北海道、色、いろいろ。

07 28, 2019
IMG_3650.jpg
さて、
いや、北海道にきているわけではありません。(笑)
昨日ですね、NHKの某番組を見ていたら、北海道の阿寒国立公園の特集をやっており、思わず懐かしくてHDDの中を探してみたら、番組でもやっていた「オンネトー湖」の写真があったので、おもわずアップしてしまいました。
当時は「なんでこんなにキレイなグリーンなんだっ?」って理由もわからず、ただただ、「これが北海道だ」っていう理由にもならない理由で感動しか無かったのですが、他の場所に比べて結構写真を撮っていたようで、その興奮具合がわかります。
あと、この近くにあったマンガン酸化物生成現象を地上で見られる世界中でもここだけの場所「湯の滝」う〜ん、ここは知らなかった。
SDIM0768_FULL.jpg
話を戻して。
番組ではちょっと天気が悪かったのですが、晴れると本当に美しいコバルトブールーというか、エメラルドグリーンというか、・・この写真は2009年に行ったときのもの。デジカメもコンデジに毛の生えたようなもので、ようやく500万画素が世に出始めたぐらい・・だったと思う。しかも、今と違い、写真を撮ることを主な目的とする旅じゃ無かったので、ポイントポイントは意外にあっけなく過ぎたため、恐ろしいほど写真が少ない。(笑)
SDIM0756_FULL.jpg
車の前はさんざんバイクで走ったし、カプを所有してからは、ただただ走ることを目的としていたので、「北海道=走りを楽しむ為の場所」という認識だった。今思えば勿体ないことをしたかもしれない・・とたまに思うときもあるが、その時は凄く楽しかったので、それはそれで良い思い出だ。今行けばまた違うのかもしれないが。
番組を見ていて、また北海道に行きたくなった。空気がきれいなので色が鮮烈に眼に入ってくる。そして、記憶に残る。

北海道は色が豊富。それに比べ、東京は人工的な色は多いが、色に感動することはほとんどない。



気持ちは快晴なり。

07 20, 2019
SDIM1418.jpg
さて、
東京最近は少しずつ晴れ間が出てきましたけど、今年は梅雨らしい梅雨になってますね。
なんか、変な事件のニュースや会見、あんまりいい話を聞きませんね・。
写真のような「スカッ」とした天気、世の中になってくれませんか。

本日は、快晴なり。



激走カプチーノ、惜主治医交代。

07 14, 2019
SDIM0779.jpg
さて、
東京の雨はいつまで?
久しぶりに梅雨らしい梅雨になっておりますが、かなり長い間太陽を拝んでないような気がします。
この雨だとちょっと出掛けられないので家に居てやることやってます。・・・でも、それはそれでやることが多いんだ・・・。(笑)

カプチーノを点検に出すこともそのひとつ。
週末使用の二ヶ月だけで軽く一万キロを越えているので各部が心配・・・。例の「浜松高速ベルト切れ事件」以来大して鳴ってもいないのにベルトの駆動音が気になるし、(笑)とりあえずそれだけでも交換しよう。

ところで、
うちのカプは購入以来スズキのディーラーで見て貰っていますが、自宅からはやや遠く、最寄り駅からも少し離れているため若干の不便さを感じていました。
とはいっても、購入から約20年、21万キロを越えてのおつきあいなので、なるべくこれからもそこでお願いしようと(整備記録もあるし)思っていましたが、ディーラーさん側が近年の人事異動で店長さんを始め、工場長さん、営業さんなどが殆ど変わってしまい知っている方が居なくなってしまいました。
特に工場長さんは、この車の一度目の事故からお世話になっている方だったので、移動先まで行ってお願いしようかと思ったのですが、その場所が自宅からはかなり遠かったので残念ですがあきらめざるを得ませんでした。
今回の整備にあたり、今後も継続してお願いするか、どうしようかとも思ったのですが、結局自宅から自転車で簡単に行けるぐらい近い距離のディーラーさんにお願いすることにしました。整備データも問題無く引き継げるということなので。
SDIM0806.jpg
というわけで、
今後も走り続けるマイカプチーノ。
でも、車ばかり手間かけて人間の方は病院にまったくもって行ってないというのも、そろそろ問題になりそうな。(笑)



美しき「地獄」でみた珍しいもの。

07 07, 2019
SDIM1928.jpg
SDIM1783.jpg

さて、
「地獄へようこそ」の扉写真から始まりました今回のエントリーなんですが・・・。八幡平の話、まだ続きます。(笑)

突然ですが
皆さんが思い描く「地獄」のイメージってどういうものでしょうか?
まっ、まぁ、それは個人個人持つイメージは違うものでしょうが、大概、荒れ果てた殺伐とした地、閻魔大王が居て、針の山があり、グツグツと煮立ったお湯だか油だか・・・発想が貧困ですいませんが、大体ごく一般的な地獄のイメージってそんな感じだと思います。
自分も「地獄」のイメージってそんな感じですが、中でも、このグツグツ・・・何かが煮えたぎったいる情景というのは特に「地獄」のイメージが強いです。
ここ八幡平、前回の地熱発電所開設でもおわかりのように、想像以上に地熱エネルギーが充満している土地柄のようでビックリします。温泉や間欠泉みたいなものも結構あるし、何気ない道ばたで人が集まっているので何をしているのかと思ったら吹き出した熱湯で温泉卵を作っている光景も目にしました。関東にもごく僅か、しかるべき限られた場所にそうした光景は見られますが、ここでは規模が違います。良い意味で「地獄感」が強い(あくまで良い意味です。)大地のパワーを感じます。
SDIM1775.jpg
SDIM1797.jpg
そして、そうした中でも極めつけを見つけました。場所は後生掛温泉自然研究路。
遊歩道を歩いて行くと見えてきました。
それが、これ。↓
SDIM1803.jpg
一見すると何の変哲も無いただの池か沼のように見えますが・・・。
これは、れっきとした火山、「泥火山」(でいかざん)といいます。
デイカザン、どろかざんって読むのかと思っていました。(笑)
この泥火山をみたとき「こういうものは初めてみるなぁ・・」と思っていたのですが、そういえば北海道でこの泥火山という言葉を聞いたことがあって、帰ってきてから調べたら・・・ありました。北海道の新冠町。写真は撮ってなかったんですけど、なんか普通の丘じゃない?と車の中からみた記憶がよみがえりました。

この八幡平の泥火山、大きさはおそらくですが視認で20m四方ぐらいはありそうです。意外に小規模。(笑)でも、数少ない日本の泥火山の中で規模は日本一だそうです。
さすがにマグマの噴出はないのですが、活発な火山活動がみられます。まだまだおおきくなりそうです。
SDIM1814.jpg
別府にも同じような泥火山は見られますが、あちらは泥の粘度が低く所謂グツグツ系の最たるもので、マグマ的なイメージがありますが、泥火山によるドームは形成されていないようです。こちらは見た目にもハッキリとドームが作られています。(湯沼式泥火山というそうです)
案内板によると成長し始めたのは大正6〜7年辺りらしく、およそ100年。泥の厚みは約8センチで、噴出物の温度は94前後らしいです。すごい・・。
SDIM1825.jpg
なんか、メタルスライムみたいな感じですが・・ちょうど真ん中あたりの活動が活発で盛んに泥を噴出しています。
非常に小規模な火山活動ながら、積もり積もって土層に成長しています。遠き遙か昔、こうして日本もできたんだと思うと・・・なんか感慨深い。
SDIM1955.jpg

まわりの美しい新緑の木々と荒々しい大地のエネルギーの融合。
もしかして、地獄ってもの凄く美しいところではないでしょうか・・?(笑)



プロフィール

Author:Kazz
Welcome to my blog

Kazz zzak(+あい。)へようこそ。
Kazz zzaK(+愛・逢・遇・合・・・ etc)
あい。は、人それぞれ。

英語で i は自分ということ。

Kazz zzak(+i)

色々な「あい。」と自分をプラスして
Kazz zzak+i=「Kazz zzaKi」

「カズ雑記」

身の回りの好きなこと。好きなモノ。
関心のある事。
写真と共に何でも書いていきます。

気に入ったらまた遊びに来てください。

尚、このブログ内全ての文章・写真には著作権があります。販売も行っておりますので
無断で使用・転載する行為を固く禁じます。

コメントは基本的に悪質で無いものは承認する方向です。
ただ、メールで個別に対応することは時間的にも余程のことが無い限りできませんので
コメント通してすることになります。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター