隠し球、SIGMA SD Quattro(H)発表。FOVEONフルサイズへの夢は遠く・・・いや、近い!

02 24, 2016
SD.jpg
さて、
既にご存じだとは思いますが、CP+用のビッグサプライズ、SIGMAの隠し球が今日発表された。
その名も「SIGMA SD Quattro(H)」一部で待望された、レンズ交換式ミラーレスカメラだ。
光学ファインダーの無いミラーレスカメラは、系譜から言うと、SD9から受け継いだ、所謂王道の一眼レフのボディを持った流れでは無く、DP系の流れをくむ、いわばレンズ交換の出来るDPの誕生と思った方がいいだろうか。

にしても、実機を見ていないので何とも言えないが、ことボディに関しては、食指はあまり動かない。デザインは悪くない。でも、バッテリーグリップを含めたデザインバランスだと思う。燃費が悪いのかなぁ。
ただ、大きく喜ばしいことはある。FOVEONセンサーの大型化だ。(ややだけど)
今回のSD Quattroには二種類のセンサーが用意された。フルサイズでは無いが、これにはかなり興味がある。
また、瞬時に7回ものシャッターを切り、合成され一枚を造る新技術の採用がある。それがSFD(Super Fine Detail)モードという技術だそうだ。ペンタックスなどに見られるリアルレゾリューションシステムのようなものか?よくわからないけど。
いずれにしても、こういう新しすぎるカメラは、現時点ではよくわからないというのが正直なところだ。
シークレットにしている時間は今日で終了したので、これからは情報がドンドン出てくるだろう。
価格や発売時期などは未定ではあるが、時期はそう遠くはないだろうと思う。価格は慎重にお願いします。(笑)
サンプル写真を含め、目的のレンズとのマッチング、Merrillで泣かされたAF精度などを確認したい。
あまり期待はしていないのが正直なところ。(笑)

今度こそ出てこい!SIGMA SD1 Quattro(仮)!、いや、フルサイズFOVEON!

02 04, 2016
screenshot_2702.jpg
さて、
カメラ好きの最大イベント?ともいわれるCP+(カメラ+写真の総合展示会)がいよいよ今月末横浜で開催される。
残念ながら仕事で行けはしないけど(笑)楽しみだ。
このCP+に合わせるように少し前から各社新製品を続々投入してきた。
キャノン、ニコンともにフラッグシップモデルのフルモデルチェンジ。ペンタックスのフルサイズ、オリンパスやフジも魅力的な製品を揃えてきており、すでに発表済み。期待している人も多いだろう。

ところで、
扉の写真にもあるように自分はSIGMAというメーカーのSD1 Merrillという比較的マイナーなカメラを使用している。
なぜこのカメラを使い続けているかというのは、以前にも詳しくエントリーしたので割愛。
このカメラは2012年3月に発表された。すぐに購入したので、現在までザッと4年は使用していることになる。
世代的には一つ前のMerrillセンサーを使用しており、同じシグマの中でも、その位置づけはもはや古い立ち位置だ。
フラッグシップであるが故、かろうじてその存在が認められているが、世代的にも形状的にもハッキリ言ってしまえば「世代遅れ」の分野に入る。現代の消費サイクルの中では仕方がないのかもしれない。
4年も使っていると色々と不満も出てくるが、まれに奇跡的な一枚が撮れたりすることがあるので、その快感のために使っている。世代も古いし、型遅れに一喜一憂する時期は過ぎたので諦めて使っている。新製品はあまり気にしていないが、それでも、やはり新しいものが見てみたいのが正直なところだ。
昨年の今頃、このCP+にあわせてシグマもSD1Quattro(仮)を出品するんじゃないかと思い高い期待を込めて
「かなりの確率で出る」と予告したエントリーを行った。ただ、結果はその影すらも見せない完全な空振りだった。
もちろんシグマも開発宣言はしてるので、いずれその姿を現すだろうが、それが更に一年を経ての今回のCP+かどうかは、もはや自信がなくなった。(笑)
でも考えると、他社の製品はとてつもなく進化している。シグマがMerrillセンサー(※この名は、のちの名称)を搭載したSD1を発表したときは、それこそ度肝を抜かれたが、後に発生する価格問題(約70万)というミソが付き、購買意欲は激低下。DPシリーズでのQuattro展開、そして完成を見ると、今更ながらSD1Quattroが出たところで、大したインパクトは残せないだろうというのが正直なところだ。
DP Quattroを使用したことが無いので明言は避けるが、センサー自体も「Merrillの方が良かった」という人が大勢居る。自分も作例を見る限りでは、劇的な変化は感じられない。操作性、バッテリーの持ちなんかは別にして。
そうした声が多い中で、SD1Merrill→SD1Quattroの買い替え需要があるかどうかは疑問だ。
繰り返すが、今回のCP+は、各社かなり力を入れ、かつて無い充実なラインナップを揃えている。
果たしてシグマはどうか。
SIGMAファンの究極の夢は、FOVEONのフルサイズを搭載した一眼レフの出現だろう。
極秘に開発されたこいつが登場すれば、おそらくSIGMAファンは狂喜乱舞だろう。難しいかもしれないが、会社の色からしても、そういうことをいきなり発表する会社であるので楽しみではある。この際、「実は造ってます!」という発表だけでも良い。・・・流れ的にそういう匂いはある。(笑)

もしかしたら、夢の実現はそう遠くないのかもしれない。

シグマは一貫して国内生産に拘る大きくないメーカーだ。震災の後遺症も未だ残るし、開発は大変だと思うが、少しでも良いので、是非魅せて欲しい。



さぁ、出てこい!SD1Quattro(仮)

01 24, 2015
DSC02264.jpg
さて、
カメラ好きにとって外せないイベントが来月やってくる。カメラや映像関係国内最大のお祭り、CP+である。昨年はさして興味は無かったが、今年は個人的にも注目の年だ。

その理由。
当ブログでもさんざんっぱら書いているが自分はSIGMA SD1 Merrillという決してメジャーでは無いデジタル一眼レフカメラを使っている。発売してすぐ買ったのでもう丸三年ぐらいは使用している。雑感は以前のエントリーで既に書いており控えるが、その後特に不具合も無く順調にカット数を重ねている。長期・短期に限らず車で出掛けるときには必ず持っていく。
このCP+を楽しみにしている理由とは、SIGMAから正式な出品アナウンスが無いとはいえ最近になってSIGMA SD1 Merrillの後継機であるSD1Quattro(仮)の開発存在が認められた。でもって、このCP+でその「初公開」があるのでは無いかと少しだけ期待している。

ここ近年のトレンドを見ればわかるのだが、スマートフォンの急速な普及はデジカメ市場を席巻し、その勢力図は大きく変動した。なかでも、その存在意義に疑問が感じられるのがデジタル一眼レフの存在である。大きく重く、そして値段が高価なデジタル一眼レフは一部のハイアマやプロにその需要が限られ、ミラーレスの台頭により近年大きくその販売台数を落としていると聞く。もはや昔といってもよいが、一眼レフのメリットといえばセンサーの大きさや対動態性能だったが、もやはそのメリットは感じられない。ひとまわりもふたまわりも小さいボディ(ミラーレス)にフルサイズ(センサー)を乗っけられてしまったら、そこに一眼レフの価値を見いだすことはなかなか難しいといえるだろう。

かつてSIGMAは原色センサーであるFOVEONに伴い切れ味鋭い「ローパス(フィルター)レス」というアドバンテージを持っていた。ローパスフィルターとはベイヤー型撮像素子前に配置し、ぼかしをかけることにより偽色などを防ぐ役割を持つパーツの一部だ。反面、解像度を下げるなど由々しきジレンマをもった部分であった。その点SIGMAのセンサーは偽色が発生しないためこのフィルターがもともと必要なかったのだ。だからこそそれが大きな武器となり、各社とは一線を画す画質を提供するとともに一部の熱狂的な支持を得ることができたのだ。
原色センサーの問題はさておき、一方で他のメーカーも近年この「ローパスレス」を技術的にクリアし、こぞって採用し始めたため、SIGMAの専売特許とも言えるそれは消え、各社一段と切れ味のある画質を提供する環境が整っていった。多少の違いこそあれ、事画質に関しては個人使用レベルでは各社横一線というのが実際のところだろう。
ただ、若干ではあるが、質が異なる。
それこそ、自分がSIGMAのカメラを使い続ける理由なのである。

個人的にSD1Quattroに一番求めることは、やはり小型化とファインダーの質の向上。高感度性能はセンサーの特性上それほど期待できないことは分かっているのであまり気にしない。
小型化に関しては、DPQuattroシリーズを見るとよくわかる。もしかしたらとてつもないデザインで出現するかもしれない。(笑)が、保守的なデジタル一眼の分野であそこまで冒険は出来ないと考えている。
ファインダーに関しては妥協しないで欲しい。以前も言ったが、SD15時代のファインダーは明らかにMerrillよりも良かった。ピントの山もMerrillよりは掴みやすかったし、ケラレも無かった。ファインダーはデジタル一眼の生命線ともいえる部分なので、より時間を掛けて造り込んで欲しい。

いずれにしてもかなりの確率で出品されるだろう・・・と思う。楽しみだ。

真の実力はいかに? SIGMA SD1 Merrill 覚醒近し!

07 22, 2013
SD1 111-1
SIGMA SD1 Merrill

さて、
悦楽っていう扉のタイトルからすると、SD1 Merrillを所有したことや、使ったときなんかに生まれる自己満足的な話になっちゃうんだけど、発売からゆうに一年を経過したので、当ブログでもそろそろ詳しく書いてみようかな。なんて思っていたのですが、何も書けないまま今日まで来てしまいました。

世間一般に思われてるSIGMAのカメラって、それこそ一癖も二癖もあるカメラみたいな話が主体で、持っているだけで「あぁ〜、SIGMAね。」なんて言われたりするんだけど、その一癖二癖なんていう話も、センサー云々なんていう話も、皆さんいい加減飽きているので、ここではあまり話しません。(笑)

ところで、思い起こせば、このカメラほど世間を騒がせたカメラも近年無いんじゃないかと思います。
「騒がせた?」そう、あの価格の話です。・・いや、正確には、Merrillの前のSD1の話なんですけどね。(笑)
騒がれたといえばそれ以前、SD1が発表されたとき、それはそれは結構なニュースになりました。何の前触れも無くいきなり現れましたから。確か2011年2月のCP+でしたっけ?
自分も当時はDP1を所有していただけで、SIGMAのカメラにそれほど傾倒していたわけではありませんでした。
故にSDシリーズは全くと言って良いほど興味が無く、それどころか、持ち運びに苦痛を伴うでかい一眼レフは絶対に買わないポリシーを貫いていました。
ところが、SD1が発表になり、そのポリシーがグラグラ揺れ始めたんです。
新FOVEONセンサーを搭載した今までとは全く違う新SDシリーズ、プロ用の旗艦として発表されたSD1のスペックには誰しもが驚かされたし、かなり魅力的でした。
SD1-1.jpg
このSD1については、当時の自分のブログを見ても解るように、かなり期待していたわけです。
価格については、大方15万〜35万と全くと言って良いほど予想が付かないような状況でしたが、確か発表前日ぐらいに、「もしかしたらとんでもない価格になるのでは無いか?」とネット上で騒がれ始めました。
事前に大手メーカーの中級機ぐらいの価格で出すというコメントが一人歩きしていたので、高くても25万ぐらいかな。なんて、自分で予想していたのだけれど、蓋を開けてみるととんでもない価格でして・・。
・・・もちろん買えないです。(笑)

まぁ、あそこまで高いと諦めもキッパリついたのですが、今度は盛り上がりの頂点にまで達したそのやり場の無い怒りにも似た一眼レフ購買欲を何処に向けようかと・・。

で、結局どうしたかと言うと、SD15がとてつもなく安かったので、購入したわけです。
これが、目から鱗でして・・。
SDシリーズの集大成とも言うべきこのカメラは、その熟成具合から非常に良かった印象があります。現在は売却してしまい手元にはありませんが。
画質自体はDP1に及ばないものの、テンポよく撮影できる軽快さはとてもじゃないけどDP1では味わえないものでした。現在は販売終了になってしまったようですが、残念です。SIGMAの一眼エントリーモデルとして残しておけば裾野が広がるんじゃないかと思いますが・・。
SD1-2.jpg
そして、SD1発売から約一年、Merrillの登場です。
発売してすぐに買った方のクチなんですけれど、今日まで何点かを除いては非常に満足し、気に入ってます。

その何点かの気に入らない点はというと・・。
まず、これは声を大にして言いたいのだけれど、ファインダーが良くない。
この、「良くない」というのは比較対象があって、それがSD15です。
ファインダー視野率からすればMerrillの方が良いのだけれど、ファインダー内情報がMerrillの場合一部ケラれる。
これがどうも気になる。SD15ではそのようなことは無かっただけに残念でならない。
また、これは個人的かもしれないが、ピントの山の掴みがSD15の方が良かった。Merrillの方が合わせにくい。

次にトップ部にサブ液晶が無いこと。
これについては、結構設定をいじる方なのでSD15同様に附属させて欲しかった。背面液晶での確認はやはりめんどくさい。

そして、最後はボディではなく、レンズの方だ。
今自分は17-50mm F2.8 EX DC OS HSMを使用している。スターティングレンズとも言うべきこのレンズは、可も無く不可も無くといったところか。選択肢が無かったので仕方が無かったのだが、正直、Merrillにこのレンズでは明らかに役不足といえる。
特に広角側の17ミリ域は酷い。
DPMerrillシリーズなんかを見ると余計にそう思うのかもしれないが、自分のような建築好きで17ミリを多用する様な状況では、ある程度絞り込んでもビシッと気持ちよい画像にはならない。開放であれば尚更だ。
だからといって他にそれっぽいレンズも無く、多くの方が不満を持ったまま使用してきたと思う。
ただ、そう言われ続けてきたからではないだろうが、ここにきてSIGMAは30mm F1.4 DC HSMなどを始めとする素晴らしいレンズ群をじゃんじゃんリリースし始めた。
Contemporary、Art、Sportsという一新されたレンズ群は殊の外評価が高い。
中でも自分が期待しているのは SIGMA18-35mm F1.8 DC HSM だ。
遅かれ早かれ自分はこのレンズを間違いなく購入する。キャノン用がいち早く発売になったが、どこでも絶賛されている。自分もサンプルなどを見てみたが、これは間違いなく本物だろう。まだSIGMA用の発売アナウンスはされてはいないが、魅力的な単焦点レンズも発売されているし、ここにきてMerrillの実力が引き出せる環境が整ってきた。
発売当初からSD1(Merrill)の潜在的な実力は評価されながら、それを具現化できないでいるネックがレンズだった。DP Merrillシリーズにおいてその実力がいかんなく発揮された新センサーは、専用設計されたレンズとのマッチングも抜群で、SD1 Merrillユーザーは、この画質を横目で見ながら地団駄を踏んだものだ。

このセンサーのもつ実力は並みじゃない。
ようやく、SD1Merrillで悦にどっぷり漬かる時が来た。

パンドラの箱?

03 18, 2012
SIGMA SD1 Merrill
Kazz拘りの道具旅
SD1-1

全知全能の神ゼウスがすべての災厄を閉じ込め少女パンドラに渡したという、所謂
「パンドラの箱」
絶対に開けてはならない禁断の箱を少女はその好奇心から開けてしまう。
すると、封じ込めてあったすべての災厄は外に飛び出し、世界中に広がってしまった。
少女は慌てて蓋を閉め、そこに「希望」だけが残った。

SIGMA SD1 Merrill 。
箱を開けるとそこにあるのは封じ込められた苦行(笑)か?

自分が思う一枚の悦楽(希望)のために。

私的FOVEON第三章、幕開け。



SD1 Merrill 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM


プロフィール

Author:Kazz
Welcome to my blog

Kazz zzak(+あい。)へようこそ。
Kazz zzaK(+愛・逢・遇・合・・・ etc)
あい。は、人それぞれ。

英語で i は自分ということ。

Kazz zzak(+i)

色々な「あい。」と自分をプラスして
Kazz zzak+i=「Kazz zzaKi」

「カズ雑記」

身の回りの好きなこと。好きなモノ。
関心のある事。
写真と共に何でも書いていきます。

気に入ったらまた遊びに来てください。

尚、このブログ内全ての文章・写真には著作権があります。販売も行っておりますので
無断で使用・転載する行為を固く禁じます。

コメントは基本的に悪質で無いものは承認する方向です。
ただ、メールで個別に対応することは時間的にも余程のことが無い限りできませんので
コメント通してすることになります。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター