当時のビッグ・プロジェクト? 常盤橋 都内現存最古の石橋の見学会

06 26, 2016
DSCF3858.jpg
さて、
相方が面白そうな見学会のチラシを持ってきた。・・・というか、申し込んだ。
千代田区大手町の「常盤橋」もともと江戸城枡形門のひとつで、都内では実際に供用されている最古の石橋だ。
東日本大震災の影響で以前から修理していたのだが、見学会が開かれることになった。(以前も行っている。)
あくまで往復ハガキによる抽選(?)なので行けるかどうかわからないのだが、これは是非見てみたい。

橋の造形美については以前から当ブログでも取り上げているが、最近では、
DSCF1841.jpg
大月市の猿橋。(山梨県)
P1020028-1.jpg
餘部橋梁。(兵庫県)
角島2
角島大橋。(山口県)
P1030118.jpg
タウシュベツ橋梁。(北海道)
P1020073.jpg
錦帯橋。(山口県)

などなど色々あります。
ただ、今回のように橋の修理現場にお邪魔したことはありません。
常盤橋は寛永6年(1629年)に築かれました。当時としては中ぐらいのプロジェクトでしょうか。
ちょっとジックリと見てきたいですね。
貴重な建築遺産だけに、抽選に当たれと願うばかりです。
当ブログでもエントリーしたいです。



6月28日(火)追記
残念ながら抽選に外れたという連絡がありました。・・・・くっ・・・

引越しと梅雨らしい梅雨

06 25, 2016
screenshot_2983.jpg
さて、
完全に引越も終わり、ある意味新しい生活が始まった。
結構長く住んでいたので、この間買い物に行った帰りに古い部屋の方向に向かってしまい苦笑い。
引越のきっかけは、インターネットで自分の住んでるマンションの検索をしたことに始まる。
もう何年も前から、同じマンション内にて家賃にかなりのバラツキがあることが判明していた。
それでも、引越の手間を考え黙殺してきたのだが、「今年の更新こそは下がるだろう」いや、「下げて貰わないと。」
と、思い更新月である6月を前、早々に不動産屋に掛け合い家賃の交渉をした。
それが、今年の2月終わり。
大家さんとは良好な関係だったし、何度も言うのは嫌だったので、言うのはこれ一度にしようと決めていた。
「自分の契約はすでに10年以上前だし、相場もかなり下がっている。何より同じマンションで家賃が6000円も違えば言わざるをえない。」とやんわり交渉。
そして、「もし下がらないようでしたら、更新はしないつもりです。」
とも告げ、後にする。

その話しが大家さんに伝わったかどうかはわからないが、GW開けに更新手続きの書類が来た。
結果はまさかの据え置き。

「そういうことね」

まぁ、長く住んでたし、やんわりと「出て行ってください」ということかな。(笑)
などと考え、急遽部屋探し。
DSCF3841.jpg
時期的にもなかなか良い物件はなかったんですが、土壇場でかなり気に入った部屋が見つかった。
結局、退去日2週間前に見つかるという怒濤の展開。
新しい部屋は、駅からほんの僅かに離れたけど、家賃は11,000円も下がった。敷金礼金も無し。
引っ越し費用もそれ程かからず、かなり大きな差が出た。
あまり考えたくは無い数字だが、銀行に100万円預けて250円しか利息が付かない時代に、4年住めば更新料込みで550,000円ぐらいの差が出る。
逆に今まで何やってたんだろうか・・・。
ホント、もう少しフットワークが軽く物事を見直さないと。

東京は梅雨らしい梅雨で、ここ2〜3日スッキリしない。
梅雨が明ければ、既に殺人的とまで言われる暑い夏がやってくる。
前の部屋は陽当たりが良すぎた。(笑)
東向きの玄関側の鉄製のドアは、朝8時にもなると既に触れないぐらいの熱さ。
そして、窓から入る強烈な西日。
仕事から帰宅すると尋常じゃない暑さ。
陽当たりが「良すぎる」のも考えものだ。
今回の部屋は、陽当たりが良く、部屋の向きも良い。エアコンも最新型の新品。電気代も安いし、ガス代(プロパン)も下がった。
今のところ良いことづくめ。

当たり前のように生活していた細部の見直しで結構節約できる。
それを実感した今回の引越でした。


引越しでバタバタ2

06 21, 2016
さて、
ようやく引越しが落ち着きました。
著しい問題は無かったのだけど、少々のマイナートラブルが発生。
そのひとつが自宅のネット。ADSL回線って、同一番号、同一市内の引越しでも結構時間がかかる。
NTTの局内工事も含め、なんだかんだで10日ぐらいはかかった。
「かかった」っても、まだ未開通で明日から回線利用が可能。
無くなって分かるんだけど、やっぱりないと困る…。

と、いうわけで、次回からブログも通常(?)に戻ります。(笑)

引越しでバタバタ。

06 16, 2016
さて、
現在同一市内の近所に引越しの真っ最中。
久しぶりに移動したので、勝手がわからず苦戦中。
また、ネットが同一市内・同一番号にもかかわらず、住所変更に伴う諸々で未だ開通せず。
スマホはあるけど、こういったブログの更新には画面が小さすぎて使えず。(泣)
テレビもないので、何となく取り残された感が。(笑)
でも、新しい部屋は快適です。
22日には通常通りなる予定。
あとは大家さん立会いの引渡しと、その為の若干の掃除だけ。
お手柔らかに。

猛省。だから言わんこっちゃない・・・。貴重な「期間限定公開・国宝建築」が「通常非公開・国宝建築」になった?

06 12, 2016
DSC03103-1.jpg
※写真は法隆寺夢殿

さて、
先日京都に行ってきたことはエントリーしたのですが、その際見に行きたい国宝建築がありまして、それを調べていたんですが、どうやら、ごく希なイベント日を除いて通常非公開になっている?とうか、なってしまったらしいですね。
それは何処かと申しますと、広隆寺の桂宮院本堂です。
R0011389-1.jpg
広隆寺といえば、まず思い浮かべるのが、弥勒菩薩半跏思惟像です。
この仏像は国宝第一号にも認定されました。
広隆寺は京都最古の寺院としても有名ですが、創建当時の建物は火災により失われ残っていません。講堂は古いものですが、創建以後にかなり改変されており、国宝指定には至っていません。(重要文化財)
R0011400-1.jpg
桂宮院本堂は聖徳太子像を祀るために造られた貴重な八角円堂。以前奈良の栄山寺をエントリーしたときにも触れましたが、奈良以外で国宝指定の八角円堂はこの桂宮院本堂だけです。
そうした貴重な国宝の桂宮院本堂なのですが、以前は春と秋の日曜限定で公開されていました。
自分も広隆寺には行きましたが、タイミングが悪くこの桂宮院本堂は未見のまま。
それでも、「次の機会に・・・」とたかをくくって先延ばしにしており、今日まで。
ようやくその機会を得たと思って調べたら冒頭にもあるように、特別な機会を除いて非公開になってしまった(?)ようなんです。
龍光院密庵のような完全な「非公開」とは違うようですが、調べると、聖徳太子関連のイベント(年に一度)ぐらいの頻度での公開でしょうか。京都在住というわけではないので、結構ハードルがあがりました。(泣)
もしかしたら以前のような公開頻度に戻るかもしれませんが、ちょっと不明です。

ほんと、貴重な建築だけに見られるときに見ておかないと・・・と反省した次第です。

プロフィール

Author:Kazz
Welcome to my blog

Kazz zzak(+あい。)へようこそ。
Kazz zzaK(+愛・逢・遇・合・・・ etc)
あい。は、人それぞれ。

英語で i は自分ということ。

Kazz zzak(+i)

色々な「あい。」と自分をプラスして
Kazz zzak+i=「Kazz zzaKi」

「カズ雑記」

身の回りの好きなこと。好きなモノ。
関心のある事。
写真と共に何でも書いていきます。

気に入ったらまた遊びに来てください。

尚、このブログ内全ての文章・写真には著作権があります。販売も行っておりますので
無断で使用・転載する行為を固く禁じます。

コメントは基本的に悪質で無いものは承認する方向です。
ただ、メールで個別に対応することは時間的にも余程のことが無い限りできませんので
コメント通してすることになります。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター