日本一危険な国宝2

11 17, 2010
三徳山 三佛寺 投入堂2 Mitokusan-Sanbutsuji Nageiredou 2
Kazz日本全国古の旅

投入堂CG テスト2
投入堂CGテスト

ⓚAll Rights Reserved. Photo by Kazz

屋根を外した状態の投入堂。自分的に完成度10%ぐらいでしょうか。(笑)細部はまだ煮詰めていませんが、投入堂の骨格は大体把握できました。シンプルで非常に面白い造りになっています。ちなみに、投入堂のエントリーが終わるまでに完成することはないと思いますので、このCGは番外編として登場することになります。


投入堂という建物は自分にとって非常にショックでした。いえいえ、とは言っても、これは良い意味でショックだったと言うことであり、決して「苦労して行ってこれかよ。」という類のショックではありません。投入堂を目の当たりにした自分は、本当に興奮していました。行く前は柱一本に至る詳細まで脳細胞に記憶させようと意気込んでおりましたが、いざ目の前にすると、とてもそんな余裕はなかったです。(笑)

帰宅してから、もの凄くこの不思議な建物に興味が出てしまい、色々な資料を集めてみました。

とは言ったものの・・う~ん、なかなか無いですね。これだけ人気のある建物なのですが、大概投入堂訪問記のようなもので、建物自体の図面などを一般人が目の当たりにすることは残念ながら無いようです。根気よく少しずつ集めています。

と、いうのも、ブログなどで、やってそうで、やっている人がいないので、Kazz zzaK的に普通とは違うアプローチをしたいということも含め、超素人である自分が、CGで「投入堂」を創って見ようと思い立ちました。多角的に見ることの出来ない「投入堂」こそ、CGで創る価値があるのではないか。

・・・とはいえ、CGに関してはほぼ「ド」が付く素人ですので、期待したものをお見せできる確証は殆どありません(笑)が、何事も精進です。作らなければ上手くなるはずないです。良いキッカケになるかもしれませんし、こうしたものは最初に風呂敷を広げておかないと、「やっぱ良いか・・。」ということになりそうので、あえて最初にエントリーしました。また、不特定多数の人に見せることによって、色々派生していくことを期待し、企画を立ち上げました。このCG作成の件に関して、一般向けとしては唯一と思われる投入堂実測図を入手(西澤文隆氏 「日本名建築の美」より。但し、残念ながら絶版本です。あと、最近調べたのですが、投入堂他重要文化財を修理した際の(いわゆる平成の大修理)の報告書が国会図書館にあるみたいです。未確認。)したので、この図を元に出来る限り詳細に製作していき、自分はもとより、投入堂自体に興味がある人のコミニュケーションに役立てたいと思います。自分のCG製作スキルでは、近景用は無理だと思うが、出来るだけ頑張ってみようと考えています。(投入堂の詳細な図面ってあるのかなぁ。)

さて、前置きが長くなりましたが、次回からいよいよKazz zzaK(+あい。)的(あっ、たいしたこと無いです)「修験道、投入堂への道」の始まりです。


0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
0 Trackbacks
Top
プロフィール

Author:Kazz
Welcome to my blog

Kazz zzak(+あい。)へようこそ。
Kazz zzaK(+愛・逢・遇・合・・・ etc)
あい。は、人それぞれ。

英語で i は自分ということ。

Kazz zzak(+i)

色々な「あい。」と自分をプラスして
Kazz zzak+i=「Kazz zzaKi」

「カズ雑記」

身の回りの好きなこと。好きなモノ。
関心のある事。
写真と共に何でも書いていきます。

気に入ったらまた遊びに来てください。

尚、このブログ内全ての文章・写真には著作権があります。販売も行っておりますので
無断で使用・転載する行為を固く禁じます。

コメントは基本的に悪質で無いものは承認する方向です。
ただ、メールで個別に対応することは時間的にも余程のことが無い限りできませんので
コメント通してすることになります。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター