CP+2019 1:1:1シン・フォビオン降臨。SIGMA原点回帰を喜んだうちのひとり。

03 03, 2019
DSC03961.jpg
さて、
川崎のSIGMAにセンサーの掃除に行ったら現在横浜で行われているCP+のご招待券を頂いた。今年はSIGMAのフルサイズの具体的な発表(モックアップの展示とか)やセンサークリーニングサービス(なんで無くなったの?)がなかったので、開催前は行く気満々だったのだが、落胆の方が大きく最後の最後まで行く気は無かった。
結局、流れで行かざるを得ないことになったのだが、個人的に見るべきものはなかった。
そして、これは後で知ったのだが、SIGMA山木社長のプログラムでフルサイズの発売が1年ずれ込むという発表があった。
まぁ、そりゃそうでしょうね。この時期ビジュアル的に何らかの発表が無い限り、=発表できるものはなにもできてません。ということなのだからな・・・。
でも、いいですよ。急いでません。(笑)
SD1の時のように、大々的に発表があって後はグダグダなんてことのないようにお願いします。
思えばSIGMA信者の自分が言うのも何なんだけど、あのカメラは本当に酷かった。(苦笑)センサーは良かったが、それを含めたカメラ(及び現像ソフト)としての総合力が欠如していたと言わざるを得ない。細かいところを挙げればきりが無いが、AFの問題や避けられない機械的な微ブレ・・・よくまぁこれを市場に送り出したと思う。SD1は高すぎて買えなかったけど、後のSD1Merrillは発売初日に買いました。(笑)
そういう意味では現行のクアトロで早々にミラーレスに舵を切ったのは正解だった。実機も良くなった。自分も今日までにクアトロHを二台購入している。
ただ、基本的に問題はないわけではない。総合力でSD1より良くはなったものの、AFはいまだ信用できるレベルに達していないので99%マニュアル撮影。それでも基本三脚を据えてじっくり撮る撮影スタイルなのでなんとか大丈夫なレベルだが、EVFの解像度が低すぎてピントを合わせるのに苦労する。ホント、他社から来たらビックリするだろう。
「AFあわねーッ」「液晶きたねーッ」って。
でも、それが愛すべきSIGMAのカメラなのね。(笑)

今回、山木社長の話で大変嬉しい発表が何点かあった。
まずはセンサーが現行のクアトロ方式から原点のFOVEONに戻るということだ。
まさにシン・フォビオンの復活。
現行ではローパスフィルターレスや高解像度が当たり前になり、デジカメ一眼レフ創世記に他と一線を画した画質という点でリードしてきたSIGMA(FOVEON)が持っていたアドバンテージはもはや消えたといわれる。
いや、アドバンテージが消えたどころか、むしろ劣るものが多い。
一般的に言われているのが雲や霧、白いものの立体感に欠ける。ということ。
自分もそれは大いに感じている。朝靄や霧、魅力的な雲景などを撮影する度に「どうせうまいこと撮れてねーだろうな」って撮影してるのだ。これはホントにつらいし、写欲を削がれる。(苦笑)
悔しいのは、以前のセンサーはこうしたものが逆に得意だった。
新しいセンサーについてはもちろん期待の方が大きいが、データ量や発熱、バッテリー、処理問題などを含めおそらく問題は山積みだろう。
2020年にそれらを完全にクリアにして発売できるのか?自分はまだ懐疑的だ。

ふたつめの嬉しい発表は、現在所有のレンズが新しいマウントに安価で移行できるということ。
レンズは現在Artレンズの単焦点6本を所有している。しばらくはアダプター経由で使うと思うが、いずれはマウント変更をしたい。その際、SAマウント→Lマウント(SIGMA新マウント)へは10000円ちょいで移行できるようにしたい。ということだ。結構な出費を覚悟していただけにこれは嬉しい。

まぁ、なんだかんだいってもSIGMAの新しいカメラには期待している。
2020年なんていわないで、2021年でもいい。
中途半端では無く納得できるものを出して貰いたい。
もちろん、買います。(笑)


最後に、個人的に見るものの無かったCPプラスで唯一気になったもの。
VSGOのブロワー。ちょっと、これいままでになかった発想のもので、空気取り入れ口が上に付いてる。(ノズルの付け根)おもり付きで倒れにくく転がりにくい。フィルターも付いてるし、そういう意味ではほこりまみれな空気では無く、フィルターを通した新鮮な空気を送ることができる。しかも取り入れ口が普通の穴より大きく思いの外少ない力で風量が強く、ゴムの戻りも非常に早い。CPプラスでも現場で買えないのかと説明員に聞いている方がたくさん居た。自分も買おうかと思ったほど。
反響があったのか、早速自分も調べたが昨日は売り出していなかった。が、今日の時点で新着として売り出したようだ。



SIGMA SD Quattro H × 20mm F1.4 DG HSM & 85mm F1.4 DG HSM シェイクダウン in 亀戸天神(藤)・塩船観音寺(ツツジ)・昭和記念公園(ネモフィラ)。

05 26, 2017
SDIM0235-112.jpg
SDIM0235-111.jpg
SDIM0450-12.jpg
SDIM0450-13.jpg

さて、
これからの本格的な撮影に備え、GW前後に購入したSIGMA SD Quattro Hとレンズを含めた撮影フィーリングを確かめるためのシェイクダウンを都合3日間行った。(亀戸天神・塩船観音・昭和記念公園)
ただ、露出のクセがなどが掴めない他、まだまだ遠征には不安が残るため、ここ一発というときにはやはりX-PRO2を持ち出してます。(2セット持ち出しはさすがにキツイ。)
DSCF4599.jpg
DSCF4617.jpg
ファーストレンズは35mm F1.4 DG HSM Artのレンズキットを購入したのですが、それだけではどうにもならずに、前回エントリーの宣言通り20mm F1.4 DG HSM85mm F1.4 DG HSM を追加購入。
「もう、金は無い」(笑)
SDIM0454-114.jpg
SDIM0454-111.jpg
一応、20mmは35mm換算だと26mm程度になるんですが、これは使いやすいレンズですね。
SDIM0849-113.jpg
SDIM0849-111.jpg
SDIM0250-122.jpg
SDIM0250-11.jpg
こちらの85mm F1.4 DG HSM+SD Quattro Hの組み合わせの写りは、巷でいわれているように「異次元」です。気持ちいいぐらいに良く写ります。これはクセになります。(笑)
85mmはかなり気に入りましたが、センサーの関係で110mmになってしまうのが残念。110は長い。本来の85が丁度良く使いやすい。いつかFOVEONがフルサイズになったとき、このレンズの真価が発揮されるような気がします。
ツツジが20mm、藤の花とスカイツリーは85mmですね。縦撮影のツツジとネモフィラが35mm。(ただし、上記画像いずれも事情がありJPG)

おそらく、これからブログの写真はこれらの組み合わせになっていくのだろうけど、ある程度語れるようになったら使い勝手を含めたレビューをしていくとは思います。使い込んでバンバン出していきたいですね。でも、本来なら等倍画像をフルでエントリーしたいのだけれど、容量の関係でそれができないのが辛いところ。
Quattro Hのハンドリングは思ったよりは悪くないんですけど、今のところ熱警告とバッテリーの持ちの悪さ(少し燃費を意識して使ってフルで220カットだった。)が少し不満です。あと、センサーダストにはあっけなくやられました。
ある程度になったら取って貰おうと思います。
カメラ・レンズもゆっくりエントリーできたら参考にもなるんでしょうが、いまのところザックリ出しですいません。

紆余曲折でSIGMAに戻ってきましたが、今はまだ色々めんどくさいところが楽しかったりします。(笑)
いいカメラと素晴らしいレンズを造ってくれました。

いでよ最高画質!SIGMA Sd Quattro H を購入。 

04 21, 2017
DSCF2707.jpg
さて、
ここ一年ほどメインカメラとしてFUII X-PRO2を使用してきました。メチャクチャ良いカメラです。写りに何の不満もありません。ハイ。無いんですが・・・、これ、あくまでAPS-Cとしての話し。
等倍鑑賞の趣味は無かったのですが、ちょっとしたキッカケに端を発し歴然たるその差を痛感しまして、どうしても大きいセンサーに魅力を感じるようになってきました。
そして数ある候補の中から我慢できずにSIGMA SD Quattro Hを購入。
実は無印の際もかなり迷ったんですが、やはり一回り大きい未知のセンサーの魅力には勝てず。
SIGMA・FOVEON自体のクセは初代DP-1からSD15を経てSD1Mまでの付き合いなので、それほど驚きはしなかったがクアトロ系は初めて。また、こと操作性に関してはX-PRO2が良すぎたのか、大いなる違和感。一昔も二昔も前の世代に戻ったようだ。フォーカスポイントひとつ動かすのにも大変だ。
相変わらずこういうところは変わってねえな。(苦笑)
でも、それがSIGMA。

ところで、今回の購入に関して一番迷ったのは、一本目のレンズをどうするか?ということ。
DCレンズはすでに売却済みで手元に無いので一から揃える必要があった。
ズーム派なので、はじめはレンズキットの24-105mm F4 DG OS HSM Artの方にしようと思ったが・・・
・・・でも、ちょっと待てよ。「こいつに求めるものは何だ?」と天の声。

世界最高画質を追い求めて造られたこのカメラに画質で(一歩)劣るズームを付けてどうする?付けるべきは単焦点だろう!!
足りない画角は、足で撮れ!!(そんな無茶な・・・)ズームなんぞでヒヨってんじゃねぇ!!


どこからかそんな声が聞こえた。(様な気がした・笑)
・・・そう、・・・そうだ、このカメラは操作性や暗所性能などを無視し、世界最高画質を目指して造られたものだ。誰が何と言おうと単焦点で撮るべきカメラなのだ。(無理矢理納得)
と思い直し、レンズキットの35mm F1.4 DG HSM Artを選択。(価格はほぼ一緒)
思い起こせば、単焦点レンズを買うのはおそらく30年振りぐらいだろうか。(・・でもいずれズームも買うかもしれない。)
screenshot_3186.jpg
screenshot_3188.jpg
等倍
DSCF2704.jpg
何枚か撮影した感じはなかなか良好だ。等倍でも画に質感が残っている。
Merrillでほとほと嫌気がさしていたAFの精度はかなり向上した。殆ど外さない。これだけでも買った価値があるというもの。(笑)
ただ、やはりレンズは一本じゃどうにもならん。早急に揃える必要があるなぁ。

今週末はちょっと奈良の方に行ってきます。残念ながらお供はX-PRO2の方。(レンズが無いのでね。)
帰ってきたら少し使い込んでエントリーしたいと思う。

FUJI X-T2はでたけれど…やっぱりX-PRO2でしょう。(笑)

09 17, 2016
DSC03495.jpg
さて、
先週FUJIのXTー2がリリースされた。とりあえず購入予定はないんだけれど、現在メインカメラとしてのX-PRO2一台しかないので、何とも不安なのは確か。
大体、旅なんかに複数台持っていくことは極力避ける方だったんですけど、以前、西日本一周という極力大事な場面で、一台しか持っていかなかったカメラがまさかの故障。今ほど写真を撮ることに集中していなかった時期とは言え、HDの中を見る度に「なんでよりによってあの時に故障したのだろうか」と悔しさだけが残ってます。(笑)
結局、その時は今のスマホの方がよっぽどキレイに撮れる程度のカメラでしかなく、今では余程のことがない限り撮影した画像を見返すことはありません・・・。(笑)

X-PRO2を購入して半年ぐらいが経過するんですけど、特に不具合もなく、相変わらず気に入って持ち出しています。
言わずもがな、X-PRO2の最大の売りが、OVFとEVF。ハイブリッドファインダーとして二つのファインダーを内蔵するX-PRO2なんですが、実際の撮影はほぼEVFでの撮影ですね。OVFは、性質上仕上がりのイメージをしにくいのでほとんど使ってません。でも、かといって全然使えないか?というとそんなことはなく、充分使用に耐えられると思ってます。確か10月にファインダー(とくにOVF)についてはかなりのアップデートが予定されており、相当使いやすくなるみたいです。
レンズは16-55と10-24の広角系ズームの二本から増えてません。でも、やっぱり単焦点レンズが欲しい!
X-PRO2自体に著しい不満はないんですけど、しいて挙げれば、ISOダイヤルと視度調整ダイヤルかな。
X-PRO2の場合、XT-2のように、軍幹部にISOの物理的なダイヤルを設けるスペースがないので設置は難しいのですが、シャッタースピードダイヤルと露出補正、ISOの三ダイヤルが物理的に存在すれば個人的には完璧でしたね。でも、あの位置も悪くはないです。
視度調整ダイヤルはカメラバックに入れると回っちゃってすぐに狂います。(笑)
逆に良い点はフォーカスの操作性。XーT2でも採用されたフォーカスレバー。これはホントに使いやすいです。上下左右はもちろん、レバーを押し込むことによって中央にフォーカスエリアが戻るというのが秀逸。ちょっと他には戻れないですね。あと、このレバーはX-T2の場合アイポイントに接近するので少し操作しづらくなってます。
全体的な質感や塗装はかなりいいですね。ローレットのダイヤルとか質感高いです。

画質に関しては、ほぼJPG撮り。RAWからの方が仕上がりが悪かったりします。(笑)ただ、全体的に僅かにイエローが強い傾向がありますね。好みの問題かもしれないですけど。あとはAPS-Cクラスとしては抜群の出来。等倍の勝負でなければフルサイズと対等でしょう。(最新機種の等倍では勝負にはなりません。)

と、まだまだカメラに使われてる方ですが、また報告します。

デザインの統一性。保護フィルターって付けますか? X-PRO2 に Kenko PRO1D plus

05 27, 2016
DSCF1988.jpg
さて、
3月に購入したFUJI X-PRO2の方なんですが、順調にショットを重ねています。使用感は軽快で良い感じです。
レンズは現在まで2本を購入。XF16-55mm F2.8 R LM WRとXF10-24mmF4 R OIS。
どちらも優秀で気に入ってます。いずれ詳しくレビューしようと思っていますが、今日は別の話。
突然ですが、保護フィルターってつけてますか?
高価なレンズ面を傷付けたくないのなら付けるべきなのですが、画像に多少なりとも影響がありそうで・・
本来なら付けたくないのですが、現在では、つけてます。
性能もピンキリで、その「売り」は、「無駄な光を省く」だの、「傷が付きにくい」「ホコリが付きにくい」・・・など沢山あります。
ただ、そうした性能って結構眉唾的なモノもあるし、なによりフィルター一枚で一万円近くする。性能も信用もしてないので「ある程度、安いヤツでいいか」なんて思っていたところに、発見。
カメラのレンズのリングのラバーデザインって各社結構違うのですが、FUJIのXFシリーズは結構シンプルなライン。こういうのスキですね。
これに合わせるのは難しいかな、なんて思ってたんですが、意外とピッタリなのが、Kenko PRO1D plus。
サイドにFUJI XFと同じようなローレットデザイン。純正か?と思わせる。
DSC03473.jpg
DSC03470.jpg
DSC03471.jpg
ちょっとブランド名がうるさいけど、薄くて格好いいし、XFレンズにぴったりです。
あとね。この商品、PLUSっていう風になってるんだけど、このPLUSってTEIJIN製のレンズクロスが付いてるだけで、性能はデザインも含めPRO1Dと多分変わらないんだよね。値段もそのぶん高いし。
レンズクロス・・・いらないなぁ。レンズクロスがいらない人はノーマルの方が良いと思います。



プロフィール

Author:Kazz
Welcome to my blog

Kazz zzak(+あい。)へようこそ。
Kazz zzaK(+愛・逢・遇・合・・・ etc)
あい。は、人それぞれ。

英語で i は自分ということ。

Kazz zzak(+i)

色々な「あい。」と自分をプラスして
Kazz zzak+i=「Kazz zzaKi」

「カズ雑記」

身の回りの好きなこと。好きなモノ。
関心のある事。
写真と共に何でも書いていきます。

気に入ったらまた遊びに来てください。

尚、このブログ内全ての文章・写真には著作権があります。販売も行っておりますので
無断で使用・転載する行為を固く禁じます。

コメントは基本的に悪質で無いものは承認する方向です。
ただ、メールで個別に対応することは時間的にも余程のことが無い限りできませんので
コメント通してすることになります。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター