サロン・デュ・ショコラ2016に行ってきた。

01 30, 2016
screenshot_2691.jpg
さて、
相方に付き合わされてと一緒に新宿で行われているサロン・デュ・ショコラ2016に行ってきた。
雪が心配だったのですが回避され何とか行くことができました。
それにしても、このイベント、去年も行ったのですが、こんなに混雑はしてなかった!なぜだ?と調べたらどうやらかなりテレビで宣伝されていたようですね。相当な人出です。
正確な入場までの時間を計ったのですが、正午から並び、約1時間50分待ちで入場です。列は野外では無く、地下通路からビルのロビー、現地会場と進行するので寒さの影響は殆ど無く、少し助かりました。雨の影響は受けません。
昨年も土曜日に行ったのですが、同じ時間で待ち時間は0分ですから、いかにテレビの影響が凄かったかとビックリしてます。でも、まだ2時間は良い方かも。なんせ初日は4時間待ちということでしたので・・・それよりは良いかな。
相方のお目当ての商品は結構無かったらしく、セレクションボックスは完売。めぼしいのも完売が目立っていました。
というか、早々に完売しすぎて売るものが無い(ケースが空でジャム?しか無かった。)どころか、既に何も売るものが無く、店の看板だけがあったもぬけの殻という場所もありました。(笑)
結局、チョコレート数箱とマカロンを買ったようです。(限定のマカロンは売り切れ)これで軽く一万オーバー、ひょえー(泣)
screenshot_2694.jpg
東京は明日一日で終了ですが、この後の開催地の方は、かなり覚悟された方が良いと思います。
ただ、入場してからは制限されているせいか意外にも動きやすく(昨年の方が会場は明らかに混んでいた。)イートインは場所によっては余裕でした。入るまでが大変ですね。

というわけで、旬なイベントなので情報は早いうちに。(笑)
皆さん、気をつけて行ってきて下さい。



『黒松様のお通りだい!』東十条の草月 どら焼き 黒松実食

10 17, 2015
くろまつ1
さて、
久しぶりのカテゴリー。
「♪どんが どんが どんからがった どんが どんが どんがらがった・・・♪黒松・・・いや違った・・国松・・」
多分知りませんよね、ハイ。年バレます。(笑)
早速。先日、東十条にある「草月」さんに行きまして、買ってきました、どら焼き「黒松」です。
まぁ、どの世界にもありますよね。広くは世界○大、日本○大、東日本○大、などなど。もちろん、どら焼きの世界も奥が深いものがあり、誰が言い出したのか、東京三大どら焼きといわれるどら焼きがあるそうです。それが、浅草・亀十、上野広小路・うさぎや、東十条・草月らしいですね。
以前、浅草の亀十をエントリーしましたが、あれは最高でした。確かにどら焼きにしては値段が高いんですけど。味は言われるように、どのどら焼きにも似ていない唯一無二のどら焼きです。並んでまでまた買って食べたいと思ったどら焼きは後にも先にもあそこだけです。
実はエントリーはしていないのですが、うさぎやのどら焼きも食べたことがあります。クセがなく、王道の「ザ・どら焼き」とも言えるもので、こちらも美味しいです。
そして、満を持して東京三大どら焼きのラストを飾る黒松。時間を掛けて行って参りました。
screenshot_2320.jpg
東十条という駅に初めて降りたんですが、草月は商店街の真っ只中というローケーションではない。
三連休土曜日の午前中に現地に到着したんですが、並びの列は20人ぐらいか。思ったより少ないです。お店の前には「本日黒松あります」的な看板が出ていたので、まだまだ買える状況ではあるのだろう。中では何人もの従業員の方がテキパキと働いてらっしゃいました。とはいえ、並ばずに買える方法もある。草月さんの良いところは、この黒松が予約できるという点だろう。(お取り寄せもできます。)
これは本当に助かる。但し、いくつか条件がある。まず、予約の受け取りは13時以降に限る。そして、来店予定時間から1時間を過ぎた場合自動的にキャンセル扱いになる。ということ。これらには注意しなくてはならない。(※詳しくは草月さんまで。)

さて、帰宅し早速実食だ。
まず、この黒松はコストパフォーマンスからいえば断トツナンバーワンでしょう。重量は約60グラムで直径は約8センチ。驚くべきはその価格!一個何と100円!!(税込み108円)これだけのものが・・・いまどき。いや〜ちょっと信じられないですね。有り難いことです。これはもう、気軽に「くろまつ!」なんて呼び捨てに出来ません。「くろまつサマ」ですね。
screenshot_2318.jpg
皮はどら焼きならぬ「トラ焼き」ともいえる焼き目がまだらな皮です。この点はやや亀十と似ているんですが、味はまるっきり違います。黒松は黒糖・蜂蜜の甘味が感じられます。感じられる程度で嫌みじゃ無い。皮自体はサッと溶ける感じでやわらかく、手作りで丁寧に作られた感じ。アンコは「いい小豆使ってるなぁ〜」と食べた瞬間にわかるぐらい。もちろん甘さは程良く、万人が丁度良いと感じるだろう絶妙の甘さだと思う。これを甘いと言う人はいないのではないでしょうか。
でも、逆に普通のどら焼きって何であんなに甘いんでしょうか。不思議だ。
全体的にしつこくなく変な残りも無い。シンプルでありながら特徴的。相反する矛盾を具現化したのがこの黒松だ。
kuromatu2.jpg
半分に割るとこんな感じ。比率は見事に1:1:1(上皮・アンコ・下皮)あんこはとびきり多く入っているというわけでは無く、皮が激薄っていうわけでもない。どら焼きの中にはアンコがたくさん入りすぎてるのがあるんですが、あれは苦手。バランスが大事です。ちなみに、亀十のどら焼きの唯一のウィークポイントは皮が薄い事だと思ってます。(笑)
また、余談ですが、ロールケーキなんかでもクリームが多すぎるのはちょっと苦手です。
個人的には皮に特徴があるどら焼きが好きです。その点、この黒松の皮とアンコの比率は理想にかなり近いです。

亀十もそうなんですが、自宅から一時間以上かけてこの「黒松」だけを買いに行った。でも中にはもっと遠くから買いに来てる方もいると思う。それだけこの商品に魅力があるということなんだろうな。もちろん、買いに行って良かった。
たかがどら焼き、されど、どら焼き。「黒松」様に天晴れ。



亀十、おがわ・・・。浅草「どら焼き」祭り(そんな祭りは無いって。)

07 23, 2014
kame1.jpg
浅草「亀十」どら焼き

さて、
最近食べ物でハマっているものがありまして、それが、「どら焼き」なんです。
子供の頃は「粒あん」があまり好きではなかったために好んで食べていなかったのですが、大人になっていつの間にか大丈夫になり、逆に好きになって、今川焼きとか鯛焼きとかバンバン食べるようになりました。
それでも腹一杯食べるなんていうことはないので、出掛けたついでに精々1〜2個買うぐらいですよ。
ところがこの日はちょっと違って、ホント、どら焼きだけを買いに行きました。「浅草」に。(笑)

どら焼きのベスト10なんかをやると必ず上位に入るどら焼きの名店が浅草にあります。
言わずと知れた「亀十」(かめじゅう)がそれで、ここのどら焼きを買うために皆さんかなりの時間並ぶようです。
正直、こういったものを買うために並ぶ習慣が無いため腰が引けましたが、どうしても食べたいが為に並ばざるを得ません。それでもその時間を短縮するために出来るだけ早く行こうと10時半頃には亀十の前にいました。
列を見ると並んではいますが予想より全然少ない。大体30人ぐらいでしょうか。早々に列に加わります。
早く来たかいがあってか、それほど並ぶこと無く30分程度で無事購入することができました。種類は小豆あんと白あんがあって、300円オーバーと、どら焼きにしては高い部類でしょう。
screenshot_1463.jpg
「おおっ、これが亀十のどら焼きかぁ・・・。」
早速実食です。
まず、亀十のどら焼きの直径は約11センチ。厚さは約2.5センチ。平べったい印象です。
kame5.jpg
最大の特徴はあんを包む皮の部分が写真のようにまだらになっていることでしょう。通常どら焼きの皮は均一に焼けているのが見た目にも美しいのですが、亀十のどら焼きは真逆をいきます。

そして、食べてみると・・・。「!!」
まず第一印象は皮がどら焼きにしてはかなり柔らかく、そして甘さも絶妙で、これ以上だと甘すぎると感じるし、これ以下だと物足りないようなバランスを醸し出している。皮のまだらの部分が適度な香ばしさとそうでない部分の食感の違いを生み、これまた絶妙。あんも甘すぎず適度なつぶつぶが感じられ、皮とのマッチングも最高。これは、確かに美味いわ。
「何々で一位になった。」食品なんていうのはほとんど信じない方だが、これは・・・文句なく美味い。
ひとによってはこれはどら焼きではない。なんていう人もいるかもしれませんが、味の方は間違いないです。
screenshot_1462.jpg
実は浅草にはどら焼きの名店が他にもあり、そこにも行って買ってきたのだが、この亀十のどら焼きと食べ比べるとこちらの方がより自分の好みに合っていたようだ。

結局、この三連休は浅草で買ってきた大量のどら焼きを消費するために結構な量を一気に食べた。
・・・しばらくどら焼きはいい・・・。(笑)



シンプルはクセになる?

03 01, 2014
screenshot_1177.jpg
さて、
今日の東京は春の陽気。このまま暖かくなるのかなぁ。
この間渋谷に行ったときのこと。
おいしいお菓子に再会することができました。

写真は石川県金沢市の東茶屋街。有名ですよね。
倉敷の美観地区もよかったですけど、こういう街並み揃った通りというのは気持ちが良いものです。
そんな東茶屋街でお土産を買ったのですが・・・美味しかったにもかかわらずブログではエントリーせずにスルーしていました。まぁ、今やその土地土地に行かなければ手に入らないものという方が珍しいし、いつかお目に掛かるだろう・・・。と期待して一年とちょっと。渋谷でお目に掛かることができました。
screenshot_1176.jpg
その場で試食して気に入り、忘れないようにと店の外観を撮影していたんだと思いますが、撮影しておくものです。(笑)
そして、ここが加賀麩不室屋(かがふ ふむろや)さんです。
店舗など調べたことがなかったので東京にあるのかさえ知らなかったのですが、何店舗かあるようです。有名店です。
売っているのは、『お麩』なのです。
改めて『お麩』と言われても・・・お味噌汁やお吸い物に入っている程度で、食べること自体あまり意識しなかったのですが、お麩の栄養価というのは実は凄いものです。「味無いじゃん」的になめてましたが、どうしてどうして、それはとんでもない誤解です。
screenshot_1179.jpg
で、これがその不室屋さんで売っているお麩で作ったお菓子「おやつ麩」です。
味は絶妙に感じるメープルシロップ味。ホント、シンプルすぎるお菓子です。
screenshot_1178.jpg
中はこんな感じで、食感は軽く、お麩そのもの。これが凄く美味しい。
原材料も見ると、小麦粉小麦タンパクバターメープルシュガーだけ。何か訳分かんないものは一切入ってない。
食の安全が叫ばれる中、このシンプルさはいいですね。
中は湿気らない様に小袋で三つに分かれており親切です。
けどそんなの関係なくあっという間に完食です。
そして、食べ終わった後に・・・
「もう一袋買っとけば良かったか・・。」

クセがないのにクセになる味です。(笑)

癒やしのホワイト・バレンタイン。

02 15, 2014
syoko2.jpg
さて、
2月14日と言えば...バレンタインデーですけれども、今年は珍しく大雪のホワイト・バレンタインデートなりました。
日本でバレンタインデーにチョコレートを送るようになったのはいつ頃からでしょうか?
まぁ、自分が小学校の時にはそうした習慣がもうあったので、結構な歴史があるのではないでしょうか。
「お菓子屋の陰謀だ」なんて憎まれ口を叩く輩もいるのでしょうが、こうした機会が「女性から愛の告白」という意味深いものを些かオブラートに包んで「しやすく」しているのは確かでしょう。
ただ、何十年か前は、告白というのは「男から」というのが基本であって、女子は完全にされる側。・・・だったような気がします。今や時代は真逆でドラマや漫画、何でも主導権は女子ですから。(笑)草食系なんて考えられなかった時代が懐かしいです。ハイ。
screenshot_1151.jpg
というわけで、日本でバレンタインにチョコを送るようになった諸説あるうちの一説を担うメリーチョコレートの「ショコラーシカ」というのを貰いました。
結構WEBでも紹介されてるんですけど、パッケージが写真映えするのでちょっとエントリーしてみました。
マトリョーシカ風のチョコレートで箱とギフト袋が凝ってます。
名前があって、大きい方がエレーナ。リスがローフキィ
他にも数種類あって結構人気があり、去年は売り切れで無くなってしまったそうだ。何となくコレクター心をくすぐるなぁ。
screenshot_1154.jpg
味は・・・普通かな。(笑)
でも、それはさておき、何より箱が可愛らしい。
昔はこうした箱も昔は「ポイッ」と何の躊躇もなく捨てることができたんだけど、今は、「何かに使えないかなぁ・・」
と捨てるのが惜しくなる。ましてや人や動物の絵柄だと尚更捨てられない・・・。
年取ったせいかなぁ・・・。

車のノイズも聞こえない静寂な夜に、空になった箱を眺める。
そんな癒やしのホワイト・バレンタイン。

プロフィール

Author:Kazz
Welcome to my blog

Kazz zzak(+あい。)へようこそ。
Kazz zzaK(+愛・逢・遇・合・・・ etc)
あい。は、人それぞれ。

英語で i は自分ということ。

Kazz zzak(+i)

色々な「あい。」と自分をプラスして
Kazz zzak+i=「Kazz zzaKi」

「カズ雑記」

身の回りの好きなこと。好きなモノ。
関心のある事。
写真と共に何でも書いていきます。

気に入ったらまた遊びに来てください。

尚、このブログ内全ての文章・写真には著作権があります。販売も行っておりますので
無断で使用・転載する行為を固く禁じます。

コメントは基本的に悪質で無いものは承認する方向です。
ただ、メールで個別に対応することは時間的にも余程のことが無い限りできませんので
コメント通してすることになります。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター