年末恒例 2012年 今年のKazz zzaK(+あい。)名建築ベスト3 

12 30, 2012
さて、
もう少しで新しい年を迎えようとしておりますが、2012年はどうでしたでしょうか?来年はカレンダーが良いので(4日が休みの場合9連休)早速出掛けている方もいらっしゃると思いますが、自分は4日から仕事なのでそういう意味では少し残念です。

このブログを書き始めてから、年末最後のエントリーはその年に行った「名建築のベスト3」なんて言うのを勝手にやっていたのですが、いつまで続くかは別として、恒例ですので早速今年もやってみたいと思っています。
ちなみに去年のベスト3はこう。

1 桂離宮(京都府)
2 龍岩寺(大分県) エントリー → 懸造「絶対王者」 投入堂に迫れるか。 龍岩寺奥院 いよいよ登場!
3 臥龍山荘(愛媛県) エントリー → 燻銀名建築 臥龍山荘


えー、桂離宮って2011年だったんだ・・って自分でビックリしつつ、去年は西日本約一周の旅なんかがあったのでベスト3は西日本に集中したけど、今年はどうなるのでしょうか。今年も結構行きました。
このベスト3ルールとしては、過去に行った場所は除外します。

では、2012年のベスト3、まずは第3位から。
screenshot_446.jpg
SDIM1359.jpg
福島県の『白水阿弥陀堂』です。
え〜っ、ここは2012年に屋根の葺き替えが行われ、6月に一般公募の屋根葺き替え見学会があり、それに行ったものです。
ですので、厳密に言うと建物全体を見ていないのでどうかと思いましたが、それでも印象に残った建築に間違いは無いので第3位とします。国宝建築の屋根の葺き替えを見ることは滅多に出来ないので貴重な機会でした。これに味を占めて修理見学会に注目するようになったのですが、いかんせんピンポイントで訪れることができずに結構見逃しています。(泣)2013年もこうした修理見学会の機会があれば嬉しいのですが・・。
ちなみに、現在白水阿弥陀堂の屋根の葺き替えは完成しており、拝観できるようになっております。自分も完成した白水阿弥陀堂を見に行こうと思っています。
【白水阿弥陀堂屋根葺き替えリポート】
リポート1
リポート2

そして、第2位は、
screenshot_447.jpg
screenshot_360.jpg
滋賀県の石山寺です。(未エントリー)
今回は滋賀県の国宝建築をかなり回りました。
今更なのかもしれないですが、個人的にはこうした滋賀県のお寺はどこも非常に良かったです。
どこがいいかというと、まず「人が少ない!」ゴチャゴチャしてない。(笑)
結構良い時期だったにも拘わらず、拝観している人はもの凄く少なくて京都・奈良に慣れた人間にはビックリするぐらいです。中でもこの石山寺は多少人出はありましたが、それでもゆっくり落ち着いてみることができました。
かの紫式部も京の喧噪から逃れてここで源氏物語を出筆していたということもあり、何となくその気持ちが分かるような気がします。
石山寺自体は当ブログでは未エントリーですが、湖東・湖南三山ともにジックリと扱いたいところです。

そして、2012年印象に残った名建築第1位は・・。
screenshot_448.jpg
screenshot_449.jpg
ここです。
「えっ、どこ?」
というなかれ、(笑)
京都府・妙喜庵国宝茶室『待庵』です。(未エントリー)

さぁて、この待庵についてなのですが、非常に印象に残っておりまして、帰宅したときから即エントリーしたいと考えていたのですが、中々出来ておりません。
というのも、この待庵は当然ながら撮影禁止であり、中の写真はありません。したがって当ブログの性格上CGが必須となるのですが・・造る優先順位から未だエントリー出来ずにいます。
こうした極めて貴重な遺構が今日に明日に無くなることはないと思うし、著しく変化があるものではなく、情報として迅速性を重んじるものではないと思うので、やるならばジックリと仕上げていきたいです。
実はこの待庵を訪れたときに、相対的にエントリー出来るであろう「ある場所」にも行っており、そのエントリーも含め非常に面白いエントリーになるのではないかと思います。
ここ妙喜庵は完全予約制で一度に拝観できる人数も限られています。千利休が造った唯一の現存茶室と言うことで注目が集まりますが、自分が行ったときは2人しかおらず、心ゆくまで見ることが出来ました。また、この妙喜庵には待庵の実測図が販売されています(!)これにはビックリしました。もちろん購入済みです。(500円)

そして、最後に番外編として選んだのはこちら。
screenshot_450.jpg
奈良ホテルです。
今年は色々なところに行きましたが、この奈良ホテルもかなり・・・というか、相当に印象的でした。
何せ新しいカテゴリーを作ってしまったぐらいにはまったので、番外編として挙げておきます。
こうしたホテルの宿泊費は決して安くは無いのですが、旅の充実度からいうと宿泊するとしないとでは大きな差がありました。朝食や、館内、アメニティーのひとつにまでこだわり抜いた歴史あるホテルというのはそれだけで見るべきものであるという対象にもなりましたし、何より楽しめました。・・まぁ、そうそうに泊まれる場所でもないので貴重な一泊となりましたが、変な宿泊癖がついたかもしれないです。(笑)


と、いうわけで、簡単ですが今年2012年を振り返ってみました。
今年のエントリーはこれで終了します。
今年もたくさんの方に遊びに来ていただきました。この場を借りてお礼を申し上げます。
ありがとうございました。特に、コメントや拍手、何度も足を運んでもらった常連の方々には強く申し上げます。
常々思うのですが、自分の性格上こうしたブログを書いている身としては、訪れてくれる方々がいないと正直書く気が起きないです。(笑)
よって、このブログは、このような駄ブログにも拘わらず足を運んでいただいてる方に支えられて続いております。
来年も続きますので、また時間があるときで構いませんので、是非遊びに来て下さい。

それでは、一年間ありがとうございました。

良いお年を!!

Kazz

0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
プロフィール

Author:Kazz
Welcome to my blog

Kazz zzak(+あい。)へようこそ。
Kazz zzaK(+愛・逢・遇・合・・・ etc)
あい。は、人それぞれ。

英語で i は自分ということ。

Kazz zzak(+i)

色々な「あい。」と自分をプラスして
Kazz zzak+i=「Kazz zzaKi」

「カズ雑記」

身の回りの好きなこと。好きなモノ。
関心のある事。
写真と共に何でも書いていきます。

気に入ったらまた遊びに来てください。

尚、このブログ内全ての文章・写真には著作権があります。販売も行っておりますので
無断で使用・転載する行為を固く禁じます。

コメントは基本的に悪質で無いものは承認する方向です。
ただ、メールで個別に対応することは時間的にも余程のことが無い限りできませんので
コメント通してすることになります。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター