「我が道を往け」SIGMA SD15 見参。

11 20, 2011
シグマSD15 SIGMA SD15
Kazz拘りの道具の旅
SIGMA SD15 1
前々回から少し気になるカメラとしてチラッとエントリーしていた SIGMA SD15。
発売から約半年を経て、手元にやってきた。

SD1が良い意味も悪い意味も含めて規格外のモデルとなってしまった今、ごく一般的に手に出来る現行のFOVEON一眼最後の砦。
そこに求められるものは、画質において過去のSDシリーズを凌駕するDP系からの正常進化として期待される

「レンズ交換が出来る最新鋭のDP(FOVEON)機。」

1+2=15?

SDシリーズでありながら、このあまりにも高いハードルの「宿命の十字架」を背負わされたSD15。(笑)
その多大なる重責を払いのけることができるか。

ここで考えた。DP系レンズの凄さは誰しもが認めるところ。
おお、よしっ、それならこうしよう。
ここはあえてスターティング・キットレンズではなく、SAマウント最強標準ズームとして呼び声高い
17-50mm F2.8 EX DC OS HSMで試すか。

さて、過度の期待をせずに気楽に使ってみよう。
SIGMA SD15-2
その往く道は、我が道。先に己無く、後に己無し。

SD1が新センサーを採用したことから、これから生まれるであろうSIGMAのカメラはこの新センサーを積んでくることは間違いない。旧センサーである当機は長きに渡る第一次SDシリーズの集大成としての立ち位置がハッキリした。
SD15として孤高の名機に成ることができるか。はたまた凡機で防湿庫行きか。

Kazz zzaK (+あい。)、 FOVEON第二章の幕は上がった。


ⓚAll Rights Reserved. Photo by Kazz with GXR A12 50mm



0 CommentsPosted in  SD15
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
0 Trackbacks
Top
プロフィール

Author:Kazz
Welcome to my blog

Kazz zzak(+あい。)へようこそ。
Kazz zzaK(+愛・逢・遇・合・・・ etc)
あい。は、人それぞれ。

英語で i は自分ということ。

Kazz zzak(+i)

色々な「あい。」と自分をプラスして
Kazz zzak+i=「Kazz zzaKi」

「カズ雑記」

身の回りの好きなこと。好きなモノ。
関心のある事。
写真と共に何でも書いていきます。

気に入ったらまた遊びに来てください。

尚、このブログ内全ての文章・写真には著作権があります。販売も行っておりますので
無断で使用・転載する行為を固く禁じます。

コメントは基本的に悪質で無いものは承認する方向です。
ただ、メールで個別に対応することは時間的にも余程のことが無い限りできませんので
コメント通してすることになります。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター