気になっていた日本一の駅。

10 27, 2018
おうみがわ1
さて、
まえまえから気になっていた日本一の駅。
JR信越本線「青海川」(おうみがわ)駅。
なんか、愛媛の方にも下灘駅でしたっけ?同じ日本一で争ってるみたいですけど、実際どちらなんでしょうか・・・?
でも、多分そうは変わらない気がします。
というわけで、「日本一海に近い駅」こんなところに駅があるとは・・・。
どのくらい近いかっていうと・・・。
SDIM9955.jpg
まさに、海に手が届きそうな(大げさ)距離。
津波なんかの問題もありそうですけど・・・とにかく近い!
そして、ビジュアルが素晴らしい。右手海岸沿いには海に流れ落ちる滝もあります。
海と駅。
扉の写真はともあれ、画になりますなぁ。(笑)



カプチーノ 26年目の車検終了。

10 21, 2018
SDIM1102.jpg
さて、
カプチーノが車検から帰ってきました。
前述のエントリー通り運転席側の「パワーウィンドウが動かない」という点を除けば、致命的なダメージも無く、意外にも大きな出費とはなりませんでした。
で、そのパワーウィンドウの問題なのですが、運転席側のスイッチの故障!ということで・・・なんというか、良い意味で予想は外れました。(笑)
26年経ってるので、どう考えてもモーターの類いかと思いましたけど・・・ここにきて走行時以外はボディカバーを掛けている恩恵(かな?)がでたのかもしれません。
ちなみに、今回の車検は、法定費用を含め116,626円です。(スズキディーラー仕上げ)最も高かったのはパワーウィンドウのスイッチで、これが13,600円!!します。
まっ、走ったら必ず使用する部分だし、逆に、26年約21万キロも良く持ったと思います。
後は、エアクリーナー、水・油関係。ホース・ベルト・バッテリーは問題なし。
ただ、下回りのブッシュ関係がやばそうで、次回の定期点検の際は要交換かな。
今回の車検費用、2年で日割りにすると一日あたり約160円。この2年はタイヤも替えてないし、大きな出費は、例の浜松事件の約6,000円だけだったので、総じて意外と安い2年間になりました。
160円・・・26年間、約21万キロ走った車にしては安いんじゃないでしょうか。



一発勝負、出るか!? 「滝雲」新潟県魚沼市 枝折峠

10 13, 2018
SDIM9524.jpg
さて、
滝雲(たきぐも)って知ってますか!?
この滝雲、どうやら正式な気象用語ではないらしいですが、言葉から想像する通り、滝のように見える雲なんですね。
以前、かなり前に摩周湖でも同じような現象(こちらは滝霧)が見られるようで、当ブログでもエントリーしましたが、実際にこの目で見たくて新潟まで行ってきました。
場所はお米で有名な魚沼市にある枝折峠(しおりとうげ)
ここで、日本一という呼び声高い滝雲を見ることができます。
滝雲というのは早い話、山の斜面を雲が滑るように落ちていく現象なのですが、気流と地形の関係から、現れ方によっては単なる「霧」なのか、「雲」なのか、いまいちハッキリしない場合もありますが、この枝折峠に関しては、間違いなく正真正銘の「滝雲」見事に流れ、斜面を落ちていきます。
現地到着は真夜中。仮眠をすると周りは慌ただしいほどの人の流れ。オイオイ真夜中だよ・・・。と、思ってたんですが、ここは登山客の駐車場にもなっており、真夜中2時には既に駐車場は満車!!運良く一台分空いてたけど、ちょっと呆然としてしまった。おそらくなんですが、カメラマンと登山客。二つのグループが混在しているためこの有様。これから良い季節になるので更に混雑しそう。土日は避けた方が良さそうですね。

ところで、
準備万端。時間は早朝5時30分頃ですね。当然ながらこの滝雲が見られるのは、早朝が最も望ましいです。
時間とともに峰の向こうに雲が貯まっていきます。それに伴い期待も高まっていきます。
SDIM9534.jpg
そして、若干気温が上がると雲のレベルも上がり、稜線と同じぐらいになります。
SDIM9529.jpg
きたーっ!低い位置からどんどん雲がこぼれていきます。おーーーっ、すげーっ。
周りにいる大勢のカメラマンが一斉にシャッターを切ります。
SDIM9548.jpg
決壊するように、どんどん雲が滝のように流れていきます。まさに、これが「滝雲」だ。
SDIM9554.jpg
ただ、濃度が薄いのか、下がりきらないまま途中で少しずつ消えていく・・・惜しいっ。
SDIM9563.jpg
別角度から。
雲はどんどん流れ込んでいくんだけど、わずかにボリュームが足りない。・・・でも、凄い!ここまで流れる感じは初めて見た。
SDIM9576.jpg
と思ったら、今度は持ち上がった雲が上空に滞空した状態から一気になだれ込むビッグウェーヴ!今度は逆に多すぎ!!(笑)
SDIM9598.jpg
このあと、しばらくの間辺り一面真っ白になり何も見えず。(笑)
そして、太陽が昇る頃には蜘蛛の子を散らすように一気に晴れてただの雲海状態に。少し粘ったんだけど、結局うまく流れてくれませんでした。
なんだかんだで50%ぐらいの出来と満足度だったか。自然相手だから仕方ない。偶発的に生み出す自然の力と美しさ。
わずかなショーだったけどとても楽しめた。




スズキカプチーノ乗りが「たったの108円」で「とっても幸せ」になれる方法。

10 06, 2018
DSCF0190.jpg
さて、
久しぶりのカプネタなんですが。
我がカプチーノもいよいよ26年、走行距離20万6千キロ!を超え11月に車検を迎えることになりました。
正直ここまで乗ることになるとは思ってもいませんでした。
最近になって、こうした(今となっては)希少なスポーツカーを長く乗って貰おうというメーカーの動きが見られます。
例えば、ホンダのビート。
私もビックリしたんですが、このビート、現在でも総生産台数の6割(!!)が残存してそうです。凄くないですか?これは本当に驚きです。故に、最近になって欠品になっていたパーツなどを再販しても採算が合うようで・・・まったくもって羨ましい限りです。
マツダのロードスターなんかもそうした動きがあるし、カプチーノはどうなってるの?スズキさん!(笑)

そんな中、前回のエントリーで醜態をさらしたんですが、それ以後、走行に問題は無く、元気に走っております。
ただ、若干のトラブルがありまして、それが・・・
「運転席側のパワーウィンドウが動かない。」
って、ことなんですけど・・・。
まぁ、カプチーノに限らず、パワーウィンドウの問題は結構あるあるトラブルで、我がカプチーノも以前から動きは渋く、なんとなくだましだまし使っていた感がありました。その日は動かなくても、翌日には何の問題も無く動き出したりしてたんですけど、今回は完全に死んでます。助手席側は問題無く動くので、多分モーターが逝ったんじゃなかなぁと思っています。ホース類なんかも一度も替えてないし、少し不安ですが、大概「大丈夫そうですね」っていわれちゃうんだよな・・。(笑)
オルタネーターは、前回が11万キロなのでまだ大丈夫なはずです。まぁ、ベルトは前回の件もあるし、替えといた方がいいな。
いずれにしても、今回は結構時間も金もかかりそうで怖いです。
DSC03755-2.jpg
えーっ、ところで、表題。
これは「エレガントアトマイザー」っていう商品なんですが、多分香水なんかを入れる容器のようですね。
商品自体は100均「ダイソー」で売ってます。ダイソーですから、税込み108円ですよ。
香水のボトルなんかがあるコーナーに置いてあります。
DSC03755-1.jpg
こうした商品にはあまりなじみが無いんですけど、これがなんの役に立つのか?
DSC03752-1.jpg
商品自体は意外と小さいので見落とさないように。大概置いてます。
DSC03757-1.jpg
ハイ、この画像で一目瞭然なんですが、このエレガントアトマイザーのキャップの部分だけを使います。
ネットではこのシルバーメッキが高級感を演出するパーツとして結構有名のようです。
いわずもがな、このキャップをサイドブレーキのボタンの上にかぶせます。
DSC03756-1.jpg
大体サイドブレーキのボタンなんて規格みたいなものだから、おそらくはほとんどの車種に適合するんじゃないかな、と思います。もちろん、カプチーノにもジャストフィットです。リリース時の動きも何ら問題ありません。
安いし、さりげないアクセントとして、あなたのカプチーノにもどうですか?

・・・って、
まぁ、普通はだいたいこうですわな。
他車さんの状況はわからないのですが、こと、カプチーノ乗りに限っては、ここからがちょっと違います。
このたった108円の小さなパーツにより、とっても幸せになれるのは間違いないです。

カプチーノは、ミッション付近のギア比の関係か、シフトレバー周りの構造上の問題か、街中で結構使用する回転域でかなり自車の振動を拾います。それがルーフのきしみ音だったり、ギャップの突き上げ音だったり、そりゃもう全体的に結構なノイズを発生させます。そして、それらの音は車内を駆け巡ります。
まぁ、それらに慣れてこそこ一人前のカプチーノ乗りともいえるのですが・・・
ただ、たったひとつどうしても我慢できないノイズがあります。
それが、サイドブレーキのボタンが細かく振動する音。多分皆さん同じじゃないでしょうか?
これは推測ですが、このビビり音は、個体差では無く、ほぼすべてのカプチーノに発生するのではないかと思ってます。
これが、「カタカタカタカタ・・・」ときには「ジーーーーーーーッ」とまぁ、とにかく気に触るのです。
確かに、タオルなんかをかぶせれば音自体は止まりますが、根本的な解決になってないし、なにより見た目がスマートじゃない。
サイドブレーキのグリップ部自体の構造に問題があるんだと思うのですが、場所が場所だけに、変な詰め物をして効かなくかなくなったら嫌だし、と、問題自体は決定的な解決策の無いまま放置してきました。
以前、シャチハタのキャップでこの問題を解決したという記事を読んだことがあったのですが、結局、その種類が見つからなかったこともありました。
まぁー、でも我慢も限界だ!ってことで久しぶりに調べてみたらこれがヒットして・・・ようやく長年の悩みから解放されました。
この108円で買える小さな商品で
ほぼ、サイドブレーキのあの不快なビビり音は消えます!!(私のは消えました。)
カプチーノ乗りの方は是非試してみて下さい。あっ、「いまさら」だったらすいません。(笑)
なくなったときのためにもう一個ぐらい予備で買っておこうかな・・・。




プロフィール

Author:Kazz
Welcome to my blog

Kazz zzak(+あい。)へようこそ。
Kazz zzaK(+愛・逢・遇・合・・・ etc)
あい。は、人それぞれ。

英語で i は自分ということ。

Kazz zzak(+i)

色々な「あい。」と自分をプラスして
Kazz zzak+i=「Kazz zzaKi」

「カズ雑記」

身の回りの好きなこと。好きなモノ。
関心のある事。
写真と共に何でも書いていきます。

気に入ったらまた遊びに来てください。

尚、このブログ内全ての文章・写真には著作権があります。販売も行っておりますので
無断で使用・転載する行為を固く禁じます。

コメントは基本的に悪質で無いものは承認する方向です。
ただ、メールで個別に対応することは時間的にも余程のことが無い限りできませんので
コメント通してすることになります。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター