紅葉待ったなし!奥日光・紅葉集中撮影天王山!果たして結果はどうなったか?

10 29, 2017
SDIM5261のコピー
英国大使館記念公園(2017年10月27日撮影)

さて、
約一ヶ月にわたり、何を思い立ったのか始まった奥日光紅葉の集中撮影。
正直、奥日光に興味の無い方には全くもってつまらないエントリーだったと思います。たいした情報があるわけでもないし。(笑)
まっ、でもこの年になって、撮影の日は前日の深夜に出発し、ほとんど寝ないまま撮影に挑み、とんぼ返りに帰ってきて翌日仕事。こんなに体を痛めるのって最近ではなかなか無かった経験でしたので、充実とともに心地よい日々でした。
奥日光の紅葉は現在進行形ですが、自分の狙い所はすでにピークを過ぎたと思いますので、これにて終了です。
実は昨日、最後の撮影を行ってきました。群馬で一泊し、先ほど帰宅したところです。
週末は運悪く台風の影響で満足のいく撮影はできませんでしたが、実は快晴を狙い一昨昨日も日光に行ってます。
この時期貴重な快晴日だったので、それなりによく撮れたと自分では満足です。
今年は台風などで雨が長い日が多く、晴れ間が圧倒的に少なかったため、そのチャンスを拾うのが大変でした。そうした中では紅葉のピークと(思われる)日が重なったのはラッキーでした。(ほかの日がひどかったのはありますけど・・・。)

で、肝心の写真の方なんですが・・・。いったいどうなったのか?
もったいぶるわけじゃないんですけど、せっかくなんで、現在、ベストカットを、ズラズラーっとポスター風に編集しております。楽しみにしていた方にはすいませんが、次回エントリーまで少しお待ちください。
結局、一ヶ月の間に合計五回日光に通いました。明智平は計三回、八丁出島は計四回。(ただし、一回目は時間切れで撮影できず。)
「五回も通ってこれかよ・・・。」
と言われないように、厳選してお送りします。
あっ、・・ダサかったらすいません。(笑)

紅葉待ったなし。果たしてどうなるか?3 明智平からのつぶやき。「華厳の滝は緑(あお)かった。」

10 20, 2017
SDIM3477.jpg
2017年10月18日撮影(下の写真も)

さて、
もう少しだけ奥日光のエントリーが続きます。
・・・というか、今回で終わりだと思ったのですが、思いの外紅葉の進行スピードが遅く、現地でガックリしました。
ここんとこ関東はずっと雨だったのですが、予報では10月18日(水)この日は唯一の晴れ予報。週末が使えないとなると、ここで行くしか無い。日光は今月三日目だが、明智平は9月30日以来なので、すでに18日が経過。ここんとこの冷え込みもすごかったし、情報が乏しかったが、おそらく良い線いってるだろうということで、有休を発動。日光に向け、夜中の2時に東京を出発した。
道中、問題なく明智平に到着。時間は朝の5時を少し回ったところ。平日だから大丈夫だろうと思っていたが、6時になると続々と車が上がってきた。
明智平の駐車場は上り下りの二カ所があるが、この時間は、ゲートに鎖がかけられ侵入は禁止。よって、すぐ横にある休憩場の駐車スペースにて車を止め、待機。さすがにこの時間であれば余裕で止められる。
ロープウェイ乗り場の方へ行くと、「本日の営業予定は7時半を予定しています。」という張り紙が!
これは、ラッキーだ。通常だと8時半くらいなので、一時間の前倒し。さすがにこの日は週唯一の晴日とあって、人出を見込んでの配慮か。ありがとうございます!!
ただ、明るくなるにつれ、ひとつだけ不安なことが・・・。
駐車場の周りが全然紅葉してない!!
「・・・・。」
朝日に照らされ赤くなって見えたのは錯覚か!
い、いや、そんなはずはない。華厳滝の付近はここよりも寒いはずだ、紅葉はしてるに決まってる。
そう、明智平よ、紅色に染まった姿を見せてくれ!
慟哭に近い願いを胸に。空に嘆願する。

30分ぐらい前から人がちらほらと並びだしたので、その列に加わる。この日は、NHKの空撮部隊と、テレビ朝日が取材に来ていた。
SDIM3445.jpg
ほどなく時間になりロープウェイへの乗車が始まる。ほぼ、一番乗りだ。
ただ、先ほどの不安が的中しつつある・・・。
というのも、ロープウェイ乗り場には、ライブ映像を流したモニターが置いてあるのだが、・・・よくみると・・・紅葉してない。
いや、見なかったことにしよう・・大丈夫だ・・。
首を横に振り現実を振り払おうとする。

だが、その現実は残酷だ。
目の前に広がる明智平のその風景は、求めていた色にはほど遠く、緑(あお)いままだった。
しばし、呆然。
しかも、晴れてはいるのだが、所々雲が厚く、光が回りきってない。

「う〜ん、なかなか難しいなぁ・・・。」

とりあえず、気持ちを切り替え定点観測的にパシャパシャ撮り始めた。
ただ、テンションはガタ落ちのまま。
よくみると、手前は紅葉して良い感じだが、向かって右側が全然だ。見た目6割ぐらいに感じる。
SDIM3368.jpg

「あぁ〜ぁ」
一気に疲れが襲ってきた。
本来は三回で終わらせようとした今回の明智平の紅葉攻略だが、あと一回はありそうだ。
納得がいくまでやりたいが、時間、およびタイミング、有休的にもチャンスはあと一回だ。

首を取るか、討ち死にか、いずれにせよ、

このまま終われるか!

紅葉待ったなし。果たしてどうなるか?2 幻想的な八丁出島。その日、日本で一番美しい蛇が日光に現れた!

10 17, 2017
八丁扉2
2017年10月14日撮影

さて、
行って参りました。予定通り、14日の土曜日は、日本でも有数の紅葉スポットである奥日光へ。
先々週に引き続き、絶景カットをものにするため、でも、やっぱ労せず得るのは無理ですね。
いゃあ、結構疲れました。
と、いうのも、まず殺人的な人出を予想して前日の24時に出発。東京の田舎(笑)〜日光までは、大体ゆっく〜り行っても四時間ぐらい(若干の仮眠など)なものなんですが、この日、予報では曇りだったんですけど、夜通し小雨がパラつく天候。
「少なくても曇りになってくれ!」などと願いつつ、時間はどんどん過ぎていきます。
日光入ると、いろは坂手前からかなりの紅葉を確認。しかも結構風が強く、かなり葉が落ちている。
まぁ、それにも驚いたんですけど、いろは坂を上がっていく車が結構ある。夜中の三時ですよ。
そういう自分も、その一人なんですけど・・・。(笑)
お目当ての竜頭の滝(滝上駐車場)に着いたのは朝の5時。外は真っ暗です。
それでも駐車場に一台の車を発見。一番乗りじゃ無かったな・・・。

仮眠でもとるかと6時頃まで車で寝ると、ようやく辺りが明るくなってきた。
ただ、霧雨が止まない。

辺りはかなり暗い。
とりあえず撮影を開始した。雨は降ったり止んだりを繰り返す。
が、撮影できないってほどじゃ無い。これは助かった。

竜頭の滝を含めた各所でどんな写真が撮れたかは、次回以降のお楽しみということで、狙っていた八丁出島の写真を一枚だけ。
八丁出島は、中禅寺湖の中央に向かってちょびっとだけ出てる半島のようなもの。
蛇のようにニョロっとしてるので、そのように形容されることが多いです。
全体的にガスがかかって、それが逆に幻想的に。
遊覧船が八丁出島を周回する時がシャッターチャンス。
ちょっとコントラストが上がらないけど、自分的にはまぁまぁじゃないかな。
現地で見たときは、まだまだだと思った紅葉も、よく見ると結構進んでる。
今週晴れれば、まだまだイケるんじゃないかな。

自分も、明智平での天王山に挑みます。


紅葉待ったなし。果たしてどうなるか?日光・明智平で絶景を討つ。

10 14, 2017
SDIM1912-11.jpg
2017年9月30日撮影

さて
自分としては珍しいことだと思うのですが、先々週から日光に通ってます。
まぁ、通ってます・・・と言っても、まだ一回なんですけど。(笑)
その目的は、もちろん写真を撮ること。
たぶんこれがエントリーされる頃には、また行ってると思うのですが、まぁ、一回目は様子を見るだけのもの。
時間配分や駐車関係など、だいたいの感じは掴めたし、本番はこれからですよ。
この日は、朝一で明智平に行き、湯滝・竜頭の滝と回ったんですが、この時は全体的にまだまだでした。
情報では竜頭の滝が最盛期をわずかに過ぎた感じとのこと。竜頭の滝は土曜日(14日)が天候的にも最後のチャンスかなぁとは思います。
でも、こればっかりは行ってみないとわかんない。すでに終わってるかもしれない。(笑)

とりあえず最大の狙いは明智平のピークと、中禅寺湖の半月山展望台からの八丁出島。
こちらはまだもう少しだけかかりそう。来週の前半ぐらいとみてます。
有給を多少投入し挑みますが、晴れ男の神通力で、天候にも恵まれた状態のナイスカットを撮れれば良いと思ってます。
でも、週間天気じゃ・・・あんまり天気は良くないんだよなぁ・・・。

日光といえば、今や全世界から観光客がやってくる日本でも有数の紅葉スポット。土日の人出は半端じゃないです。そのため行きたいんだけど、渋滞なんかに嫌気がさして敬遠してる人も多いと思います。
実は自分もそんな一人でした。自宅からそれほど遠くないんですが、ホントに久しぶりに行きました。かなり新鮮でした。
夏は空いてるんですけど、やっぱり奥日光といえば紅葉。
ちょっと今年には間に合わなく、紹介はできないかもしれないけど、今後のためにも、この戦いが終わったら戦利品(絶景写真?)とともに紅葉攻略の現状などを紹介できればいいかなと思ってます。
もし、ダメだったらすいません。

ところで、明智平っていう名称は、あの「明智光秀」と関係あるそうですね。

もう少し先かもしれないが、今年最大の天王山はもうすぐやってくる。


そんなことあるかっ!と思いつつ、「鳥の糞が当たったら宝くじを買え!!」を実践してみた。

10 06, 2017
DSCF1292−888
さて
今日、会社への出勤途中でのことです。
普段から会社へは自転車で通勤しているのですが、あと1〜2分で到着という時、かぶっていた帽子(結構ツバの広いハット)と肩にかなりの衝撃を感じました。
帽子が揺れるぐらいの。
最初は、
「あっ、街路樹の枝が落ちてきたのかな?」
と思ったぐらいの衝撃です。
「うゎ、大きいのじゃなくてラッキーだったな」
ぐらいに考えており、そのままペダルを漕いでおりましたが、当たった箇所を確認しようとし、帽子を脱いだとたん驚愕の現実が目の前に!!
「なんじゃこりゃ!!」
と、受け入れがたい現状が・・・。
「やってくれたな!」
かつてないほどの鳥の落とし物が、かなりの範囲に広がっておりました。そりゃ、大好きな亀田製菓のソフトサラダぐらいの範囲です。ハットの縁と右肩の後ろの二カ所。しかも、「お前、どんぐらい貯めてたんだ!!」というレベル。
出勤時にこれかよ・・・。
と、会社に入り、早々に帽子やらウインドブレーカーを洗濯。下のシャツにまで染みこんでいるような感覚だったので、それも洗濯。もう、今日は朝から大変だった。
「ホント、勘弁してくれよ・・・。」

ただ、洗濯しながら思った。
昔から?「鳥の糞が当たったら宝くじを買え!」っていわれてたのを。
以前こんなことがあった。
職場の同僚のKくんが、「○○さん、さっき鳥の糞にあたっちゃいましたよ〜!最悪ですよ〜」なんて話しかけてきたことがあった。
そこで、「ああ、それはウン(運)が付いたね、宝くじでも買ってこいよ」
こんな感じで笑い飛ばしていたんですが、翌日、Kくんから驚愕の事実を聞かされることになった。
「○○さん、昨日気になって帰りにスクラッチやったら一万円当たりました!!」
えええええええ、マジか!そんなことあるんだ!周りのみんなとびっくりしたことをよく覚えている。
いや、あくまでこれは偶然だ、そんなことがあるはずは無い。金は自分で稼ぐものだ・・・。
なんて・・・ちょっと羨ましかったのを覚えている。(笑)

今回のあたり方はそれこそ1億円レベルだ!なんておもいつつ、「まさかそんなことあるわけが無い」なんて反面、「もし当たったらどうしょうか」と考え、
「まぁ、当たらなかったらブログのネタにしよう」ということで、買ってきた。
本来ならジャンボ宝くじ的なものが良かったんだろうが、今日当たったので、運は今日が最強だろう。
といわけで、ロト7。
あくまで「運」なので、数字は自分では選ばず、すべてクイックピックで5口。1500円分やってみた。
もし当たるならこのぐらいで充分だろう。
さぁ、いくら当たるんだ!?

というわけで、
先ほど結果がでました!!
当たった量からすれば、最低でも一千万はいくだろう!

よく目をこらして番号を確認。

「・・・・んんっ?」
「マジか!!」

いやいや、あり得ない・・・。

結果、

まさかの玉砕。

え〜・・・・(コホン)

大変お騒がせいたしました。
まさかの大外れです。
一円にもならず。

教訓。
その一、「金は自ら稼ぐもの。」
その二、「鳥の糞が当たっても、宝くじは買うな!」

以上です。

プロフィール

Author:Kazz
Welcome to my blog

Kazz zzak(+あい。)へようこそ。
Kazz zzaK(+愛・逢・遇・合・・・ etc)
あい。は、人それぞれ。

英語で i は自分ということ。

Kazz zzak(+i)

色々な「あい。」と自分をプラスして
Kazz zzak+i=「Kazz zzaKi」

「カズ雑記」

身の回りの好きなこと。好きなモノ。
関心のある事。
写真と共に何でも書いていきます。

気に入ったらまた遊びに来てください。

尚、このブログ内全ての文章・写真には著作権があります。販売も行っておりますので
無断で使用・転載する行為を固く禁じます。

コメントは基本的に悪質で無いものは承認する方向です。
ただ、メールで個別に対応することは時間的にも余程のことが無い限りできませんので
コメント通してすることになります。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター