BROMPTONのBag

08 06, 2013
BROMPTON12.jpg
さて、
3月に我が家に来た赤いBROMPTON M1L。すっかり自分の生活の一部となっています。
しかしながらこの暑さ。自転車にも乗れず(通勤以外)どこにも行ってません。

前回エントリーからの鞄つながりでは無いのですが、自転車に乗るときの鞄(荷物)の積み方の一考。
BROMPTONのバッグシステムは非常に優れています。
純正、非純正を含め大小様々なバックがオプションで揃えられており、フレーム部の接続ユニットにワンタッチで填まるように出来ています。故にハンドルに余計な加重がかからないのでハンドリングはほぼそのまま。これはBROMPTONの専売特許とも言えるべき優秀な要点で、このシステム欲しさに購入する方が居るのも頷けます。

このM1Lが来たとき自分はSバッグを購入したのですが、こうしたある種レトロ感が漂う自転車というのはこういうバッグが似合うのではないかと、見つけたのが、英Carradiceのシティーホルダーという写真のバッグです。
screenshot_839.jpg
見ての通りちょっとおしゃれな感じで(と思っている。)なかなか似合うのではないかと思っています。

Carradice は英国において70年以上の歴史を持つハンドメイドのバッグメーカー。写真を取り忘れちゃったけど、制作者のネームが入ってます。
但し、お世辞にも細部の出来が良いとは言えないのはご愛敬か。(笑)
screenshot_840.jpg
screenshot_841.jpg
後ろのポケットにペットボトルなどを入れておくことができ、非常に便利。
screenshot_842.jpg
こうしたアイテムを手に入れると、大体はどこかに行きたくなるのだが・・・
暑すぎて何処にも行く気が起きない・・。(笑)

Red BRO gives you wings.(レッドブロ、翼を授ける。) ブロンプトンM1Lが来た日。

04 08, 2013
screenshot_692.jpg
BROMPTON M1L
Kazz拘りの道具

さて、
この前「自転車が欲しい!」という心の叫びをエントリーしたと思うが(笑)、その声が届いたのか、我が元に赤いブロンプトンのM1Lという貴重な自転車がやってきた。
・・やってきた、っても買ったんだけどね。
2010年に台数限定で販売されたM1L。現在でもカスタムすればこの仕様に出来ないことはないのだが、時間がかかるし、かなり高い。正直ブロンプトンは日本では高すぎる。実際そんなに高い自転車では無い。

このブロンプトンと言う自転車は、簡単そうで実は複雑なパーツの組み合わせで出来ている。勿論基本フレームはどれも同一のモノだが、ハンドル、ギア、ステム、・・など細かくオーダーが出来たりするのだ。
DSC00129.jpg
例えば、ブロンプトンM1LのMハンドル形式。
真っ直ぐハンドルのS型と、ひらがなの「ひ」のようなこのM型、ちょっと表現できないP型とハンドルだけでも三種類ある。また、M1Lの1はそのままギア数を表す。この場合はシングルギア。
そして、M1LのLは泥よけの有無3種類の設定があり、Eが泥よけ無し、Lが泥よけ付き、Rが泥よけ+キャリア付き。と、こんな感じだ。
日本で最も売れているブロンプトンはM3Lで、これだとM型ハンドルの3速(内装)の泥よけ付き・・ということになる。
このブロンプトンは殆ど乗られていない新古品で、状態も非常に良く、ピカピカだ。よくぞ残っていてくれた。これも何かの縁だろう。(早速、サドル、スタンドなどプチ・モデファイ)

今更説明の必要も無いかと思うが、このブロンプトンという自転車は所謂折りたたみ自転車の一種で、英国において長い間モデルチェンジも無く、現在まで造られている非常に歴史ある自転車だ。デザインもさることながら秀逸なのはその折りたたみのメカニズムとその折りたたんだ時のサイズだろう。
そのため自転車を電車などに積み込む「輪行」においては無敵の強さを誇る。
screenshot_694.jpg
そのサイズに関しては、我が愛車のカプチーノと比べてもご覧の通りで、・・・
いや、これは逆にカプチーノの小ささを強調する写真になってしまうか・・。(笑)
いずれにしても約60×60×30(長×高×奥)センチの小ささは16インチでは驚異的。

そこで、試したかったのが・・。
カプチーノにこのブロンプトンは乗るか?・・、いや、
入るか?
DSC00090.jpg
結果はご覧の通り。歴代国産車の中でも多分10傑に入るであろう狭小空間を持つカプチーノでも・・
結構、余裕。サイズ的に入らないサイズじゃないことは何となく分かってたけど、空間的にどうかな・・っと。
運転することに危険な状況だとまずいのですが、これって法的に問題あるのかなぁ・・?
まだカプチーノ+ブロンプトンで旅に出ていないので何とも言えないが、これで旅の楽しみ方が一つ増えた。
カプチーノ+自転車の旅ってあんまり聞いたこと無いよな・・。

但し、これに伴う問題もある。
これにてカプチーノ助手席は占拠され事実上のワン・シーターとなった。
完全に一人しか乗れない。
こうなると黙ってない人が一人いる。
新しい翼を手に入れたかと思ったら、場合によってはヘシ折られかねない状況にもなった。(笑)
万事が万事上手くはいかないな。

自転車が欲しい。新車思案。

02 23, 2013
screenshot_566.jpg
さて、
週末ですな。
冬場はあまり動くことが無いので昨年の旅行関係をまとめようと思い徐々に蔵出ししています。

そうしたネタに留まらず、ちょっと建築から離れても書きたいネタは結構ある。(笑)
例えば、今、自分は自転車で職場に通っている。
1月になり寒い日が続いたが、ここ最近は少しだけ暖かく、自転車を走らせていても気持ちの良い日が続いていた。
だからといって休日に自転車で遠出をするわけじゃ無く、あくまで街乗り。だから、あまり速く走るのも好きではない。ジョギング程度のスピードで、写真を撮りながら走ったり、タラタラ風景を見ながら走るのが好きだ。

乗りもの好きな自分は、車以外にも自転車・バイクが大好きで、それなりに拘りがある。バイクは現在所有していないが、高校時代からずっと乗っていた。今でも欲しいと思うし、8輪生活は憧れだ。(車+バイク+自転車)
以前所有していた自転車も当ブログに何度か登場させようとした。が、この自転車はアクが強すぎ、カスタム具合を含め何かのキッカケで友人に検索でもされたら一発でバレてしまうような自転車なので、(笑)今日までその自転車の登場は無かった。
その自転車は訳あって、とあるところに行ったので、もはや手元にはなく、3台あった現在の愛車は2台。うち1台が扉の自転車だ。
バリバリのロードレーサーでは無く、ギヤもシングル仕様のもの凄くシンプルな自転車で、セミオーダーで造ってもらったものだ。
今の愛車は結構絵になる(と自分では思っている。笑)自転車だと思っているので、今日を機会に登場させることにし、いずれ新規でカテゴリーを作ることしよう。
screenshot_396.jpg
ところで、扉自転車の他に所有している通勤用の自転車は、ドイツr&mのBD-1という自転車なのだが、こいつが2002年製で10年以上走ってくれたのでそろそろ引退させようと思っている。(外見もボロボロなので。)
もう、結構前から新車を購入しようと考えていたが、なかなか決断が下せないでいた。
実は次の自転車の当たりも付けており、購入するかしないかは別として明日(購入資金を持参して)見に行こうと思っている。
ちなみに、いいなと思っている候補は、英国BROMPTON(ブロンプトン)とDAHONのPRESTO SLと言うモデル。いずれも折りたたみ自転車だ。
街乗りチンタラ仕様なので、軽さも伴って希望はシングルモデル。DAHONのPRESTO SLは初めからシングルなのだが、ブロンプトンには残念ながらシングルモデルは無い。(本国にはあるらしい。)一応オーダーという手もあるのだが、約3ヶ月、相当時間が掛かる。こんなに思案してる間に時間は経ってしまうのだが・・できれば今すぐにでも欲しい・・・。けれど無いんじゃ仕方ないので、外装2速モデルを購入し、以後カスタムで御茶を濁そうなんて考えていた。
この2台について欲しい比重はややブロンプトンだが、ブロンプトンのシングルモデルに関しては、少し前になる2010年、日本のブロンプトン取り扱いのプレミアム・ディーラー専用販売品として、カタログには無いシングルモデルが数量限定で発売された。非常にレアなモデルで、M1Lというやつだ。色は、赤のみ。
自分も、今もし買うなら赤が欲しいと思っている。これが在れば今すぐにでも買ったのだが、当然あるわけが無い。腰も結構痛いので、前傾タイプのSハンドルではキツイが、内装の3速は重くなるのでイヤだし。やっぱり最低でもMハンドルの外装2速。
現在のブロンプトンの赤のMハンドルモデルは、黒と赤のツートンカラーで、正直自分は好きではない。できればオールレッドのモデルが欲しいのだが、そうなるとハンドルやステムの形状が違ったり・・本当にブロンプトンというやつは色々面倒なのだ。(苦笑)
M1Lにしても、3年も前のモデルなので新品で残ってるワケはないしなぁ・・。

誰か、BROMPTONのM1L東京近郊で売ってるところ知りませんか。

プロフィール

Author:Kazz
Welcome to my blog

Kazz zzak(+あい。)へようこそ。
Kazz zzaK(+愛・逢・遇・合・・・ etc)
あい。は、人それぞれ。

英語で i は自分ということ。

Kazz zzak(+i)

色々な「あい。」と自分をプラスして
Kazz zzak+i=「Kazz zzaKi」

「カズ雑記」

身の回りの好きなこと。好きなモノ。
関心のある事。
写真と共に何でも書いていきます。

気に入ったらまた遊びに来てください。

尚、このブログ内全ての文章・写真には著作権があります。販売も行っておりますので
無断で使用・転載する行為を固く禁じます。

コメントは基本的に悪質で無いものは承認する方向です。
ただ、メールで個別に対応することは時間的にも余程のことが無い限りできませんので
コメント通してすることになります。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター