通勤時の楽しみ

09 27, 2014
screenshot_1529.jpg
さて、
まずは、何の変哲も無い一枚の写真。
これは、一反置いといて。

個人ブログなので個人的な話しをしますが(笑)表題「通勤時の楽しみ」っていう感じだと「通勤時、同じ車両に乗り合わせる美女を見ること」(アブナい・・・。)なんていうのが理想なのかもしれませんが、生憎、電車通勤ではないのでそのようなことは残念ながらありません。
とはいえ、職場は最寄り駅から5つを数える距離にあり、本来なら自転車通勤なのですが、約一年三ヶ月前ぐらいから身体をかなりハードに鍛えており、その一環として朝は自転車を使わず片道約9キロを毎日ウォーキングで通勤しています。
そのため、お弁当などを作る時間を含め朝は5時起き。時間は約一時間半掛けて歩きます。
そんな甲斐あって身体自体は結構良い線行ってると思っているのですが、一時間半も集中して歩くと時にはつまらなくなるものなのですよ。
ですので、最近はその中でも自分なりの楽しみを見つけて一喜一憂しています。(寂しい・・・笑)

で、冒頭の写真に戻るのですが、何かが写ってるんです。
・・・あっ、写っちゃいけないのモノが写ってるわけじゃないです・・・。
screenshot_1532.jpg
正解は、翡翠(カワセミ)です。
野鳥には興味ないんですが、最近結構目立って飛んでるんですよね。小さい頃は意識しなかったせいか殆ど見かけなくて、ホント、最近気になり始めました。気がつくと通勤時の皆さん気になっているようで(特にご年配の朝の散歩チームの方々)ジッと見ていると川の反対側にもギャラリーが出来ていたりします。
この間はダイビングからの捕食シーンを初めて目の当たりにして感動しました。カワセミ自体は小さいんだけど結構でかい獲物を狙うんですよね。望遠レンズを持っていないのでこれで精一杯でしたが、小さいながらもダイナミックなシーンを我々に見せてくれるカワセミ君に一時の癒やしを与えて貰ってます。

ちなみに、自分も勉強したのですがカワセミの雄と雌の違いってわかります?
鳥って大体「雄が派手で雌が地味」みたいな定説があるのですが、カワセミは外見が雄雌が殆ど同じ、という珍しい鳥らしいです。
で、その中でも唯一の違いがあって、くちばしの色が上下黒が雄雌は上が黒で下が黄色(オレンジっぽい)という違いがあるということです。
それからすると・・・。
写真のカワセミはどうやら雌のようです。ただ、警戒心がすごく強い鳥なのでそれを確認する前に逃げられちゃうんですけどね。(笑)

清流にしか住まないと言われるカワセミですが、この川は水質こそ綺麗なものの、近年産廃など投げ入れたと思われるゴミなどが結構目立ちます。ホントになぜそういうことをするのか理解できない。
こうした川の汚れって人間の道徳心を映す鏡みたいなもので、心ない人たちによって汚されればいずれこうした鳥も逃げ出していくことでしょう。
いつまでも綺麗な川であって欲しいと心から願う。

いよいよ公開!京都2014年秋の特別公開 孤篷庵 茶室「忘筌」を見逃すなっ!

09 19, 2014
さて、
日に日に空気も冷たくなっていき、秋の行楽シーズンが目の前に迫って参りました。
秋といえば例年ですと11月頃には京都に行くのですが、ここ最近は紅葉のシーズンをわざと外して(少し前に)行っていたのですが、どうやら今年もそうなりそうです。
というのも、表題通り。今年の秋は個人的な目玉として、前々から見たいと思っていた
孤篷庵(こほうあん)の忘筌(ぼうせん)が公開されます。2014/9/28(日)~10/9(木) 10:00~16:00(受付終了時間)
今更説明の必要も無いと思いますが、この孤篷庵は大徳寺にある塔頭のひとつ。普段は拝観謝絶で中に入ることはできません。
確か記憶では一般に公開されたのが2011年秋で約3年前。その前は忘れるぐらい前。(笑)そのぐらい珍しい公開なのです。
screenshot_1524.jpg
忘筌試作1
screenshot_1527.jpg
忘筌試作2
この忘筌は京都三名席の一つに数えられ小堀遠州晩年の最高傑作とも言われています。
四枚の襖が上から半分まで閉まった写真を見た事がないでしょうか?
そうです、あの茶室です。

この孤篷庵、昨年の公開などでは忘筌席自体しか見ることができないようだったが、今年は前庭などが見られる「直入軒(じきにゅうけん)」や、あの龍光院密庵の写しとも言われる山雲床(さんうんのじょう・さんうんしょう)も同時に公開されます。これは必見でしょう。

ところで、密庵と言えば当ブログでも取り上げましたが↓(クリックで新しいウインドウが開きます。)

開くか !? 禁断の向こう側。そこは「日本一見ることが難しい国宝」と呼ばれる場所。

孤篷庵と龍光院は非常に深い関係にあります。もともとは龍光院内にあり、その後焼失により現在の場所に造られたそうです。忘筌といい、山雲床といい、見応えがある特別公開になりそうです。
screenshot_1526.jpg
龍光院 密庵
繰り返しますが、孤篷庵の公開はかなり限定されたもの。次はいつになるか分かりません。
トラブルでも無い限り自分も行く予定ですので、帰ってきたら何らかの形でエントリーしようと思っています。

長いようで短い。ブログ開設から4年。5年目に突入。

09 13, 2014
4syunen.jpg
RICOH GXR A12 28mm

さて、
表題通りなんですけど、今月の8日をもってブログ開設から4年が経ちました。
いや〜、早い。もう4年もやってるんだという印象です。(笑)
一応、最初に始めるとき「5年は絶対にやろう」と考えていたので、まぁ、とりあえずこのペースでいけば投げ出さずに当初の目標は達成できるでしょう。
今日までの記録を調べてみると、下書きの状態を含め記事のエントリー数は約400なので、計算すると4日に一回は何らかの記事をアップしていることになります。我ながら結構なペースで書いてんだな。(笑)
始めた頃は当然ながら人が来なくって「やってる意味あんのかな?」って思っていたけど、丁度以前所有していたRICOHのGXRの記事を書き出してからチラホラと人が来るようになって嬉しくなったのが思い出されます。
やっぱりこういったものは、不特定多数の方に向けてエントリーを行っているので、人が来ないっていうのはモチベーションの低下になるし、来すぎても逆に「何か書かねば」とプレッシャーになったりするし。難しいですけど、適度に来て頂ければ(笑)と、思っています。

当ブログはいつの頃からか「なんとなく国宝建築が気になる人のためのゆる〜いブログ」なんて側面を持ち合わせるようになりました。縦軸としてはそれが続くんですけど、内容はご覧のように決してそればかりでは無く、エントリーは本人が気になること全般というスタンスを貫いていくことでしょう。その中でも、より個人色を出していきたいですね。

もし、よろしければ、是非これからもお付き合いください。

また、常連様はじめ今日までに17万人以上の方に訪れて頂き感謝いたします。

比類無き造形美!?『日本一複雑な屋根』を持つ神社を『日本一単純』に。『紙の神』を祀る福井県越前市 大瀧神社

09 06, 2014
大瀧神社扉3

建物記ファイル№0055
大瀧神社
otaki jinjya

さて、
日頃から国宝建築を見てはエントリーを行う当ブログですが、面白い建築であればもちろん国宝に留まりません。
そんな中、「日本一複雑な屋根」を持つと言われる建築があるんですが、ご存じでしょうか。
screenshot_1473.jpg
まっ、写真上がそれなんですけど、正面から見ると何となく違和感はあるのですが、いたって普通・・・そうでもないわけなんですよ。
ところが、横に視線を移すと・・・
screenshot_1471.jpg
「ぐおぁ、何ですか、これは?」
ってな具合で、凄いことになってます。
入母屋造りに千鳥破風に唐破風。また入母屋に唐破風・・・一体何がどうなって、こうなってしまったのだろうか?
というわけで、当ブログのテーマでもある『建築はエンターテインメントだ!』を軸に、今回はこの
「日本一複雑な屋根を持つ、大瀧神社」を「単純」に「分かりやすく」エントリーしていこうと思います。
screenshot_1472.jpg
福井県越前市。この越前に全国でも唯一と言われる「紙の神」を祀る神社がある。それが大瀧神社だ。(岡本神社)
この地、越前に古くからある言い伝えによると、それは、今から約1500年ほど前の話。

この村に流れる岡太川の上流に突如として、それはそれは綺麗な姫が現れ村人にこう話しかけたそうだ。
「この地は谷間で田畑が少なく生計を立てるには苦労するであろう。しかしこの地は綺麗な水に恵まれておるので紙を漉けば良いであろう。」
と言い、その技を伝授したそうだ。この姫に村人は問いかけたが「岡太川の川上に住む者」とだけ言い残し、忽然と消えたという。村人はその通りに紙造りを始めるとその紙はたちまち評判になり、その後この地は全国でも有名な紙造りの里になった。村人はたいそう喜び、この姫を「川上御前」として祀ったそうだ。


こうした「川上御前」伝説が残るこの越前に紙の神様を祀るために建てられた大瀧神社は江戸時代後期に現在の場所に建立されました。周りを木々が取り囲むとても静かな環境にあります。
screenshot_1501.jpg
駐車場から少し広めの境内に入ると森林浴そのまま、木々の匂いが感じられます。
本殿・拝殿は一段高い部分に建っており、階段を上がるとすぐに見えてきます。
screenshot_1502.jpg
冒頭でも触れましたが、大瀧神社。正面から見ると・・・ただの神社じゃないという匂いは漂っていますが、まだこの段階では普通なんですよね・・・。(笑)
この大瀧神社は元々が「流造り」として生まれたんだろうけど何らかの理由により現在の姿になったんだろうね。この経緯について詳しくは不明です。
大瀧神社=屋根みたいなところがあるのですが、屋根の話しに入る前に、日本の主な神社(本殿)の基本的な造りを説明すると、大体五つに(様式)分類されます。神社の五大造りとでも言いましょうか。
まずは、
「春日造り」(かすがづくり)
「大社造り」(たいしゃづくり)
「神明造り」(しんめいづくり)
「住吉造り」(すみよしづくり)
そして、「流造り」(ながれづくり)
この五つです。(もちろんその他にもあります。)
中でも出雲大社(大社造り)や伊勢神宮(神明造り)などに代表される地域独特の形式や、春日造り、流造りなど一般化によく見られる形式など神社の形式というのは実に様々あり、実に面白い。それほど難しくはないので少しだけでも理解すると鑑賞において一層楽しめることと思います。
では、話を戻すと、この大瀧神社の場合は正式に何造りになるのでしょうか?
screenshot_1506.jpg
正解は向拝付きの「流造り」向拝とは屋根が手前側に延びた部分のことでお参りするときに丁度上に来るところ。(笑)
日本の神社では一番多い形式です。例えば上のような、こんなのですね。近所にありませんか?
ここまで来て、「えっ、大瀧神社とは結構違うじゃん?」と思われた方も多いと思うのですが、大瀧神社の場合、後ろの本殿と手前の拝殿が一つの屋根によりくっついているので、見た目は一般的な流造りと違います。
ちなみに、拝殿は付属施設として平安時代頃から造られるようになったようです。
SDIM4798.jpg
ところで、
この大瀧神社を造ったのは大久保勘左衛門なる人物。永平寺勅使門(写真上)などを手がけた名棟梁です。なるほど、意匠は大きく違いますが、言われると大瀧神社の細部と彫刻の感じはよく似ています。
自分も実際に永平寺に足を運んで見てみたのですが、荘厳な門という感じで大瀧神社ほど特殊な感じは受けなかった。(というか、永平寺の唐門には規定で近づくとこができないのでわからなかったのが正直なところ。)
だが、ここではこの大久保勘左衛門、その個性をいかんなく発揮(?)し、いかに独創的な意匠を取り入れるかに懸けてたんでしょうか。いずれにしてもパッっと見でここまで複雑な屋根は見たことがありません。(笑)「日本一複雑な屋根」の異名もつ神社であることも頷けます。

この大瀧神社の周りには高台がまるで無く、視点は平地からですので分かる範囲は限界があるのですが、WEB上でも高い視点からの画像は見つかりませんでした。また、修理などもおこなわれているので図面が存在するはずですが、然るべくところに行かないと入手は難しいでしょう。
まぁ、こういった場合当ブログの売りである「下手CG」の出番ですので、早速この日本一複雑な屋根を単純化してみましょう。
screenshot_1484.jpg
改めて見てもめちゃくちゃ個性的な屋根ですな。
言うまでも無く、奥の一段高くなっているところが本殿、手前が拝殿です。
一つの屋根・・・というよりも、二つの屋根を巧みに交差させ一つに見せているのがわかります。
screenshot_1518.jpg
あっ、結構違うな。(笑)
唐破風の反り上がりの角度は愛嬌。屋根の構造自体は合っていると思うので勘弁してください。
あと、レンダリング済み画像だと造り込みとテクスチャが無く、思いの外ノッペリしてしまったので、分かりやすい分割線が入った未レンダの画像の方を使います。側面図(後は写真)のみからの起こしで、基本的な部材以外は簡略化しているのであまり突っ込まないでください。(笑)
大体平地目線だとこの辺りの角度が限界なのですが・・・。
ここでは一気に視線を上げていきます。
screenshot_1509.jpg
まずは正面です。同じ正面でも視点が下の場合は「あれ、何か違うか?」という程度ですが、これこそ大久保勘左右衛門が狙っていたものなのでしょうか。一見普通に見えて、実はひと味もふた味も違うぞ。というような。
いずれにせよ視点を上げるとご覧のように個性爆発です。複雑な屋根ではありますが左右はシンメトリーを保っています。
こうみるとよくわかるのですが、人々の視線がもう少し上からならば「非常に美しい神社」として名を馳せることもできそうな造型なのではないでしょうか。
screenshot_1510.jpg
screenshot_1520.jpg
側面はWEB上にあった側面図から起こしています。こうした屋根を持ちながらバランスは崩れていませんが、本殿の千鳥破風から拝殿の唐破風まで正比率を保たないで下っていきます。本殿の唐破風のみがチト低いです。
理由はわかりませんが何となく気になる部分。
screenshot_1516.jpg
実際のサイドビューはかなりの迫力。
screenshot_1508.jpg
と、ここまで視線を上げると下からでは分からなかった屋根の詳細がわかるようになります。
だけど、こう見ると意外と「出オチ」的なところがあって、複雑さもあまり感じないし、本殿と拝殿を一体化した良い意匠であることがわかりますね。わざと奇妙な感じを狙ったのでは無く、自信を漲らせて造っている感じがする。嫌いじゃ無いです。(笑)
それこそ江戸時代ぐらいの神社形式だと殆ど場合定型化しているんだけど、あえてそれを破りこうした意匠にすることは何らかの意味を持ちそうなのですが、今となってはよくわかりません。
screenshot_1521.jpg
改めてやるまでもないんですが、屋根構成を色分けするとこんな感じです。
拝殿の方に目が行きがちですが、こう見ると本殿の流造り、本殿の屋根に突き刺さるように設えた千鳥破風+唐破風は大きさの違いだけで意匠はほぼ同じだと思われます。千鳥破風+唐破風の組み合わせに関しては城郭建築などで見られる優雅な意匠に似ていますね。
ootaki3.jpg
総じて「日本一複雑な屋根を持つ神社」とは、単純にゴテゴテ装飾を施し「複雑」に見せているのではなく、かなりの計算により美しく仕上げられた屋根という印象です。
大瀧神社が建立された当時周りの評判というのはどうだったのか?それを考えると少し面白いです。おそらく、シンプルさに欠け「なんじゃこりゃ」的に賛否両論あったのではないでしょうか。それが400年以上経ち「日本一複雑な屋根を持つ神社」として全国から多くの人を集めることができるようになるとは当の本人も想像し得なかったことでは無いでしょうか。
棟梁である大久保勘左衛門がなぜこのような形に拘ったのか、「紙の神」を祀る神社として何らかの形を狙ったのだろうけど、本殿の頂点から流れるように拝殿の唐破風まで連続する様はもしかしたら川上御前伝説に纏わる岡太川の上流から下流までの流れと「川上御前」に対する信仰の深さを表現したものなのかもしれないと感じました。

この大瀧神社は国宝では無く重要文化財という位置付けだが、こうした面白く素晴らしい建築はまだまだこの日本には沢山ある。
日本一複雑な屋根を持つ神社。形こそ複雑だが、実はシンプルな思想のままに建てられたのかもしれない。

プロフィール

Author:Kazz
Welcome to my blog

Kazz zzak(+あい。)へようこそ。
Kazz zzaK(+愛・逢・遇・合・・・ etc)
あい。は、人それぞれ。

英語で i は自分ということ。

Kazz zzak(+i)

色々な「あい。」と自分をプラスして
Kazz zzak+i=「Kazz zzaKi」

「カズ雑記」

身の回りの好きなこと。好きなモノ。
関心のある事。
写真と共に何でも書いていきます。

気に入ったらまた遊びに来てください。

尚、このブログ内全ての文章・写真には著作権があります。販売も行っておりますので
無断で使用・転載する行為を固く禁じます。

コメントは基本的に悪質で無いものは承認する方向です。
ただ、メールで個別に対応することは時間的にも余程のことが無い限りできませんので
コメント通してすることになります。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター