△を探せっ! ○△□乃庭の見方。

08 17, 2012
○△□の庭
建仁寺 ○△□乃庭 maru sannkakku sikakuno niwa
Kazz日本全国古(いにしえ)の旅


京都には面白い庭が数々ある。
ネーミングの面白さもさることながら、見る者に投げかける作庭者の心理。

京都 建仁寺 「○△□乃庭」まるさんかくしかくのにわ。

それは、龍安寺の15個の石のように精神世界へ誘うためのきっかけなのだろうか。
こういう庭は嫌いではない。
この庭は禅宗四大思想(地・水・火・風)を単純な図形で表現したものということだ。

この面白いネーミングの庭をよ〜く眺めてみる。四角、丸、形的には一見してわかるものがいろいろ見えてくる。
ところが・・・。
地(○)水(△)火(□)・・・風・・が無い。
そう、確かに風は無いんですけれども・・。
ちょっと自分なりに考えてみた。
枯山水庭園だと水の流れが表現されていることがよくあるが、砂丘の風紋のように、庭に描かれたラインで風の跡を表現したものなのだろうか。または、中心に植えられた一本の木の微妙な「揺らぎ」で「風」を表現したのではないのか。

・・いや、そんなことは後回しにして。
○△□乃庭と命名された割には、この庭には問題が・・。

どうしたって△が見えない。(笑)

いやいや、確実に△らしきものが無い。
でも、○△□乃庭なんだよなぁ。
非常に高度な禅問答か、煩悩がある人間には見えないのか。
ぜってー見つけてやる・・。

ネタバレしてる人には「あそこだよ。」って言われてしまうかもしれないけど。
実は、この庭には説明書きがあり、△がこの庭のどこにあるかわかるように図解されています。
自分は最後まで心の目で見ましたが、結局ギブアップ。わかりませんでした。
それを知らされた時は、
「お〜っ、そういうこと。奥が深いな〜。」
と・・・ちょっと納得いかないような・・(笑)
ネタバレになるのでここにはあえて載せないようにしますが、(ググっちゃだめですよ。)興味のある方は実際に建仁寺に行ってみてください。
あっ、くれぐれも立て看板の図解を先に読んではダメですからね。

もし、何の予備知識も無く一発でこれがわかったら、結構凄いんじゃないでしょうか。


0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
プロフィール

Author:Kazz
Welcome to my blog

Kazz zzak(+あい。)へようこそ。
Kazz zzaK(+愛・逢・遇・合・・・ etc)
あい。は、人それぞれ。

英語で i は自分ということ。

Kazz zzak(+i)

色々な「あい。」と自分をプラスして
Kazz zzak+i=「Kazz zzaKi」

「カズ雑記」

身の回りの好きなこと。好きなモノ。
関心のある事。
写真と共に何でも書いていきます。

気に入ったらまた遊びに来てください。

尚、このブログ内全ての文章・写真には著作権があります。販売も行っておりますので
無断で使用・転載する行為を固く禁じます。

コメントは基本的に悪質で無いものは承認する方向です。
ただ、メールで個別に対応することは時間的にも余程のことが無い限りできませんので
コメント通してすることになります。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター