内)から見るか、外(立雲峡)から見るか。
これはなかなかの選択。竹田城城郭へのアクセスは良いとはいえず、マイカーも制限されているため下から登ると一時間近くはかかる。しかもバスの本数も少なく、意外と大変だ。
時間的にも難しいが、雲海の残り具合など状況によっては両方見ることも不可能では無い。
自分もこの後、城郭に登ったが、雲海は消えていた。
時間は午前8時半。実に約4時間半。
立雲峡で粘りすぎた。(笑)



ちょっくら往復1,500㎞。

10 24, 2019
SDIM4530.jpg

ん!?

京都、行ってないなぁ・・・。

08 31, 2019
DSCF5680.jpg
DSCF5665.jpg
DSCF5658.jpg
一連の問題でほんの少しだけ京都を訪れる外国人が減っているようだ。
行きたいんだけど・・・まだ人が多すぎる・・・。(笑)

道後温泉本館修理。完成は7年先か・・。

01 26, 2019
R0013699.jpg

さて、
めっきり寒くなって来ましたが、温泉などいかがでしょうか。

・・・というムリクリな書き出しから本題に持って行こうとしてますが・・・。
最近気になったニュースの中での話。
今年の1月15日から愛媛県にある道後温泉本館の修理が始まりました。
修理と言っても道後温泉本館は観光のドル箱ですので、営業自体を完全に停止するわけでは無く、一部営業はしているようです。
ただ、耐震などを含めた修理期間は7年というかなり長い期間。な、長い・・・。
日本の公衆浴場としては初めて重要文化財指定を受けているので、修理には色々な制約があり、費用も手間も大変な修理になるようです。
R0013666.jpg
以前、2011年だから結構前だ・・・。愛媛を訪れた際こちらの本館に入浴しましたが、雰囲気は素晴らしく、外観を含め重要文化財の貫禄充分でした。写真を見てもおわかりなように、本館中は迷路のようなワンダーランド(笑)結構迷います。
R0013681.jpg
この複雑さですからね。けど、浴場建築としては最高の部類に入る道後温泉本館は入浴だけではもったいない。
その時は、3階の個室の休憩・お茶(坊っちゃん団子付き)付きの入浴にしました。確か、一階の入浴とは1,000円ぐらいの違いで内部の施設見学なども含まれてました。
R0013639.jpg
一階の入浴もできますが、あまりに人が多く、芋洗い状態なので入らないで後ずさり・・。ちなみに上階の専用浴室は自分一人でした・・・この違い(笑)
道後温泉本館に入浴の際は三階の個室を強力におすすめします。
でも、7年も先の話か・・・。総じて、すいません。

7年も先・・・ということになると2026年ですから東京オリンピックの6年後になります。
道後温泉を目の当たりにした際、夕方だったんですが、この辺りだけ時間が止まったようなタイムスリップした不思議な感覚に陥りました。
DSC02196.jpg
なんか、嬉しくなってめちゃくちゃテンション上がったのが思い出されます。
けどね、車を駐車して辺りを散策した際は多少ガッカリした点も無くは無い。
アーケードを含め道後温泉本館に続くメインストリートの雰囲気が・・・
仕方ないんでしょうけどね。本館以外の景観というか、惜しい気はしますね。

修理が終了し、完成した際には近隣にさらなる変化はあるかもしれないですが、この道後温泉本館はこのまま永遠に残って欲しいですね。
「建物の歴史は修理の歴史でもある。」
是非また訪れたいです。


↓余談なんですけど・・・道後温泉のガチャガチャがあってビックリした・・・。よく造るなぁ(笑)






京都・奈良は、冬。

01 14, 2019
DSCF3478.jpg
さて、
最近になってJR東海の「うましうるわし奈良」キャンペーンのCMが目に付くようになりました。(扉写真は奈良・法隆寺)
興福寺中金堂ができたようで、それにあわせてメインは興福寺。自分の場合、最後に興福寺を訪れたのが2017年で、その時は「ちらっ」としか見なかった。映像を見る限り圧巻。これを何百年と未来に継いでいくわけですから、貴重な瞬間かもしれませんね。
毎年、春と秋に目にする「♩ちゃ〜らららら〜」という「そうだ、京都いこう」キャンペーンと、この「うましうるわし奈良」のCMは楽しみではあります。ただ、最近特に京都がネタ切れ感があるんですけど、気のせいか・・。
まぁ、キャンペーンをやらなくても人は来るんでね・・・。
当ブログでも「きょうは、京都に。」「いくなら、奈良。」キャンペーン(ホント、すいません・笑)京都と奈良のエントリーの際はなんとなくタイトルに入れたりするんですけど、ここ最近、ホント行ってないですね・・・。
正確には、「行きたくなくなった」なんですけど。(笑)
京都は去年の5月に行って、奈良も行きはしましたけど、お寺とかじゃ無いし、古都・奈良・京都を楽しむっていう点では、もうかなり前のことになります。
その理由は、あまりに爆発的な観光客の増加。もちろん、自分もその一人ではあるんですけど、とにかく、もう、多すぎますよ。(笑)でも、いいです。自分も含め、みたいものはみたいですから。でも、マナー悪すぎ。
・・・色々言われていますけど。無駄でしょうけどね。悲しいです。

そんな中で、じゃあどうしようか・・・。ということになるんですけど、答えは簡単。
観光客が少なくなる(それでも多いですけど)「冬」しかないですね。
桜や紅葉は京都・奈良には欠かせないですけど、冷たい空気が凜として、心も質される。冬はおすすめ。
雪積もる庭園を見ながら自分を見つめ直すのも厳しいけどいいんじゃないでしょうか。
あと、どちらかというと奈良の方が広い分、場所場所で空いていて、観光はしやすいです。ただし、その分移動に時間がかかるんですけど・・・。
いずれにしても、自分のように、春・秋の京都・奈良観光に辟易している方、冬こそ綺麗でいいですよ。




プロフィール

Author:Kazz
Welcome to my blog

Kazz zzak(+あい。)へようこそ。
Kazz zzaK(+愛・逢・遇・合・・・ etc)
あい。は、人それぞれ。

英語で i は自分ということ。

Kazz zzak(+i)

色々な「あい。」と自分をプラスして
Kazz zzak+i=「Kazz zzaKi」

「カズ雑記」

身の回りの好きなこと。好きなモノ。
関心のある事。
写真と共に何でも書いていきます。

気に入ったらまた遊びに来てください。

尚、このブログ内全ての文章・写真には著作権があります。販売も行っておりますので
無断で使用・転載する行為を固く禁じます。

コメントは基本的に悪質で無いものは承認する方向です。
ただ、メールで個別に対応することは時間的にも余程のことが無い限りできませんので
コメント通してすることになります。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター