ハッセルブラッド500C+ワインディング・ノブとクランク

07 10, 2011
HASSELBLAD 500C + Rapid-winding Knob and Crank
Kazz拘りの道具の旅
ハッセルクランク

さて、前回から少し時間が空いてしまったカテゴリー「ハッセルブラッド。」
デジタルを持ち出す機会が増える一方で、中々ハッセルを持ち出す機会がありません。(泣)

そんな中、500Cを購入したときに探し回ったアイテムがあります。
それが、「ワインディングクランク」です。(写真右)

この時代のハッセルはとにかく造りが良く、パーツの細部に至るまで手抜きというモノがない。
このワインディング・ノブやクランクもまたしかりなのです。いずれもとても良い仕事をしています。
どちらを付けてもトータルデザインを壊していないのが秀逸です。
ハッセルクランク2
ノブの方は標準装備。つまり古くからハッセルの巻き上げはこのノブで行われてきましたが、1976年仕様から1982年までこのクランク型が採用されます。そこにどのような理由があったのかよく分かりませんが、実際使用してみると、速写性の点でクランクの方が優れているように感じますが、そうなるまでには中々の「慣れ」が必要です。
ハッセルクランク3
一時期、それこそ「ハッセル=プロ」という図式が成り立っていたときは、それこそテレビなどでもプロカメラマンがハッセルのクランクを指の股に挟み、スムーズに巻き上げているシーンなどがあり、それを見ていた幼かった自分も

「かっけぇー」

と憧れを抱いたものでした。

そう、このクランクを早く回し、ピントなどのスタンバイを経てシャッターを切る。という一連の動作はハッセルを持つ醍醐味でもあると個人的に思っていたりもしました。(実際風景などはそんな必要はないのだが・・。)

だが、実際はちょっと違います。
プロのように早くスムーズに回すにはやはり「慣れ」が必要だということが分かりました(笑)
結構スムーズに回りませんっ。

ハッセル本体が軽いので回すときに重心がクランク側に移ってしまいトルクが均一に掛からない場合が結構あります。巻き上げの駆動系にダメージがあるわけではありませんが、なかなか何十枚も同じ状態でシャッターを切るのはやはりプロのなせるワザとでもいいましょうか。結構難しいです。
その点ノブの巻き上げは安定しています。どうやっても同じトルクで巻き上がるので、自分はどちらかかというとノブの方が好きです。
ハッセルクランク4
とはいえ、ビジュアル的にはクランクの方が良いことは誰もが認めるところ。
見た目の印象が大きく変わるこのノブとクランクですが、クランクはハッセルの中でも人気のあるパーツで、値段の方もそこそこします。安くは5000円ぐらいから10000円ぐらい。相場は7000円前後でしょうか。
実は、このノブ、クランク共に表面に革が貼ってあります。古いモノや程度の悪いモノだとこれが縮んでいたりして見た目の印象が悪いです。また、クランクは鉄なので、錆が発生します。たたんである状態では綺麗でも開いたクランクの付け根が錆びている場合があるので注意が必要でしょう。購入時にはこれらに気をつけるとよいでしょう。

取付方法は至って簡単。わざわざ写真を載せるまでもなく、誰でも簡単に取り付けられます。勿論ドライバーなどの道具はいりません。

ハッセルで写真を撮ること自体が大きな「拘り」となってしまった今日ですが、どうせならボディの細部まで拘ってみませんか?


ⓚAll Rights Reserved. Photo by Kazz with GXR A12 28mm 50mm



0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
0 Trackbacks
Top
プロフィール

Author:Kazz
Welcome to my blog

Kazz zzak(+あい。)へようこそ。
Kazz zzaK(+愛・逢・遇・合・・・ etc)
あい。は、人それぞれ。

英語で i は自分ということ。

Kazz zzak(+i)

色々な「あい。」と自分をプラスして
Kazz zzak+i=「Kazz zzaKi」

「カズ雑記」

身の回りの好きなこと。好きなモノ。
関心のある事。
写真と共に何でも書いていきます。

気に入ったらまた遊びに来てください。

尚、このブログ内全ての文章・写真には著作権があります。販売も行っておりますので
無断で使用・転載する行為を固く禁じます。

コメントは基本的に悪質で無いものは承認する方向です。
ただ、メールで個別に対応することは時間的にも余程のことが無い限りできませんので
コメント通してすることになります。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター