スズキカプチーノ ボディーカバーは必要か?必要でないか?その答え。

08 24, 2019
1SDIM0805.jpg

さて、
相変わらず暑い日が続きますが、それもそろそろ終わりが見えてきたかのような気がします。
先日、気になっていた免許の更新も終わり、すがすがしい気分で「カプでも乗るか!」と意気込んでいましたが、
・・・そういえば、忘れてました。
カプに掛けてあるボディカバーが結構傷んでおり、そろそろ(というか、限界越え)変えなくてはいけないと思っていたところだった。
DSC04061.jpg
カプチーノに乗って約20年、22万㎞をいよいよ越えようとしておりますが、ここで、このエントリーを行いたいと思います。
それが、表題。
「カプチーノにボディーカバー(青空駐車の場合)は必要か?必要でないか?」
と、いう問題。

ちなみになんですが、わたくしは購入と同時にボディーカバーを買いました。そして、結論は出てます。
わたくしは「必要」派ですね。
実際、約20年間、カプにボディーカバーを掛けてない日がないぐらいです。(笑)

一般的に考えると、このボディーカバーっていうやつは、雨や紫外線、砂埃などから車を守る便利なアイテムとして認識されていますが、根強いファンこそいるものの、最近は掛ける人があまりいないようです。
確かに、めんどくさいし、風が強い日はバタつくし。
そこで、改めて双方の主なメリット・デメリットを考えてみよう。

メリット
●紫外線から車(塗装など)を守る。
●鳥などのフン害
●イタズラ防止
●露付き防止。
●冬場フロントガラスが凍結しない。(朝すぐに出発できる)

デメリット
●それなりの値段がする。
●ボディに傷が付く。
●めんどくさい。

まっ、主なところではこんな感じでしょうけど、これが、「カプチーノに」ボディカバーは必要か?ということになると多少事情が変わってきます。まず、それをそれなりにまとめてみましょう。
カプチーノにボディカバーが必要な理由とは?
これはあくまで個人的な意見ですけど、20年間ボディカバーを掛け続けた人間として第一に挙げる点は、
カプチーノが「フルオープンカー」だってこと。後にも先にもこれでしょうね。
これはですね、日本車の大半を占めるクローズドボディカーとは違います。なんといっても屋根が取れるんですから。そりゃ雨(水)には弱いですよ。(笑)
ご存じのように、カプチーノの屋根はグラスファイバー製?で三分割しますが、それぞれの接合部分は、ボディ側・屋根側とも最終的にゴム同士が密着することによって隙間をふさいでいます。新品のうちは良いのですが、所詮ゴムです。経年劣化により変形して密着率が甘くなり、場合によってはそこから雨(水)が漏れてきます。
しかもここ数年の夏の暑さは尋常ではなく、その暑さに車もたまったものではありません。屋根は最も温度の影響を受ける部分でもあり、ここにゴムを使用しているカプチーノは相当に熱ダメージを受けるでしょう。
そして、一度癖が付き、大きく変形したゴムでは雨漏りは防ぎようがありませんが、ボディカバーを掛けることにより多少なりともその進行を遅らせることはできます。また、フルオープン時にはリアガラスが半回転してボディに格納される複雑な構造であるため、隙間が大きく、その辺りに水が溜まりやすい傾向にあります。
毎年多くなる台風などで長時間雨風に晒されるカプチーノ、これは結構なやられ方です。そして、錆び。(笑)
錆問題とカプチーノは切っても切れない腐れ縁ですが、ボディカバーや晴れの日にトランクを開け水分を飛ばしてやるなどの配慮が寿命に影響するでしょう。

それとともに大きな問題となるのが紫外線。
これはカプチーノに限りませんが、見た目も相当に重要なスポーツカーであるカプチーノにとってライトの黄ばみは由々しき問題でしょう。このライトの黄ばみの決定的な原因が何かというのはよくわかっていませんが、やはり紫外線の影響は大いに考えられます。できるなら紫外線に晒したくありません。
実は、以前トラックが坂の途中で停止し、信号待ちをしていたらサイドブレーキが甘く後続であるわたしのカプにバックして当たった事故の際、ヘッドライトに傷が付いたため新品に交換して貰いました。ですのでライトは黄ばみには結構ナーバスになってます。走行中は仕方ありませんが、やはり365日紫外線に晒される状況とそうじゃない場合ではヘッドライトのみならず、塗装を含め大いに違うだろうと考えています。

大きな点ではこの二点がカプチーノにボディカバーを付けた方がいいと考える理由です。
DSC04068.jpg
あと肝心のボディカバーなのですが、これは色々なものを試しました。20年で何枚ぐらい買ったかなぁ・・・。(笑)
考え方は二つあると思います。
値段の張る高級な(裏起毛など)厚手のものにして長く使うか、少し薄く安価でもいいのでサイクルを短くして使うか、
このどちらかです。
消耗品ですし、わたしは長らくの経験上、後者になりました。CP重視で三回連続で同メーカーの同じものを使ってます。
カプチーノのボディサイズは特殊であるため一般的な軽自動車用のボディカバーでも大概大きくなってしまいます。
これが風によるばたつきでボディに細かい傷を付けますが、上記の紫外線や雨風などによるダメージとトレードオフと考えています。防ぎようはありません。フロント、リアともにゴム紐でしっかりと縛ることにより最小限に食い止めてはいますが、それでも風が強いときは煽られます。ですが、雨漏りや根本的なボディの色あせ、ライトの黄ばみよりはマシです。(笑)
DSC04070.jpg
愛車をキレイに保ちたいのは皆さん同じですが、ボディカバーについての考え方は各個人が色々とお持ちでしょう。
ガレージがあれば問題無いのですが・・・いつかこんな問題を考えなくても良いときが・・・くるかな?(笑)



激走カプチーノ、惜主治医交代。

07 14, 2019
SDIM0779.jpg
さて、
東京の雨はいつまで?
久しぶりに梅雨らしい梅雨になっておりますが、かなり長い間太陽を拝んでないような気がします。
この雨だとちょっと出掛けられないので家に居てやることやってます。・・・でも、それはそれでやることが多いんだ・・・。(笑)

カプチーノを点検に出すこともそのひとつ。
週末使用の二ヶ月だけで軽く一万キロを越えているので各部が心配・・・。例の「浜松高速ベルト切れ事件」以来大して鳴ってもいないのにベルトの駆動音が気になるし、(笑)とりあえずそれだけでも交換しよう。

ところで、
うちのカプは購入以来スズキのディーラーで見て貰っていますが、自宅からはやや遠く、最寄り駅からも少し離れているため若干の不便さを感じていました。
とはいっても、購入から約20年、21万キロを越えてのおつきあいなので、なるべくこれからもそこでお願いしようと(整備記録もあるし)思っていましたが、ディーラーさん側が近年の人事異動で店長さんを始め、工場長さん、営業さんなどが殆ど変わってしまい知っている方が居なくなってしまいました。
特に工場長さんは、この車の一度目の事故からお世話になっている方だったので、移動先まで行ってお願いしようかと思ったのですが、その場所が自宅からはかなり遠かったので残念ですがあきらめざるを得ませんでした。
今回の整備にあたり、今後も継続してお願いするか、どうしようかとも思ったのですが、結局自宅から自転車で簡単に行けるぐらい近い距離のディーラーさんにお願いすることにしました。整備データも問題無く引き継げるということなので。
SDIM0806.jpg
というわけで、
今後も走り続けるマイカプチーノ。
でも、車ばかり手間かけて人間の方は病院にまったくもって行ってないというのも、そろそろ問題になりそうな。(笑)



箱根でのちょっとした出来事

12 22, 2018
SDIM3772.jpg
さて、
毎回何回か言ってますけど、今年も終わります。
有休が結構余ってるんで、仕事の状況を横目で見ながらチョコチョコ出掛けてます。
先日、久しぶりに箱根の大観山展望台に行きました。富士山をバックにカプの写真を撮ってたりしたんですが、トイレから帰る途中、同じ動線で目の前に若い二十代前半と思われるカップルが。
「平日デートかぁ。なんか、初々しいなぁ」
などと思いつつ車に戻ろうとしたんですが、彼氏がカプを見つけ
「あっ、カプチーノだ」と小声。(声はよくきこえなかったんですけどね。)
彼女の方も「なんか、カワイイ」的なリアクション。
そうした光景を見ながら、「ウンウン、そうか、そうか」などと相づちをうちながらオーナーの私が後ろで見守っていたわけです。
すると、彼氏はスマホを取り出し、パシャパシャとカプを写真に撮り出しました。

おいおい、青年・・。
まぁね・・・。写真ぐらい全く問題無いんですけど・・・。
そこまで撮ってると入りづらいじゃん。(笑)
こういうときってどうしたらいいんでしょうね。黙って知らない間に撮ってくれりゃいいんですけど、目の当たりなので。
「おい、何やってんだ」と怒鳴りつけるのもなんだし。まぁ、いいんですけどね。(笑)
彼氏もまさかオーナーが後ろにいるとは思わなかったんでしょう。
多分、若い世代にカプチーノは珍しいんじゃないでしょうか。
こういう場に出くわしたのは初めてだったんで逆に戸惑って、何食わぬ顔をしてカプの横を通り過ぎ、
いかにも、「今日は富士山が綺麗だなぁ〜」的に別の方向に歩いて行きました。(苦笑)
カップルの車はほぼ新車、ピカピカの最新型アルト・ワークス。
なるほど、好感が持てます。

「青年、彼女と車を大事にな」

と誰につぶやくでもなく、自分の中でカッコつけつつも、結局このカップルの車が出るまで何となく車に戻りづらく、薄手のフリース一枚で、寒い大観山に佇まなければいけない俺って、いったい何やってんだろうと、富士山に問いかけるのでした。
SDIM3822のコピー




カプチーノ 26年目の車検終了。

10 21, 2018
SDIM1102.jpg
さて、
カプチーノが車検から帰ってきました。
前述のエントリー通り運転席側の「パワーウィンドウが動かない」という点を除けば、致命的なダメージも無く、意外にも大きな出費とはなりませんでした。
で、そのパワーウィンドウの問題なのですが、運転席側のスイッチの故障!ということで・・・なんというか、良い意味で予想は外れました。(笑)
26年経ってるので、どう考えてもモーターの類いかと思いましたけど・・・ここにきて走行時以外はボディカバーを掛けている恩恵(かな?)がでたのかもしれません。
ちなみに、今回の車検は、法定費用を含め116,626円です。(スズキディーラー仕上げ)最も高かったのはパワーウィンドウのスイッチで、これが13,600円!!します。
まっ、走ったら必ず使用する部分だし、逆に、26年約21万キロも良く持ったと思います。
後は、エアクリーナー、水・油関係。ホース・ベルト・バッテリーは問題なし。
ただ、下回りのブッシュ関係がやばそうで、次回の定期点検の際は要交換かな。
今回の車検費用、2年で日割りにすると一日あたり約160円。この2年はタイヤも替えてないし、大きな出費は、例の浜松事件の約6,000円だけだったので、総じて意外と安い2年間になりました。
160円・・・26年間、約21万キロ走った車にしては安いんじゃないでしょうか。



スズキカプチーノ乗りが「たったの108円」で「とっても幸せ」になれる方法。

10 06, 2018
DSCF0190.jpg
さて、
久しぶりのカプネタなんですが。
我がカプチーノもいよいよ26年、走行距離20万6千キロ!を超え11月に車検を迎えることになりました。
正直ここまで乗ることになるとは思ってもいませんでした。
最近になって、こうした(今となっては)希少なスポーツカーを長く乗って貰おうというメーカーの動きが見られます。
例えば、ホンダのビート。
私もビックリしたんですが、このビート、現在でも総生産台数の6割(!!)が残存してそうです。凄くないですか?これは本当に驚きです。故に、最近になって欠品になっていたパーツなどを再販しても採算が合うようで・・・まったくもって羨ましい限りです。
マツダのロードスターなんかもそうした動きがあるし、カプチーノはどうなってるの?スズキさん!(笑)

そんな中、前回のエントリーで醜態をさらしたんですが、それ以後、走行に問題は無く、元気に走っております。
ただ、若干のトラブルがありまして、それが・・・
「運転席側のパワーウィンドウが動かない。」
って、ことなんですけど・・・。
まぁ、カプチーノに限らず、パワーウィンドウの問題は結構あるあるトラブルで、我がカプチーノも以前から動きは渋く、なんとなくだましだまし使っていた感がありました。その日は動かなくても、翌日には何の問題も無く動き出したりしてたんですけど、今回は完全に死んでます。助手席側は問題無く動くので、多分モーターが逝ったんじゃなかなぁと思っています。ホース類なんかも一度も替えてないし、少し不安ですが、大概「大丈夫そうですね」っていわれちゃうんだよな・・。(笑)
オルタネーターは、前回が11万キロなのでまだ大丈夫なはずです。まぁ、ベルトは前回の件もあるし、替えといた方がいいな。
いずれにしても、今回は結構時間も金もかかりそうで怖いです。
DSC03755-2.jpg
えーっ、ところで、表題。
これは「エレガントアトマイザー」っていう商品なんですが、多分香水なんかを入れる容器のようですね。
商品自体は100均「ダイソー」で売ってます。ダイソーですから、税込み108円ですよ。
香水のボトルなんかがあるコーナーに置いてあります。
DSC03755-1.jpg
こうした商品にはあまりなじみが無いんですけど、これがなんの役に立つのか?
DSC03752-1.jpg
商品自体は意外と小さいので見落とさないように。大概置いてます。
DSC03757-1.jpg
ハイ、この画像で一目瞭然なんですが、このエレガントアトマイザーのキャップの部分だけを使います。
ネットではこのシルバーメッキが高級感を演出するパーツとして結構有名のようです。
いわずもがな、このキャップをサイドブレーキのボタンの上にかぶせます。
DSC03756-1.jpg
大体サイドブレーキのボタンなんて規格みたいなものだから、おそらくはほとんどの車種に適合するんじゃないかな、と思います。もちろん、カプチーノにもジャストフィットです。リリース時の動きも何ら問題ありません。
安いし、さりげないアクセントとして、あなたのカプチーノにもどうですか?

・・・って、
まぁ、普通はだいたいこうですわな。
他車さんの状況はわからないのですが、こと、カプチーノ乗りに限っては、ここからがちょっと違います。
このたった108円の小さなパーツにより、とっても幸せになれるのは間違いないです。

カプチーノは、ミッション付近のギア比の関係か、シフトレバー周りの構造上の問題か、街中で結構使用する回転域でかなり自車の振動を拾います。それがルーフのきしみ音だったり、ギャップの突き上げ音だったり、そりゃもう全体的に結構なノイズを発生させます。そして、それらの音は車内を駆け巡ります。
まぁ、それらに慣れてこそこ一人前のカプチーノ乗りともいえるのですが・・・
ただ、たったひとつどうしても我慢できないノイズがあります。
それが、サイドブレーキのボタンが細かく振動する音。多分皆さん同じじゃないでしょうか?
これは推測ですが、このビビり音は、個体差では無く、ほぼすべてのカプチーノに発生するのではないかと思ってます。
これが、「カタカタカタカタ・・・」ときには「ジーーーーーーーッ」とまぁ、とにかく気に触るのです。
確かに、タオルなんかをかぶせれば音自体は止まりますが、根本的な解決になってないし、なにより見た目がスマートじゃない。
サイドブレーキのグリップ部自体の構造に問題があるんだと思うのですが、場所が場所だけに、変な詰め物をして効かなくかなくなったら嫌だし、と、問題自体は決定的な解決策の無いまま放置してきました。
以前、シャチハタのキャップでこの問題を解決したという記事を読んだことがあったのですが、結局、その種類が見つからなかったこともありました。
まぁー、でも我慢も限界だ!ってことで久しぶりに調べてみたらこれがヒットして・・・ようやく長年の悩みから解放されました。
この108円で買える小さな商品で
ほぼ、サイドブレーキのあの不快なビビり音は消えます!!(私のは消えました。)
カプチーノ乗りの方は是非試してみて下さい。あっ、「いまさら」だったらすいません。(笑)
なくなったときのためにもう一個ぐらい予備で買っておこうかな・・・。




プロフィール

Author:Kazz
Welcome to my blog

Kazz zzak(+あい。)へようこそ。
Kazz zzaK(+愛・逢・遇・合・・・ etc)
あい。は、人それぞれ。

英語で i は自分ということ。

Kazz zzak(+i)

色々な「あい。」と自分をプラスして
Kazz zzak+i=「Kazz zzaKi」

「カズ雑記」

身の回りの好きなこと。好きなモノ。
関心のある事。
写真と共に何でも書いていきます。

気に入ったらまた遊びに来てください。

尚、このブログ内全ての文章・写真には著作権があります。販売も行っておりますので
無断で使用・転載する行為を固く禁じます。

コメントは基本的に悪質で無いものは承認する方向です。
ただ、メールで個別に対応することは時間的にも余程のことが無い限りできませんので
コメント通してすることになります。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター