観光地における「本格カメラ女子」比率の高さ

11 17, 2019
1254478457.jpg

さて、
朝晩冷え込むようになり日本全国紅葉まっただ中です。
日本の紅葉の美しさは世界的にも有名ですが、こう美しいと、どうしてもカメラに収めたいと思うのは必然。どこの観光地でも皆さんパシャパシャやってます。
一昔前、それこそフィルムカメラの時代なんかは、そうした観光地なんかでもせいぜい三脚を据えたおじさんが数人いる程度ですっきりしたものでした。
時代は変わり、最近弟経由で、「(姪っ子)高校生の娘がカメラをほしがっているのでどうしたらいい?」と言う相談がきました。
そんなんスマホで充分だろ?って返答すると、どうやら一眼レフ(ミラーレス一眼)が欲しいという。
結局、初心者向けの機種を教えたり、少し援助したりして、最近買ったようだが、・・時代は変わるものだ。
4588896565874.jpg
最近撮影地に行くと三脚に本格的なカメラを据えて撮影している女性の方を非常に多く見かける。
中には軽く自分の機材の金額を超えてくる高級機を使っていたりして、ちょっとビックリします。
125847875569654.jpg
先日ネットでのニュースでも話題になりましたが、日本のカメラメーカーの利益率がここまで悪かったのかというその凋落ぶりに衝撃を受けたのですが、デジカメ・・・売れないようですね。
スマホなどに押され、こうした業界の未来って一寸見えてきませんね。
それでも、一筋の光として女性が頑張ってくれてます。
いずれはスマホに取って変わられるのでしょうが、それに伴い、観光地で三脚を担いだおじさんが、絶滅危惧種はおろか、生きる化石と称されるのもそう遠くない気がします。(笑)

攻めのSIGMA!地球上の何処にも無いデザインで、新DP2「Quattro」見参。

02 11, 2014
screenshot_1149.jpg
さて、
面白いデザインのカメラが久しぶりに登場した。
SIGMA DP2 Quattroだ。
カメラのデザインというのは右手にグリップがあり、ボディの中心部分にレンズがあって・・・
何ていう極めてオーソドックスな形状を保ってきた。
もちろん中には異端児的に奇抜なデザインを採用してきたカメラはあったけれども、今日のデザインをみているとやっぱりカメラってあの形じゃ無いとシックリこないのかなぁ・・・と思ってしまう。

デザインについて、自分は初代DP1からSIGMAのカメラを使い続けてきたがシンプルこの上ないデザインが好きであることも使い続けている理由のひとつだ。この形状によるホールディング、バランスがどのような感じになるのか現時点では想像できないが、持ちにくいと言うことは無さそうだ。むしろ意外と良いかもしれない。(笑)
画質を極めるとこうしたデザインになるというSIGMAのお手並み拝見と言うところだろうか。これで画質が「並み」ならばこうしたカメラは色物扱いになってしまうのだろうが、とてつもない画質が得られるのならば、それも「あり」だろう。
スマホカメラが市場を席巻し、デジカメ自体の生産が縮小される中、万人受けを無視し、ある種特化した「攻め」たカメラを市場に投入するという英断を下したSIGMAにはそれだけで拍手を送るしか無い。
そして、SIGMAの発表によると、このQuattroからは新センサーが採用され、SD1から始まったMerrillセンサーの系譜はDP3Merrillまでの一連のシリーズで終焉を迎えるようだ。
意外と短かった印象だ。
このQuattroセンサーは、従来のMerrillセンサーから更なる高画質(30%UP)とTRUEⅢによりシリーズのネガティブ・ポイントがひとつであったデータの書き込み遅さに対する高速化が図られた。また、巨大になりつつあるデータの縮小化にも一役かっているという。更に加えると、省電力にも対応しておりMerrillのバッテリーのバカ食いから少しは向上しているようだ。
screenshot_1150.jpg
気になる発売時期だが...
いずれにしてもオプションなどもすでに発表されており、造りの完成度はかなり高く、過去のCP+からの流れだと早ければ3月、遅くとも6月頃までには発売になるのではないだろうか。Quattroに併せて4月4日とかいいかもしれない。
確かにこのDP2 Quattroは楽しみだが、個人的には新センサーを積んだ(仮)SD1 Quattroの方が楽しみなのは黙っておこう...。(笑)

SIGMA DP1& SD1

03 21, 2011
シグマ DP1とシグマ SD1 SIGMA DP1 & SD1
Kazz拘りの道具の旅

それはまさに「ディープ・インパクト」だった。

同じ「1」の称号の付くカメラ。DP1とSD1。

Sでも、Xでもない、初代DP1とシグマ渾身のプロモデル。
これからの未来「画質基準」の「1」
防塵防滴で武装したマグネシウムボディ。

何の前触れもなく突然現れた、「SIGMA SD1」

その登場が全世界で待望されているカメラである。

DP&SD1
数少ない常日頃からKazz zzaK(+あい。)に遊びに来ていただいている方ならご存じだと思っているが、自分の愛機はリコーのGXRだ。このカメラについては何回かエントリーしており、思い入れもそれなりにあり、愛着も沸いてきた。昨年の4月に購入したのでもうすぐ一年になる。結構な時間だ。万じて良いカメラだ。
・・ただ、今ひとつGXRにのめり込めない要因もある。それは、未だ28mmを手にしていない現状からも自己分析できる。

原因はわかっている。

その原因がこのDP1、すなわち、唯一無二、FOVEON X3の画質だ。

そして、シグマのSD1発表の一報が入り、それ以来自分のカメラを取り巻く環境は心中穏やかではない。

この写真のDP1は自分の前愛機だ。正確には現在も所有はしている。
性格からかもしれないが、自分は同じようなものを2台持てない。例えば、車やバイクなど2台を用途に合わせて使い分けるといった器用なことが出来なく、多くはひとつで賄おうとする。
カメラも例外ではなく、2台所有して、「今回はこっち」「次回はこっち」という使い方はしない。
モノに拘るのだが、執着はしないほうなので、いらなくなったものは大概人にあげるか、仕舞い込んで全くと言っていいほど使用しない。
DP1 2
現在所有する我シグマDP1の置かれた立場は非常に中途半端だ。大体広角域が必要な時に緊急出動を願う。
それとてよっぽどの時なので、GXR A12 28mmが来た日にはその出番すら殆ど無くなるだろう。

ただ、FOVEON X3の画は本当に捨てがたい。

シグマDP1は本当に色々言われたカメラである。個人的にデザインを含め非常に気に入って使っていた。DPシリーズは画質が良いとよく言われるが、自分はそれに少し言葉添えをしなければならないと思っている。

結論的に、「希に、良い画質の写真が撮れる。」

あくまで、希、だ。

・・と、いうニュアンスだろうか。百歩譲って「画質が良い。」というならば、せめて90%位で当たってくれないだろうか。(笑)フィルムにもべイヤーにもそれこそ高画質に撮れる条件というのは存在するが、このカメラの場合は「条件さえ揃えば」という、その条件が厳しい。
そういう場合には、別のカメラで対応しろ。と、言われれば身も蓋もないのだが、やはり撮れる写真が極めて限られた条件下での何枚かに1枚だけの博打みたいな不安定な確立では、貴重な機会には持ち出せないのが本音だ。

因みに、昨年の投入堂では、GXRのA12/28mmの発売開始が予定より一週間遅れ、間に合わなかったせいもあり予定だったこのレンズを購入できず、仕方なく広角域はDP1で撮影しているが、投入堂自体が南側を遮られた北向きの暗い場所での撮影であったために、シャッタースピードが全く上がらず細心の注意を払って撮影したにも拘わらず、DP1のパフォーマンスは不発に終わった。因みに投入堂は三脚や一脚を禁止している。地元でない自分にとって、こういう場所での撮影はそう何度も訪れられる場所ではない。そう言う意味も含めて、DP1は自分の撮影の第一線からは外れることになっている。一眼でバリバリ撮影する人には元々メインとしては考えられないカメラであったが、自分の環境では小型で高画質。メインになり得るカメラだった。

DP1は素晴らしいカメラである。ただ、それはあくまでDP1の中にあるセンサーで、決してパッケージングされた商品としてのDP1ではない。おっと、もとい、記録される画質というのは、統括されたシステムから生み出されるものではあるが、その中枢となるのはやはりセンサーとレンズだろう。この2点に関してはDP1は素晴らしかった。DP1は確かにエポックメイキングなカメラではあるが、(あったが)商品としての完成度には問題が多かった。
・・ここではいちいちほじくり返すことはしないが。(笑)
DP1は現在改良を重ね、DP1Xと名を変え販売はされている。外見も背面が少し変わり、システムを統括する頭脳(TRUE2に変更)に大幅なメスが入れられた。結果、総合して、完成度はかなり上がったようだ。

この時代までの極めてマニアックだったSDシリーズと同存し、DP1の登場によって一気に間口が広くなり拡散されたFOVEON X3=DP1。魅了された人たちは、画質に驚嘆し、惚れ込みつつも操作性などに我慢ならず手放した人が多いと聞く。しかし、ここにきて完成度(安定度)という点ではもはや完熟の域に達したDP1Xの発売により、かなりの数の人がDP1→DP1X再購入という形で戻ってきているという。
これは異例だ。決して安価とは言えないこのカメラ。頭脳が多少変わったとはいえ、根本的にはボディも・センサーも殆ど変わっていないカメラがこうした形でユーザーを引きつける魅力というのは、シグマの大きな財産である。

FOVEON X3。
このセンサーが持つ特色は、それこそ語り尽くされた感があるので、今更その素晴らしさに触れるまでもないが、実に良い色を出す。銀塩時代からカメラに触れ続けた者としては、もしかしたらこのセンサーから生み出される独特の色彩や解像感に昔のフィルムカメラを追っているかも知れない。いや、それは自分だけだとしても、このセンサーから生み出される画質はデジタルライクなものではなく、独特の個性がある。他の詳しい方にいわせれば、「フィルムとも違う」といわれそうであるが、構造・理論上偽色の発生しないセンサーは、今のところこのシグマのセンサーFOVEON X3だけだ。
ただ、ユーザーをこのセンサーだけに依存させてはならない。あくまでセンサーはそれとしてあるべきで、デジタルカメラというメカニズムの一端を担っているに過ぎない。仮に他のメーカーが同様のセンサーを開発したならば、ユーザーはそちらに流れる可能性も否定できない。カメラは総合力だと思っている自分にはひとつの部分だけに特化したしたカメラは、やはり用途もそれ相応に限られる。そう感じている。
DP-1
偶に見る他の方のブログなどでフルサイズの画質を見ると「凄いな」と思うことがある。ちなみにこのブログの写真は横が500ピクセルであるが、同じようなこの小さいサイズの中にも差を見つけることができる。
フルサイズサンサーはやっぱりすごいものである。ただ、欲しいかと言われればそうでもない。
フルサイズ機は例外なく重く、とても気軽に持ち出せるものではない。現実的な問題として、ふらっと通勤途中で撮影なんていうわけにはいかない。カメラは持ち出してこそ、が撮影の最初たるモノと考えている自分の場合、それが一眼(フルサイズ)所有への大きな壁となっている。やや特化した画質のためだけに新しいシステムをそろえる余裕はない。
自分には一眼のシステムは、大きく、重い。

・・・・筈なのだが・・。

DP1
話は最初に戻るが、シグマSD1。

本当にいきなり現れた。
タイミング的にはSD15が発売になってからそれほど経過していない段階での発表だ。
SD15の売り上げに影響がある時期にこうした発表があるということは些か疑問が残るが、実際のところどうなのであろうかよく分からない。ただ、SD15の買い控えは間違いなく起きただろう。

SD1のスペックは驚愕だ。広告用のイメージフォトやサンプル画像は既に何枚か出ている。ただ、それらについて現段階で言えることは、おぼろげに見えるSD1という幻影の目安でしかなく、サンプルはあくまでメーカーが用意したものであり、通常使用するであろうフィールドでのリアル感は感じられない。画質そのものが凄いことは認められるが、良くも悪くも最適な条件で撮られたものでしかない。これはSD1に限ったことではないが。

こういってしまっては語弊があるかもしれないが、一連の過去のSD/DPシリーズのように、前評判は高いが、蓋を開けたらやっぱりもの凄い狭い条件下でしか使えない。書き込みが遅くてストレスがたまる。液晶、ホワイトバランス・・云々といった声に殺され、凡機にならないように期待している。

但し、そうした諸々を差し引いても非常に期待させられる画質であることに異論は全くない。

シグマのリリース・スパンは非常に長く、発表から1年というのは寧ろ短い方だ。どの程度煮詰めてくるか非常に楽しみだ。個人的には4月発売など有り得ないと思っているが、SD15の発表からさほど経っていない時期の発表はある種自己犠牲を伴う。SD15の買い控えを想定しながらも発表したということは、思ったよりも早い時期で出てくるかも知れないが、元来会社の指針となりうる超弩級のカメラは、そうそう出てこないと考えられる。
それは、シグマにとって初めてとなるプロ仕様のカメラであると前面に謳っていることからも感じ取れる。
力の入れ方が違う。
会社のフラッグシップたるカメラが、発売はしたは良いが、バグや諸々の調整不足で返品の嵐などの状況では信用に拘わる。殆ど情報がリークせず、水面下でこれほどのカメラを造っていたぐらいだから、それなりの開発は進んでいるであろうが、ここからが長いだろう。SD1として、生まれるカメラは、おなじSDシリーズの延長線上にはなく、全く新しいものだ。意味が全く違う。
我々ユーザーは、目の前にニンジンをぶら下げられた状態ではあるが、シグマユーザーはその点寛大だ。慣れている。(笑)早く出して欲しいは欲しいが、現時点でのベストまで追い込んで欲しいと願っているはずだ。注目度の高いカメラなので中途半端で発売せず、是非突き詰めて欲しい。業界的にも大注目のカメラである。

SD1は前述したように、GXRから比べれば大きく、重いだろう。
ただ、唯一無二の絶対的な個性がある。FOVEON X3の画は明らかに他の画と一線を画する。
その個性に更に磨きをかけたSD1。

やっぱりどこかでFOVEON X3から生まれるあの画を欲しているのか。

2008年のDP1登場も十分なディープ・インパクトであった。

201X年。SD1は発売される。

我々にどのような画を魅せてくれるのか楽しみだ。

さらなるディープ・インパクトを起こせるか。


シグマから目は離せない。




ⓚAll Rights Reserved. photo with GXR A12 50mm

プロフィール

Author:Kazz
Welcome to my blog

Kazz zzak(+あい。)へようこそ。
Kazz zzaK(+愛・逢・遇・合・・・ etc)
あい。は、人それぞれ。

英語で i は自分ということ。

Kazz zzak(+i)

色々な「あい。」と自分をプラスして
Kazz zzak+i=「Kazz zzaKi」

「カズ雑記」

身の回りの好きなこと。好きなモノ。
関心のある事。
写真と共に何でも書いていきます。

気に入ったらまた遊びに来てください。

尚、このブログ内全ての文章・写真には著作権があります。販売も行っておりますので
無断で使用・転載する行為を固く禁じます。

コメントは基本的に悪質で無いものは承認する方向です。
ただ、メールで個別に対応することは時間的にも余程のことが無い限りできませんので
コメント通してすることになります。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター