西の都は遙か遠く。走行不能!? 13日の金曜日の悪夢。カプチーノ、暁に死す!?(後編)

04 28, 2018
IMG_0709-1.jpg
さて、
オルタネーターのVベルトが切れた我がカプチーノ。
即廃車レベルというわけでは無いので、そこは一安心とも言えるが、ほぼ動けなくなり、これからどうするかの選択肢は限られた。
おそらくではあるが、数キロは走れると思うので、ここから一度高速を降り、最寄りの修理工場に駆け込む。これが現実的な最善策だろう。その後、状況にもよるが、もし、京都に行くならレンタカーや新幹線など他の交通機関を使うしか方法は無い。
Vベルトはそれほど入手が困難なパーツではない。もしかしたらオートバックスなど大手のカー用品店であれば在庫が置いてある可能性がある。それから組み付ければ夕方くらいには出発できるかもしれない。
ただしだ、そこにカプチーノのVベルト(またはそれに適応する)の在庫が置いてあるとは考えにくい。
多分ではあるが、在庫が無い場合、今日部品を発注し、翌日に部品が来て、そこから組み付け、早くても一日というのが現実的な流れだろう。
トラブルを楽しむなんて悠長なことを言えば、これも一興とあきらめもつくのだが、京都に行きたい欲求はかなり強く、あきらめきれない。
しかも、今回は時間の指定、タイムリミットがある。
それが、京都に遅くとも14時10分。
それまでに到着できなければ、旅の目的は無くなったも同然だ。
現在、朝の6時を回ったところなので、残りは約8時間10分。
が、この時間からではとりあえずやることは無い。
DSCF5539.jpg
あっ、ちなみにではあるが、昔「ベルトが切れたときはパンストがその代わりになる。」と聞いたことがある。長くは持たないだろうが、藁にもすがる思い、これまた奇跡的なんですけど、たまたまPAにあったコンビニのものでそれを試した。
その結果、プーリー自体はまわるんだが、圧着のパワーが足りてないのか、「全くダメ!!」誰が言い出したんだよこんな話。・・・多分昔の精度の甘い車の話だろうね。
しかし、こういうときの「多分ダメだろう」と思ってやってみたら「ホントにダメだった」ときの「むなしさ」ったらないね・・・。

7時を過ぎると高速の渋滞が気になってきた。何度もスマホで渋滞情報を確認した。
京都までは約250キロはあるだろう。時速と距離からだと二時間半あれば到達する計算だが、その時間では無理。どう早く走っても3時間はかかりそうだ。名古屋周辺では渋滞も始まっており、タイミング次第では4時間はかかるかもしれない。
ますますやばくなってきた。

とりあえずやるべきことを整理しよう。
まずは、ここから近い整備工場を探すことだ。しかも、なるべくならスズキのディーラーがいい。
「地獄に仏」ではないが、ここは静岡県浜松市。カプチーノの生まれ故郷。
スズキの本社や、でかい工場、パーツセンターなどがかなり近い距離にある。間違いない。おそらく日本で一番カプチーノの部品が手に入りやすい場所なのでは無いだろうか。(笑)しかも、ここ浜松市にはカプチーノ乗りの間では良く知られた有名専門店もある。
絶望から希望へ。
「もしかしたらなんとかなるかもしれない・・・。」
いや、絶対になんとかなるはずだ。
と、自分に言い聞かせた。
そう思い希望を捨てずにまずは近場を探し続け、最終的に一軒のディーラーにたどり着く。幸運なことに、ここは朝の8時半から営業している。
そして、さらに幸運は続く。このPAはスマートインターにもなっており、次のインターまで走る必要は無い。すぐ高速を降りることができる。
ここまでですでに幸運。それを使い切った感もあったが、走りながら「なんとかお願いします」と更なる神頼み。
8時10分、実に5時間以上PAに足止めされたが、ついにスマートインターを出た。
DSCF9523.jpg
ほどなく、目的地のディーラーに着く。
車はなんとか大丈夫だった。
これで、最低でも走行不可能によるレッカー移動は免れた。
少しホッとした。
整備担当の方が開店の準備をしていたが、こちらに気づき話しかけてきた。
店・「おはようございます。どうしました?」
私・「朝早くからすいません。ベルト切れちゃって・・・。」
こちらも、ことの事情を話した。
店・「そうですか・・・多分部品の在庫はないですね・・・。」
(ガックリ・・・やっぱりダメか・・・。)
店の整備の方は珍しいカプチーノが入庫してきたことと、東京ナンバーを察知し、
店・「ご旅行ですか?」
と続けてきた。
私・「ハイ、これからどうしても京都まで。」
それを聞いたからというわけではないが、店員さんは車検証を持って「少々お待ち下さい」の言葉とともに一度店の奥に引っ込み、5分ぐらいして再び現れた。
店・「部品の在庫はこちらにはないのですが、今から一時間以内にこちらに届くよう手配しました。ですので、組み付けに30分ぐらいかかるとして、10時には出発できると思います。」
「!!!」
何と!通常10時と言えば一般的には店が空く時間。その時間に直してもらい出発できるとは!
たぶんではあるが、これは、ここ浜松だからできたことではないだろうか。
神だ、神は居た。ありがとうございます!!
すると、まてよ・・・。
10時に出発したとして、京都のイベントまでは4時間。厳密、ギリギリの集合時間まで4時間10分。
道中、問題がなければ・・・
これは、間に合う。
あとは、無事に修理が終わることを祈るだけだ。
時間は8時30分を少し回ったところ。
何とか、お願いします。

カプを預け一時間半をどうしようかと思ったとき、先ほどの整備の方が「観光するなら車をお貸ししますよ」と何度もおっしゃってくれ、さらなる神対応。
でも、何かあったら大変だし、それは丁寧にお断りした。
本当に親切にしてくださって、ありがたかった。
SDIM4170.jpg
インターから来る途中結構良い感じの駅舎が続いていたのを見たのでそちらに行ってみることに。
調べると、これは天竜浜名湖鉄道。めちゃくちゃ良い感じの列車だと思ってたら、駅舎(木造)やその他の施設が続々文化財というお宝列車&路線だった。ほんの短い時間だったが、別枠でも行く価値が充分あると、寄り道の出会いに感激した。

一時間ぐらいそうした観光をし、戻るとカプはリフトから降ろされていた状態であった。ちょうど終わったところのようだ。
10分ぐらいすると、
「お待たせしました。」
と、先ほどの整備の方が来て、ひととおり説明を受けた。
エンジンをかけると電圧異常を示すバッテリーの警告ランプは消えている。
カプは、復活した。
何度も店員さんにお礼を言い、店を後にする。
本当に助かりました。
ありがとうございます。
確かにこうした奇跡的な一期一会は運が作用するものではあるかもしれないが、基本的には、回りの人、助けてくれた人がいなければ成り立たないこと。今回は本当にそれを強く感じました。

時計を見ると、9時59分!もう、言葉が無かった。
完璧な仕事だ。

その後、きわめて慎重に高速を走行、13時30分頃京都に無事に到着し、イベントにも間に合った。(後日エントリーします。)
無論、カプに問題は無かった。

カプに乗り18年が経過したが、今回のようなほぼ走行不能に陥ることは初めての経験であり、同時に良くも悪くも貴重な経験となった。ただ、言ってみれば、これは防ぎようが無い突発的なメカニカルトラブルでは決してない。ベルトの鳴きは確認できていたし、予兆はあった。ボンネットを開ければ劣化具合を視認できた案件、自分のミスだ。
一連の流れに見られるように、今回はたまたま奇跡的な出会いやタイミングにより最良のリカバリーができたが、こんなことは「希中の希」だ。仮にこれが、深夜の山奥だったらと思うとホントぞっとする。いや、逃げ場の無いトンネル内などで事故が起きなかっただけでも幸運の限りを尽くしたかもしれない。
ここ数年は大きなトラブルが無かったため、大丈夫と思っていたが、根拠の無い自信が過信に変わった瞬間、それが現実となって起こるのだ。
車にも謝らなければならない。
この事件と車に対する自らの怠慢を猛省し、日頃の心構えを改めるとともに、まずは点検に出すことにした。

それから後の話になるが、旅行を終え無事帰宅し、改めてのお礼と車が問題無かったことを担当整備の方に報告した。
この場を借りてもう一度、ありがとうございました。本当に感謝いたします。



西の都は遙か遠く。走行不能!? 13日の金曜日の悪夢。カプチーノ、暁に死す!?(前編)

04 19, 2018
IMG_0708.jpg
さぁ、とんでもないことになった。
深夜の三時、新東名高速道路を京都に向けて爆走中にそれは起こった。

自分は車を運転中、音楽やラジオを聞く習慣は全くない。常にエンジン音や環境音を楽しんで走る方だ。
当たり前だが、一人で走っているときは、運転以外は特にすることも無いので眠たくもなるが、音を排除することにより、愛車の変調を聴覚から得ることができる。それをずっと続けてきた。
故にこの日は、夜中の三時で窓を閉めて走っていたにもかかわらず、ノイジーな車内の中、ボンネットから発する小さな異音を聞き逃すことは無かった。
「カタカカカタ・・・」
と何かが引っかかるような音がした後、後方にタイヤが石を拾ったような音を残し、その音は飛んでいった。
単なる小石なら良いのだが、その前の「カタカタ」が少し気になった。
と、後方に飛んでいった石の残音が耳に残るか消えるかというわずかな瞬間にメーター内の電圧の異常を知らせる警告灯が点灯した。
18年間、20万㎞をこのカプとともに過ごしてきたが、この症状は初めてだ。
「・・・。」
これがなかなかの問題であると言うことは即座にわかった。
が、心のどこかで「頼む、何かの接触不良の類いであってくれ!」と念じていた。
時速100キロのまま3分ほど走ったが、パワー不足など特に違和感は感じられない。しかし、異常を知らせる警告灯は点灯したままだ。
ここで、多分ではあるが接触不良という希望的観測は打ち砕かれた。
同時に何が要因でこれが起こったかということは大体想像できた。
何らかの理由により電圧が一気に下がり、プラグさえスパークできない状態であれば車は即止まる。ただ、現在は走るし、加速もする。バッテリーのパワーもスターターの回り具合などから異常は感じられなかった。基本的な電装系にトラブルがあったわけでは無いはず。
となると・・・・オルタネーター(発電機)に何らかのトラブルが発生したか・・・?
そうなると重傷だ。
いや、それはないはず。
以前オルタネーターのトラブルは経験し、即座に交換。それが約11,5万キロ時。現在は20万をわずかに超えているが、まだ壊れる時期ではないはずだ。
となると・・・おそらく考えられる要因はひとつ。

いずれにしても車をいったん止めなければ・・・・。
ナビを見ると、幸運なことに数キロ先にPAがある。症状が発生し、最寄りのPAに車を滑り込ませる。それほど離れていない場所にPAがあったのは不幸中の幸いだ。深夜のせいで辺りは真っ暗だ。
駐車場へのアプローチでヘッドライトがほんのわずかに暗くなったことを確認した。
エンジンを切り、念のためもう一度セルを回す。
エンジンは問題無くかかるが、警告灯は消えない。これで、完全に接触不良の線は消えた。
ボンネットを開けると思っていた症状と一致。
DSCF5541.jpg
写真を撮ってくれと言わんばかりにアンダートレイの上にこの残骸が落ちていた。
これは、オルタネーターのVベルト。切れたのだ。
「・・・。」

ここで、車にさほど詳しくない人のために説明しておこうか。
車というのは、実は結構な電力を必要とする。バッテリーはもちろんだが、主な電力は、オルタネーターと呼ばれる発電機により生み出される電力でまかなっている。そう、車の中には発電機が入っているのだ。
で、この発電機はエンジンの動力により回されるのだが、その発電機を回すためにベルトが掛けられている。今回はその発電機を回すためのベルトが切れたのだ。
つまり、どういうことか?
こうなると車は電力を生み出せなくなり、バッテリーの残量だけですべての電力をまかなう必要がある。例えば、ヘッドライト、エンジンにガソリンを送るための燃料ポンプ、ウインカーの点滅、ETC、カーナビなんかもそうだ。
こうした電力がまかなえなくなった場合、どうなるか?これは、例え新品のバッテリーでも数十キロ走れば電力は底をつき、車は走行不能となってしまうのだ。

と、まぁ、これが今回のトラブルだ。ベルト切れは良くあるトラブルの一つではあるが、大概はアイドリング時に「キュルキュル」などと鳴き始める。この音が前兆と言えば前兆といえるだろう。冒頭で「俺はラジオなどはかけない」なんて偉そうに言っていたのになんたる醜態だ。確かに以前より鳴きの音は大きくなっていたような気がするが、ひびなどを確認した訳じゃ無い。深刻さが’足りなかった。多分それなりの状態だったんじゃないだろうか・・・。
これは愛車の警告サインに気づけなかった自分の怠慢だ。日頃からボンネットを開け、確認する習慣があれば、ほぼ防げたであろうトラブルだった。
気づいてやれなくて、すまん・・・。

たかがベルト切れとはいえ、結論的には絶望的なトラブル。新品でもないカプのバッテリーの残量を考えると、うまく走ったとしても20キロ程度が限界じゃないだろうか。もしかしたらほとんど走ることはできないかもしれない。100m先で止まってもおかしくはない状況だ。
かといって、換えの部品があるわけでも無く、自分で直すわけにもいかない。そもそも工具も無い。
選択肢は限りなく狭まった。
に、してもここで待っていても解決するわけでも無く、一か八かこのまま帰ろうかと思ったが、それはさすがに思いとどまった。
今回は、京都・奈良を巡る予定だった。とくに京都には絶対に行って見なければならないものがあったし、奈良では確認したいことがあった。でも、これにより、京都に行けなくなったどころか、東京に引き返すこともできなくなった。
すでにホテルも押さえていたため「あ〜ぁ、キャンセル料高っけーなぁ〜・・・。」などと白々明ける東の空を眺めながら考えていた。

明け方の空気は少し寒い。
時計の針は朝の五時を少し過ぎていた。
眠いので少し寝るか・・・。
東京から約250キロ、静岡県浜松市にてカプ、ほぼ走行不能に陥る。

静岡県浜松市・・・・。
この車の生まれ故郷だ・・・。


カプチーノの生まれ故郷・・・この後、事態は一転、奇跡的な展開をみせる。

(後編へ)



きょうは京都に。いくなら、奈良。

04 14, 2018
DSCF5530.jpg
さて、
このエントリーが行われる頃には、約一年ぶり。「京都・奈良」に行ってます。
いやぁ、そんなに行ってないんだ・・・という感じです。
まず、京都なんですが、異常とも言える暖かさで一気に桜の散った京都で何があるのか?というのは、帰ってきてから少しお話しします。
もしかして、撮影禁止だったらすいません。(笑)
DSCF3463.jpg
そして、奈良の方は全然情報が無いのでちょっとどうなるかわかりませんが、こちらもとりあえず行ってきます。

まぁ〜た夜通し走るのか・・・・。つらい・・・。(笑)

kazz(一瞬だけ)撮鉄になる。菜の花と小湊鐵道。

04 07, 2018
SDIM2616-1.jpg
さて、
東京の桜(ソメイヨシノ)はほぼ散っちゃったけど、菜の花はまだいける!(笑)
ってことで、ちょっと前になるんですけど、「菜の花とローカル線」の代名詞ともなっている千葉県の小湊鐵道を撮りに行ってきました。前から行ってみたかったところです。
写真は定番のアングルなんですけど、ここはやっぱり、画になります。
場所は上総大久保と養老渓谷駅区間の間にある石神地区の一角。もう、説明すること無く、すぐわかります。(笑)
無料の駐車場があり、ここは相当の台数止められます。乗用車であれば軽く100台は止められるんじゃ無いでしょうか。ほんと、ありがたいです。そこから歩いて数分のところにあります。(ほとんど目の前。)
この日は午後到着したんですけど、カーブの内側から撮る場合は逆光。午前中の方が良いと思います。
SDIM2618-1.jpg
早速スタンバって撮ろうとアングルを決めていたところ、いきなり現れビックリ。この辺は時刻表などの下準備に慣れてないせいか、貴重な一本を撮り逃がす。
小湊鐵道=ローカル線っていうぐらいだから、結構本数が少ない。一時間に上下線で二本ぐらいかな。この日はなんだかんだで上下四回のチャンスを待ち、2時間以上滞在しました。けど、待ってる間も「どこから撮ろうか」と移動したりして意外に時間は早く過ぎました。そういうのが楽しいのかも。
撮影ポイントは、それこそひしめき合って三脚を立てるような状態では無く、自分だけのポイントを探せるし、この日は満開にもかかわらず人は多くなかったです。はやりのインスタ映え・・・っていうにはメジャーすぎるけど、菜の花とローカル線の絵面はなかなか良い感じです。
・・でも、正直納得のいくカットは撮影できませんでした・・・。

以前、JR関係の有名な撮影スポットで写真を撮るために畑にズカズカと入り、咲いてた菜の花を踏みにじり、「そういうことをする人は来なくて良いです!」って絶縁状を突きつけられた場所があったと思ったのですが、ここじゃなかったかな。多分、場所は違えど環境はそうは変わらないはず。
自分もそういう人間にはなりたくないと、細心の注意を払ってしかるべき場所から撮りました。それでも、よく見ると畑にはやはり足跡が有り、花が踏まれていました。ちゃんとあぜ道的な撮影用になる通路があるのにも関わらず。残念ですね。
先日のニュースでも、九州の大学が管理する森に常識範囲外の行動を起こして撮影し、困惑させている輩が結構いるというのを聞いたんですが、そういう人たちは治りませんよ。利己主義の塊みたいな人たちですから、言ったって聞きません。
気持ちはわからないでもないが、やっぱいけませんよ。ここで言っても始まらないかもしれませんが・・・。

鉄道に興味は全然無いのですが、風景写真の一部としての鉄道は叙情的で有り、画になります。列車を待ってる時間は結構長いのですが、自然現象を待つのとは違った楽しみがあります。



プロフィール

Author:Kazz
Welcome to my blog

Kazz zzak(+あい。)へようこそ。
Kazz zzaK(+愛・逢・遇・合・・・ etc)
あい。は、人それぞれ。

英語で i は自分ということ。

Kazz zzak(+i)

色々な「あい。」と自分をプラスして
Kazz zzak+i=「Kazz zzaKi」

「カズ雑記」

身の回りの好きなこと。好きなモノ。
関心のある事。
写真と共に何でも書いていきます。

気に入ったらまた遊びに来てください。

尚、このブログ内全ての文章・写真には著作権があります。販売も行っておりますので
無断で使用・転載する行為を固く禁じます。

コメントは基本的に悪質で無いものは承認する方向です。
ただ、メールで個別に対応することは時間的にも余程のことが無い限りできませんので
コメント通してすることになります。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター