ありがとうございます、10万ヒット。

09 04, 2013
ドラマチック、ケンチク
さて、
早いものでこのブログを始めてからもうすぐ3年が経とうとしております。先日その間訪れていただいた皆様の数が10万(ユニーク)に達しました。
ありがとうございます。

思えば、始めた当初は当然のことながら訪問者数一桁を記録することもあり、「個人ブログなんてこんなもんかなぁ」などと思いましたが、『継続は力なり。』最近はコンスタントに見に来てくれる方もいて嬉しい限りです。
これは、書き始めた当初から言っていたのですが、本当は、ブログに依存せず、何枚かの写真と共に、それとなく日常を綴ったブログ・・なんていうのを目指していたのですが、全然違う方向に進んでます。(笑)

中でも『建物記・けんぶつき』(建物をゆる〜く見物した記録)と称した国宝建築(その他ちょっとイレギュラー的なものもあります。)について書かれた一連の記事は、自分でもこうしたブログを書くとは予想してなかったので驚きです。
この建物記については、タイトルも最近になって考えたもので、当然ながら書き始めた当初はファイル№が打っていない。かつ、今回調べたら番号はおろかカテゴリーもバラバラ。
最近の番号でさえ既にずれているようだ。(笑)
そこで、自分でもよくわかってない(笑)建物記について、一度過去に書かれたエントリーを全て列挙してみたいと思います。そして、このファイルを造り込んで、いつでもアップデートした最新のものが見られるようカテゴリーの欄にリストとして置いておきます。(今は時間が無くてちょっと無理ですが・・。)
もし、興味を持って頂いた方はお手数ながら過去のエントリーを是非ご覧頂ければ書いてる方としても嬉しいです。

【Kazz zzaK(+あい。)建物記】エントリーリスト(赤字は国宝)

№0001 西芳寺(苔寺)(京都)
№0002 餘部橋梁(兵庫) 
№0003 タウシュベツ橋梁(北海道)
№0004 角島大橋(山口)
№0005 姫路城(国宝・兵庫)
№0006 山寺(山形)
№0007 足立美術館(鳥取)
№0008 法然院(京都)
№0009 投入堂(国宝・鳥取)
№0010 飛雲閣(国宝・京都)
№0011 岡倉天心 六角堂(茨城)
№0012 大國魂神社(東京)
№0013 東郷寺(東京)
№0014 広隆寺(京都)
№0015 龍安寺(京都)
№0016 仁和寺(京都)
№0017 丸岡城(福井)
№0018 彦根城(国宝・滋賀)
№0019 三渓園 臨春閣(神奈川)
№0020 桂離宮(京都)
№0021 平等院(国宝・京都)
№0022 達谷窟毘沙門堂(岩手)
№0023 中尊寺金色堂(国宝・岩手)
№0024 寂光不動(千葉)
№0025 修学院離宮(京都)
№0026 笠森観音(千葉)
№0027 栗林公園(香川)
№0028 道後温泉本館(愛媛)
№0029 豊楽寺(国宝・高知)
№0030 富貴寺(国宝・大分)

№0031 竹瓦温泉(大分)
№0032 臥龍山荘(愛媛)
№0033 龍岩寺(大分)
№0034 瑠璃光院(京都)
№0035 曼殊院門跡(京都)
№0036 安楽寺 八角堂(国宝・長野)
№0037 大法寺 三重塔(国宝・長野)

№0038 白水阿弥陀堂(国宝・福島)
№0039 建仁寺 ○△□乃庭(京都)
№0040 龍光院 密庵席(国宝・京都)※但し、未見
№0041 奈良ホテル(奈良)
№0042 永保寺 観音堂(国宝・岐阜)
№0043 宇治上神社(国宝・京都)
№0044 大善寺(国宝・山梨)
№0045 長保寺(国宝・和歌山)
№0046 出雲大社(国宝・島根)
№0047 新薬師寺(国宝・奈良)
№0048 瑞龍寺(国宝・富山)


えぇ〜、数えてみると建物記などと大見得切っておきながらこれだけ?
国宝建築に至っては18ぐらいしかエントリーしてなかったのか・・。我ながら情けない・・。
しかも、最初の方はブログの方向性が定まってないので、エントリーだか何だかよくわからない状態になってるし・・。
とはいえ、ブログを書くようになってからここ数年の国宝建築訪問は結構な数になっており、実はエントリーしてないだけでかなり行ってるんです・・。これについては徐々にアップしていこう。(笑)


もう、永遠に見られない建築。
ご承知のように、こうした建築というのは決して永遠ではありません。
『完成した直後から崩壊に向かう。』
誰かの言葉ではありませんが、人の手を借り、修理をしないで現存できる建物などありはしません。
つまり、建築とはそのものが持つ歴史と共に、修理の歴史でもあります。
そして、天災、人災。建築を取り巻く環境は常に不可抗力的なリスクとの戦いです。
その証拠に、ここに挙げたたった48ほどの建築の中でも、すでに見ることの出来ないものが2つほどあります。
日時が無いのでわかりにくいとは思いますが、どこだかわかりますでしょうか?
ひとつは、3.11震災前に訪れた茨城県の五浦六角堂(※但し、現在は再建されています。)
六角堂11
岡倉天心が愛した五浦の海。精神を統一し、瞑想にふける部屋として六角堂は造られましたが、皮肉にも天心が愛したその五浦の海により残念ながら六角堂は壊されてしまったのです。
のちに関係者の尽力によってこの六角堂は見事に再建されました。
そして、もうひとつが、ここ
餘部12
兵庫県にある・・いや、あった、『旧・餘部橋梁』です。
六角堂は以前テレビの再建ドキュメントを見たのですが、何から何まで非常に良く研究されていて、見事に再建されました。
ただ、こちらは違います。
この餘部橋梁は約百年の歴史に幕を閉じ、現在はコンクリート製の『新・餘部橋梁』が掛けられています。
見ようと思っても、もう、無いんです・・。
自分は鉄道好きでも何でも無いのですが、初めて見たこの餘部橋梁の感動は忘れられません。ここを列車が通っていると言うだけでも凄いことだと思いましたし、必要最低限の機能美の極地だと思っています。この橋は本当に色々な意味で凄い橋でした。
餘部橋梁といえば、日本海側の強風による痛ましい落下事故が直接の原因となり、安全上の問題から、一気に取り壊し、掛け替えを余儀なくされました。惜しまれながら約百年という歴史を閉じましたが、わざわざ行くことは無いとおもいつつ、いつか『新・餘部橋梁』を見てみたいとも思います。

自分は常に、「建築はエンターテインメントだ」と言い続けています。
そして、目の前にある歴史を積み重ねた建築は劇的、ドラマチックでもあります。
そうしたものを味わいたいために何百、何千キロと移動し、目の当たりにすることは自らの活力となるものであり、感動を呼び起こす感性を担うものだと信じて疑いません。おそらく、どういう関わり合い方であっても建築から離れると言うことはないと思います。

・・というわけで、長くなりましたが、10万ヒット、重ね重ねありがとうございます。
今回は建築ばかりを取り上げましたが、実は何でも書きます。(笑)

KaZZ

2 Comments
By 老婆心09 07, 2013 - URL [ edit ]

こんにちは。
どういうお仕事の方なのかなーと記事を読んでいて思います。

私は日本史がパーで寺社仏閣のなにがなにやらだもので、この夏も出雲大社に立ち寄ったのですがあまりの暑さもあり「はいはい出雲大社、神座が横向き、この遷宮の巨額の金はどこから出るんだろうスゴイね、終了」とそそくさと撤収してしまいました…ふり返ればもったいなかったなぁ。ここで取り上げられた大國魂神社は学生の頃電車を逃し歩いて行く途中をちょっぴりショートカットする場所で、こうして見せていただくと立派なところだったのですね、これもやや後悔。

餘部鉄橋はコンクリート橋になってその下には道の駅ならぬ「空の駅」ができ、ちょっとした観光スポットになりました。橋梁の一部は記念に残されていて、取っ払った鉄骨をスライスして文鎮としてお土産に。すぐ前の海がキレイでしたよ。

By Kazz09 07, 2013 - URL [ edit ]

老婆心さん こんばんは。コメントありがとうございます。

自分も昔は今ほど建築や日本史には興味がありませんでした。寧ろ、嫌いでした。(笑)
ですから、こういった建築関係(あまりに拙いけれど・・)のブログを書くこと自体自分でも驚いています。
何かのキッカケで色々調べていく内に好きになったので、老婆心さんも何かのキッカケで好きになるかもしれませんよ。
地元と違い、旅行先というのは、場所によって訪れることも難しい場合があり、(投入堂が良い例)出来るだけ後悔を残さないように心がけていますが、場合によっては「後悔を残す。」ことも大事だと思っています。これにより、また、行こう。ということになりますから。(笑)

新・餘部橋梁になってからは、個人的には魅力が無くなり、その後まで追っていませんでしたが、あのような形になったのですね。ネットで見てみました。橋梁の一部が残されるのは知っていましたが、お土産として売られているのは知りませんでした。中々の商売上手ですね。

今年は暑くて観光地に行っても早々に退散する気持ちは凄くわかります。懲りずに旅に出ましょう。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
プロフィール

Author:Kazz
Welcome to my blog

Kazz zzak(+あい。)へようこそ。
Kazz zzaK(+愛・逢・遇・合・・・ etc)
あい。は、人それぞれ。

英語で i は自分ということ。

Kazz zzak(+i)

色々な「あい。」と自分をプラスして
Kazz zzak+i=「Kazz zzaKi」

「カズ雑記」

身の回りの好きなこと。好きなモノ。
関心のある事。
写真と共に何でも書いていきます。

気に入ったらまた遊びに来てください。

尚、このブログ内全ての文章・写真には著作権があります。販売も行っておりますので
無断で使用・転載する行為を固く禁じます。

コメントは基本的に悪質で無いものは承認する方向です。
ただ、メールで個別に対応することは時間的にも余程のことが無い限りできませんので
コメント通してすることになります。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター