そうだ!京都を作ろう。

02 27, 2012
龍安寺  Ryoanji
Kazz日本全国古(いにしえ)の旅
龍安寺101
※3月1日かなり加筆・写真プラス。

現在JR「そうだ、京都 行こう」シリーズの最新CMの場所として流れているのは「龍安寺」
今更説明の必要もないが、ここは謎多き石庭としても有名な場所である。
15個に配置された石。
その配置や作庭そのものに何か意図があるのか、誰が造ったのか、いつ頃造ったのか、
すべて不明だ。
龍安寺1-11
見るものをあざ笑うかのような意味ありげに置かれた石の意図も、実は「何もない」かも知れない。
「考えるな、感じるんだ。」
誰かのセリフ(笑)ではないけれど、深く考えずに個人が思うところで良いのだ。

ところで、今回の「京都 行こう」のCMはクレーンか何かで土塀側からかなり俯瞰に近い状態で龍安寺を撮影している。
こういうカットは珍しいんじゃないか。
15個に配置された石が新鮮なカットで見ることができる。・・・筈だが、クレーンが低くやや角度が浅い。
ちなみに、JRのCMの最後のカットと同角度だとこんな感じ。

「ホラ、石庭が笑ってる。」

のシーンだ。
CMでは桜が邪魔して見えない感じだが、実際桜が無くても一番奥の石(土塀側)は見えない。
龍安寺 20-454
まっ、いいんだけど、どうせなら真俯瞰状態で撮影してくれると非常に良かった。

昔修学旅行で京都に行ったときこの龍安寺の石の15個を同時に見ることが出来れば・・なんたらかんたら・・
という説明を受けた。
それ以来この15個の石の配置の意味を考えたが答えはいまだに出ていない。
そして、この15個の石を一度に見る方法はただひとつ。
真上から見ることだ。
龍安寺44-41

つまり、真上から見ることによって何かがわかるかもしれない。(笑)

まっ、それは置いておき、龍安寺にはCMでわかるように一本の枝垂れ桜が石庭にかかる。
観光期の龍安寺は静寂さとは無縁の世界にはなっているが、この桜と相まって春の龍安寺の空間は素晴らしい。
昨年も訪れたのだが、今年もこの空間に身を置きたい。・・置けるかな・・。
龍安寺11-11
ところで、今回のエントリーに伴いザッと作成した試作CG(まだ石の配置と土塀をちょっとだけ。笑)なんですが、何かこういうのを作り出すと、最後まで作りあれこれやりたくなっちゃうんですよね。龍安寺のCGは謎が深いだけにかなり面白そう。
龍安寺77
龍安寺の石庭が遠近法を使って作成されているというのは有名な話。画だとイマイチわかりにくいが、CGであればよりわかりやすいだろう。ちなみに試作CGもやや左側が低くなっている。(わかるかな?)※龍安寺の石庭は方丈を背にすると排水の問題から左奥が一番低くなっているようです。写真は石庭の高低差を表したもので土塀の高低差では無いので注意。
謎の解明というか検証というのは結構行っている人がいるが、CGをゴチャゴチャ作っている人はいなさそう。
龍安寺11-121
シンプルが故の独特の雰囲気があり、京都の中でもかなり好きな場所だ。
実は石庭の石自体の配色にも工夫があり、膨張色として濃い色を手前、薄い色を奥に配置する手法を使い作庭したとも言われている。
龍安寺50-50
色々勉強にもなるし、やるかやらないかは別としても調べてみよう。今回行ったら詳細にテクスチャなども撮ってこよう。
けど、自分の事だから、始まったら長くなりそうだ・・(笑)
龍安寺41-58
龍安寺200
図面の取り込みもなく、大まかでザッと作った感じではやりがいがあり、正確な図面からもう少し時間を掛けて作り込めば良くなりそう。龍安寺は素材としてはかなり良いかもしれない。ただレンダリングするとこの様か。(泣)
相当に煮詰めて、空撮アニメーションから謎を解いていくか。
龍安寺 カメラ
龍安寺 カメラ割り
・・というわけで、現在龍安寺に実写では絶対に出来ないCGムービー用の垂直移動空撮用カメラ、また、上空横断移動用カメラ、水平移動用カメラの3台を設定中。公開は・・上手くできれば。・・・未定・・?(笑)
何となく新カテゴリーに加えたい気分だがこれ以上風呂敷を広げるとたためなくなるかも。

いやいや・・まずは投入堂が先。(笑)


ともあれ、今年の春はCMの影響もあり龍安寺は混むかもしれないなぁ・・。


ⓚAll Rights Reserved. Photo by Kazz with GXR A12 28mm 50mm
ⓚCG Kazz zzaK (+あい。)

自力で集められるかっ!?「ご当地フォルムカード」第4弾登場!

02 23, 2012
ご当地フォルムカードGotouchi-forum-card
Kazzクリエイティヴな世界
フォルムカード3
さて・・・。
「ご当地フォルムカード」というものを御存知でしょうか。

この間オフィシャルカードではない究極の自己満足カード、「国宝カード」のエントリーをしたと思うのですが、カードというものを色々調べているうちにこの「ご当地フォルムカード」にぶち当たりましたので、ちょっと話をさせてもらうとしよう。

実はこの「ご当地フォルムカード」の第1弾は2009年の発行で「いまさら」なアイテムなのだが、発売当初少し話題になりはしたのだが、一部のマニアを熱くしただけで大ブレイクというまではいかなかった。ただ、先頃第4弾まで発売されているところをみると、熱さは徐々にではあるが右肩上がりというところだろうか。

ところで、こうしたカードが販売されていることは意外と知られていない。というか、大々的に宣伝をしているわけではないので一般的な認知度は限りなく低い。事実、自分の周りの人間に聞いても知っている人間はいなかったという驚きの認知度だ。
かくいう自分も知ったのは第2弾からで、それも鳥取県のカードの絵柄が「投入堂」であったからで、何となくの知識しかなく詳しく知っていた訳ではない。
説明の順番が狂ったが、「ご当地フォルムカード」とは、簡単に言うと、ご当地のイラストが描かれたポストカードである。無論ポストカードと名が付いているので、これ自体でハガキとして送ることができる。発行元は各都道府県の郵便局だ。

結論から言うとこれは素晴らしい。

フォルムカード4
すべては仮面ライダーカードから始まった。
カード収集の歴史といえば・・・
昭和40年代に爆発的に流行ったカードというものがある。
それが、社会現象にまでなった「仮面ライダーカード」だ。
いわずとしれた仮面ライダーカードについては今更説明の必要はないだろうが、簡単に言えば、現在でも見られるようなお菓子(スナック)のおまけカード、その元祖とも言えるものだ。当時一袋30円だったライダースナックにカードが一枚付属している。そのカードは正規のナンバーで500種類以上有り、地味な変更点や改訂などによるミニマムな違いなどを総合すると実に1000種類ぐらいあるとも言われる。現在でもコレクターズアイテムとしてジャンルが確立されており、レアカードは結構な額になる。中には極めて希に「ラッキーカード」といわれるレアなカードが入っており、このカードをカルビーに郵送するとライダーカードを入れるアルバムがもらえたのだ。このアルバムもバージョン違いで何種類もあり、これまた仮面ライダーカードと共にコレクションの対象となっている。但し、このラッキーカードに少年達は悩まされた。なぜなら、このラッキーカードはアルバムと引き替えになっており、戻ってこなかった。コンプリート優先か、アルバム優先か、幼き心に究極の選択があたえられたのだ。(笑)

・・と、このように一口に500種類といってもその収集の大変さは子供にとっては限りなく高いハードルだった。
集められる範囲はせいぜい近所・学校の友達ぐらいで、数十人程度。もちろんインターネットが無い時代、当時としては少ないお小遣いからひたすらライダースナックを買うしかなかったのだ。
そして、このライダーカード収集はカードを集めていない友達をも巻き込み、非情な様相を呈するのである。
中でもこのカードを集めていない友達は「地獄」だった。
集めていないので仲間にも入れないし、かといって仲間はずれになるわけにもいかない・・・そこで、カードを集めていない友達は食べきれないスナックを「ひたすらたくさん食べる役」に徹せられるのだ。(笑)そんなにまずいものではなかったが、ライダースナックは、・・甘い。塩味だとまだ食べられそうであるが、甘いお菓子は限界がある。今思うと結構な思いをして食べていた。
子供が全勢力を込めて行う「子供なりの子供買い。」とでも言おうか。・・今思えば笑い話だが、そうでもしないと500種類のカードというのはとてもじゃないが集まらなかったのだ。
実は文頭のライダーカードに纏わる「社会現象」とは、食べきれなくなったライダースナックを土手や空き地に大量に捨ててしまう輩が全国規模で大勢いたということに端を発しているのだ。勿論、そうしたのはおそらくは大人だと思われる。少なくとも自分の周りでは勿体なくてそんなことをしたヤツはいない。

ご当地フォルムカードの意外な良さ。・・と意外な盲点。
カード収集は楽しい。それが何の役に立つか問われると答えに詰まる部分もあるのかもしれないが、困難であれば困難であればあるほど燃えるのだ。
それがカード収集というものである。

さて、話がだいぶそれたが、フォルムカードである。
このフォルムカードはその名の通りフォルム=姿・形を持ったカードである。
巷に良くある四角いポストカードではなく、47都道府県の各地の名所や名産など、「ご当地」をそのまま形にしたものだ。
フォルムカード2
例えば自分が住んでいる東京の場合、↑東京タワー・・という風に。(東京タワーは第2弾。扉の上野動物園は第3弾。)
姿も東京タワーにあわせ実に良くできている。
これはありそうでなかったものじゃないのか・・。
集めたくなる様なイラストも良いし、ご当地の特徴が自然と入ってくる。勉強にもなり子供にも受けるかも知れない。このカードを使って色々な遊びが出来る。
何か持ってるだけで楽しくなりそうだ。
これは第4弾まででるわけだ。

・・ただ、・・問題がひとつだけある。

この、ご当地フォルムカードは完全な各都道府県限定。つまり、東京で神奈川のカードは購入できないのだ。さらにつまるところ、47枚のカードを集めるにはそのご当地がある郵便局に足を運ばなければならない。
当たり前だが、これは自力で集めるには難易度が非常に高い。売っている場所も郵便局ということで平日しかない。休日にちょっと隣の県まで・・というわけにはいかない。
また、現在は第4弾が発売中で、発売済みの第1弾~第3弾は既に完売というところもある。
購入ついでに聞いてみたのだが、最新弾発売に伴い前バージョンを回収したりすることは無いそうです。なので、残っているところには残っているということです。事実、自分も第2弾の東京タワーを偶然にも最近見つけました。また、これは自分で確認したわけではないのですが、場所によっては再販などもしているとか。(未確認です。)
とはいえ、オークションなどでは「ご当地フォルムカード」と検索すれば結構な数が出ているし、ブログなどでも交換の呼びかけがあり、「仮面ライダーカード」の時代に比べれば集めるのはそれほど難しくないのかもしれない。

・・っにしても、コレクター心をくすぐるねぇ。郵便局さん。(笑)

例えば、高いお金を出してオークションなんかで競り落とすのは違う気がするし、何となく集まってきた・・というのが理想だが、集めるには友人親戚集めて送ってもらうしかないかな。
自分も何となく購入してはみたけど、集めるには相当難航しそうだ。旅行で気がついたときに購入してみよう。
楽しみが増えた。

おっと、余談だが、購入する際ご当地フォルムカードを5枚買うと、1枚同じ形をした「ご当地ミニカード」(非売品)がもらえる!何という商売上手。そして、この手のカードにつきものの収集用の専用ファイルが最近売り出された。

わかってるねぇ、郵便局さんよ。(笑)



匠海と書いて「たくみ」 幻の「えび」捕獲。

02 18, 2012
かっぱえびせん 匠海 Kappaebisen Takumi
Kazz日本全国お菓子の旅
かっぱえびせん 匠海1
さぁ、今回は非常に珍しいものを頂いた。
といっても知っている人は御存知だろうが、どこかで見たパッケージ・・、いや、全然違う。
そう、カルビーの「かっぱえびせん」の究極版!なおかつ、「幻」の冠付き。

「かっぱえびせん・匠海(たくみ)」だ。

話はいきなりそれるが、スナック菓子御三家・・と個人的に位置づけているのは、「サッポロポテト」「カール」そして、「かっぱえびせん」だ。この御三家の中での歴史はかっぱえびせんが最も古い。その前身である「かっぱあられ」は1950年代後半に誕生している。「かっぱえびせん」は1964年。東京オリンピック開催の年に生まれた。約半世紀も造り続けられ、もう、ノーマルそのものが「匠」みたいなものだ。

話を戻そう。
で、匠海だ。
まず何が違うって、このパッケージからひとつ開けた感じが全然違う。
ひとつひとつ高級そうに(というか高級なんだけどね。)和紙っぽい紙に包まれている。
このパッケージは以前はカラーで赤いエビが描かれていたのだが、新パッケージはゴールドっぽい黄色。更に高級感が増した。
匠海2
以前からテレビなどで取り上げられていていつかは食べてみたいと思っていたのだが、いかんせん速攻で売り切れてしまう商品。今回贅沢にも沢山頂いた。こんな貴重な食べ物を、ありがとう。
匠海6
ともあれ、早速見てみよう。
オイオイ、チョット待て、この、・・サイズがでかい。
ノーマルのかっぱえびせんと比較してもこの大きさ。
匠海3
開けただけでエビの良い香りがする。

このかっぱえびせん匠海は、広島県で製造されている。
同県のデパート「福屋」さんで手に入れたそうなのだが、ちょっと未確認なのだが、どうもここでしか手に入らないようだ。
匠海5

とにかく、その拘りは、素材であるエビを瀬戸内の天然物とし、塩も手間暇掛けた「藻塩」にするなど、まさに究極の逸品。もの凄い手間がかかっているようだ。
ちなみに、包装紙も専用のもの。大きさは2種類有り、30枚入りと10枚入り。それぞれ1800円と600円だ。
匠海 包装紙
1964年にかっぱえびせんが誕生して今日、究極の味を持ったこの匠海を食す。

おっ、・・一口食べると確かにかっぱえびせんだが、かなり違う。
塩味は全面的に押さえられていて、エビの風味を前面に出す。ややノーマルのかっぱえんせんより固い。
高級なエビ煎餅。それでいて、ネジのような(表現が悪いか・笑)溝の切ってある食感はまさにかっぱえびせん。
匠海4
これは・・。

「かっぱえびせんのようで、かっぱえびせんではない。しかし、かっぱえびせん。」

何か禅問答のようだが、これはそうとしか言いようがない。
「幻」というだけあってなかなか手に入らないものだが、是非この「幻」のエビを捕獲してくれ。


ⓚAll Rights Reserved. Photo by Kazz with GXR A12 50mm

修学院離宮 エントリーしたくても出来ない場所 

02 14, 2012
修学院 遠景
修学院離宮 上の御茶屋・隣雲亭から望む眺望

昨年度の旅行で行った「修学院離宮」
現在NHK「極上美の饗宴」で修学院離宮を特集中。これにともない過去の記事に対してのアクセス数が上がった。
NHKは以前似たような桂離宮の特集をやりましたが、これは参観の際に非常に役に立ちました。
自分もこういうものを見ていると、ちょっと写真を引っ張り出して見たくなります。

素晴らしい場所で、もう一度行きたい場所でもあるのですが、当ブログでは未エントリー。
他のエントリーを見てもわかると思いますが、(特に常連さんには・笑)自分のブログはエントリーがひたすら長い。よってエントリーするまでの時間も非常に長い。
写真なども自分で気に入ったものをアップしているので、「やっぱり気に入らない」となると、後で平気で差し替えたりしています。

当ブログでも実はエントリーしたくても、まだできない建築や場所などがいっぱいある。
この「修学院離宮」「桂離宮」一昨年行った「西本願寺飛雲閣」など・・。
最大の理由としては、

「気に入った写真が無い!」

という単純な理由だ。(笑)飛雲閣は写真すらない。(撮禁なのであたりまえだが。)建築的には非常に掘り下げて見たいのですが、せめて自分で撮影した写真が何枚か欲しい。
あと、こうした場所をエントリーする際には最近必ず何かしらのCGを使うからだ。意外と時間が掛かる。
かといってあんまりありきたりなのもつまらないし。
というわけなので、撮影した写真の中に一枚でも気に入ったのがあれば何となく「書いてみようかな」ということになるのだが、「修学院離宮」「桂離宮」はレンズが故障したこともあって最悪な結果となってしまった。
修学院 一二三石
しかし「修学院離宮」というのも綺麗な場所だ。
写真は、上御茶屋(かみのおちゃや)一二三石。(ひふみ・いし)土間の漆喰に埋められた鞍馬の赤石と鴨川の真黒石(まぐろいし)が「一・二・三」とランダムに埋められている。
洒落てる。
修学院客殿杉戸絵
中御茶屋(なかのおちゃや)の客殿杉戸絵 
夜な夜な襖の鯉が逃げ出して池で泳ぐので、襖に後から書いた金の網を掛けてある。但し、網を掛けたのは良いが、更に鯉が暴れたため一部網が破れているというこの遊びのセンス。
桂離宮もそうですけど、この修学院離宮も小ネタ満載なんですよね。
修学院 霞棚1
ところで、中御茶屋の客殿一の間の「霞棚」(かすみたな・かすみだな)
桂離宮の「桂棚」醍醐寺の「醍醐棚」と並ぶ天下の三名棚と呼ばれる素晴らしいものですが、御覧の通り手前に柱があり、全体を写すとなるとかなり難しいもので、どうしても邪魔になってしまいます。
27ミリ相当のレンズでこれなので、ちょっと無理なようです。向かって左側から狙ってギリギリで入るかどうか。(多分無理かなぁ・・笑)
そして、引手などを撮影する際は、畳の上に上がれないこともあり望遠レンズが必須です。是非頑張ってみてください。(結構距離があります。)

休みの見通しが立たないのでなかなか計画がたてずらいけど、特に「桂離宮」と「修学院離宮」については今年中にもう一度ずつ行って他のブログで見られないような形でなんとか紹介したい。

12.02.08 Merrill's インパクト

02 10, 2012
SIGMA DP Merrill
SIGMA DP Merrillのカタログからお借りしました。

既に皆様ご承知。

2日間日を置いたのは、冷静になるため。(笑)
まったくSIGMAには驚かされたものだ。
2010年9月のフォトキナで事前に何ら噂のないSD1という超弩級の隠し球が用意され、その登場に度肝を抜かれたが、今年も土壇場になってこれだけのものを持ってくるとは、正直驚きを隠せない。

昨年、いや現在進行形ともいえることだが、東日本大震災や福島原発問題、かつて無い大震災と円高による未曾有の危機により、SIGMAを取り巻く環境は決して良いとは言えなかった。
寧ろ最悪だったといえる。
その中でこれだけのサプライズをキッチリ用意してきたことは相当に評価できると思う。
かくして、結果は・・もう言わなくてもわかるだろう。(笑)

SD1 Merrill DP1/2 Merrill。
MerrillはFOVEON開発者のひとりである故人ディック・メリル氏にちなんでのネーミングらしい。
人の名前が冠されるとは珍しい。

発表された3台のうち個人的に最も興味があるのはSD1Merrill。
3月の発売をめどに準備を進めてくれているようだ。
これが本当であれば、早い人は桜が咲く頃には手にしているかも知れない。

11月にSD15を購入した身としては、その頃には無理かも知れないが、SD1Merrillは早いうちに間違いなくこのブログに登場するはずだ。

ただ気になることが無いわけではない。
シグマ側は早くもその価格に対して「20万円前後」という具体的な数字を出してきた。
この発言で購入予備軍のユーザーにはおおよその価格がインプットされた。「20万円台」ではない。
前回と同じ轍を踏まない為にもここはキッチリいかないといけないだろう。また、既にSD1を購入済みの方対象の40万円相当のポイントバックについても、中古購入など諸々の問題を含め詳細が発表されたら一波乱あるかも知れない。ここをスマートにいけるかどうかで印象的に大きく違う。

ところでSD15はどうなるのだろうか。併売されるのか。
実際問題として、ボディ自体はSD1に比べればややプアな印象を受けるが、問題ないし、印刷の際かなりの引き延ばしが必要な場合などの特殊用途を除けば、ソフトの熟成具合も含めてSD15の方が動作が軽快だという話も聞く。
SD1Merrillが例え20万円で発売したとしても、SD15の現在の市場価格は既にその四分の一程度に下がっている。
そういう意味ではSD15が魅力的であることも言えるのではないか。
尚、余談だがSD15を売却するつもりはないので、SD1Merrill購入後はこの2台体制になる。個人的にも自らの撮影でどのくらいの違いがあるのか、ちょっと感じてみたい。

いずれにしても、SIGMA SD1Merrill。
よく世に出てきてくれた。

SIGMA渾身の一台をしっかりと味わってみたい。

楽しみながら待つことにしよう。

プロフィール

Author:Kazz
Welcome to my blog

Kazz zzak(+あい。)へようこそ。
Kazz zzaK(+愛・逢・遇・合・・・ etc)
あい。は、人それぞれ。

英語で i は自分ということ。

Kazz zzak(+i)

色々な「あい。」と自分をプラスして
Kazz zzak+i=「Kazz zzaKi」

「カズ雑記」

身の回りの好きなこと。好きなモノ。
関心のある事。
写真と共に何でも書いていきます。

気に入ったらまた遊びに来てください。

尚、このブログ内全ての文章・写真には著作権があります。販売も行っておりますので
無断で使用・転載する行為を固く禁じます。

コメントは基本的に悪質で無いものは承認する方向です。
ただ、メールで個別に対応することは時間的にも余程のことが無い限りできませんので
コメント通してすることになります。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター