年末恒例!2013年 Kazz zzaK(+あい。)今年の名建築BEST3

12 27, 2013
kazuzakutobira3-2.jpg
【兵庫県 加西市 一乗寺 国宝三重塔】ロケーションが素晴らしい!

さて、
めっきり寒くなりました。2013年ももう少しで終わりになります。
今年はどんな年でしたでしょうか。
そして、年末と言えば当ブログにもこの時期がやってきました。
恒例となりましたKazz zzaK(+あい。)名建築BEST3 2013年版。
今年も日本全国津々浦々、結構国宝建築を体感しに行きました。
どこも甲乙付けがたい素晴らしい場所でしたが、特に厳選した個人的ベスト3!
発表していきたいと思います。

今年は旅の出だしがいつもより遅く1泊旅行は6月に初めて行きました。通常だったら3月から4月の始めにかけてどこかに行くのですが、今年は仕事が忙しく時間がとれなかったのが理由。桜の写真がHDに無いのが残念です。(笑)

前置きはこのぐらいにして、・・・。
早速いってみたいと思います。

まずは、第3位から。
・・・と、実は第3位は二カ所あります。まずは、その一つ目から。
screenshot_1075.jpg
・・・って、ここは、どこでしょうか?(笑)
海?と船と島。どこかで見たことがあるような無いような・・。

国宝建築ファンであればどこだかすぐ分かると思うのですが、一般的にはなかなかこの場所は分からないと思います。
ここはですね・・・。
日本で数少ない『船に乗らなければ行けない国宝建築』がある場所です。
場所は、滋賀県琵琶湖にある竹生島。あまり馴染みが無いですか?
そこにある国宝建築、
都久夫須麻神社(つくぶすまじんじゃ・竹生島神社)と 宝厳寺唐門です。
(未エントリー)
竹生島といえば浅井家の特厚な信仰を受けたことでも有名です。NHK大河でも信長と江が船で竹生島に渡るシーンがあり、船内のビデオでもそのシーンが流れていました。
screenshot_1076.jpg
【宝厳寺本堂(弁天堂)】日本三大弁天のひとつ。※ちなみにこの弁天堂は国宝ではありません。
小さな島なんですが、アプローチは船と言うこともありテンションが上がります。
まぁ、その期待に答えるように宝厳寺唐門の方は圧倒的なオーラがあり、凄いの一言です。
門だけでこれだけの迫力はなかなか出せないと思います。西本願寺の唐門的な雰囲気がありますが、青い空と相まって良い感じの雰囲気です。
screenshot_1077.jpg
圧倒的なオーラ。【国宝 宝厳寺唐門】もしかしたら貴重になるかもしれない修理前。
screenshot_1062.jpg
【唐門見返し】
元々は極彩色だったらしいのですが、今や色は抜け彫刻はややくたびれ感がありましたが、秀吉が建てた大坂城唯一の遺構といわれ注目を集めている宝厳寺唐門。【移築経路】大坂城極楽橋の唐門→豊国廟(京都東山秀吉のお墓)→竹生島
この唐門は痛みが酷く、実はもう少しで全体的な修理に入ります。平成30年までかけて行う予定のようですが、現在は船廊下(重文)と都久夫須麻神社本堂が修理に入っています。但し自分が行ったとき(2013.11.02)は廊下も通過できましたし、神社本堂もチョコッと見えました。
screenshot_1081.jpg
修理中の【重文 船廊下】 屋根部分 この修理は事前予約が必要無く随時見学できます。(2013.11.02)
screenshot_1082.jpg
修理中の【国宝 都久夫須麻神社】※参拝は可能(2013.11.02現在)
唐門の方は色彩復元も行われるというので、あまり極彩色の感じが好きでは無いという方は修理に入る前に見学希望の方は早いほうが良いかもしれません。

そして、同率の第3位。
screenshot_1064.jpg
わざとこういう写真を使っておりますが、どこだかおわかりでしょうか?

正解は・・
福井県小浜市の名古刹 明通寺 です。(未エントリー)
まず、ここの何が良いかというと、それは、『静寂』です。
まぁ、たまたま人が居なかったからでしょうが、それでもここはアプローチからして素晴らしく、まわりの木々山々が音を遮り「シーン」という音が聞こえてきそうなぐらい静かな場所です。
screenshot_1083.jpg
建物も素木仕様(笑)回りに溶け込んで違和感がありません。建築・環境共々素晴らしいところでした。特に秋は最高じゃないでしょうか。
シンプルな本堂・三重塔が国宝です。

そして、第2位。
screenshot_1066.jpg
兵庫県小野市 浄土寺浄土堂(未エントリー)
ここは建築としても珍しい建築で面白いのですが、何と言ってもメインは中の仏像です。自分が行ったときは見学者があまりいなかったのでゆっくりと対峙することができましたが、この阿弥陀像は必見です。大きさもさることながら、来迎の雰囲気満点で、阿弥陀様のイメージにピッタリです。
この浄土寺浄土堂は光が堂内に入ることまで計算されて造られているというのは有名な話ですが、一度光が回った堂内を見てみたいと思いました。
素晴らしい。
あっ、言い忘れてたんですが。ここ浄土寺浄土堂は堂内を拝観するために時間に注意しなければなりません。
というのも、『お昼休み』があります。(12時〜13時)
自分は知らないで丁度お昼に到着したため結構待ちました。
まぁ、外観を見るのは大丈夫なのでジックリ写真を撮ったりして時間を潰しましたが・・。
急いでいる方は事前に確認した方が良いでしょう。

そして、数ある素晴らしい国宝建築を押しのけて、堂々の第1位。
sizutani1.jpg
暗い中に僅かに見える花頭窓・・。
さて、ここは・・岡山県備前市にある、旧閑谷学校です。(未エントリー)
何が良いかって、まず、学校で国宝って素晴らしい。(笑)
この旧閑谷学校は建築としては新しいのですが、何が良いかというと、ロケーションと建築のマッチングが素晴らしい。本当に何も無いところなんですけど(失礼)こういうところで勉強したら捗るだろうなぁ。
screenshot_1084.jpg
【国宝 旧閑谷学校】建築としても面白いし、何より回りとの調和が素晴らしい。
映画のセットに入り込んだようなタイムスリップ感があり、当時の空気感を肌で感じる事が出来る数少ない建築のひとつだと思います。
また、地元のボランティア(?)の方々がひとりひとり丁寧に迎えて下さって、それも素晴らしい。盛り上げていこうという雰囲気がヒシヒシと伝わってきて気持ちが良かったです。雰囲気も含め第1位に相応しい建築でした。

2013年総括
今年の国宝建築の旅は新規で20箇所以上回りましたが、ここに漏れたところでも素晴らしいところは結構ありました。
順位を付けはしましたが、どこも素晴らしかったです。
screenshot_1069.jpg
【奈良 長谷寺 本堂】
それとは逆に、事前の期待が高すぎてガックリした場所もあります。苦笑い・・と言うところですけど。(笑)
まぁ、それらをいちいち発表はしないつもりですが、2014年のエントリーの中でポロッと書いてしまうかもしれません。
ここで挙げた建築はいずれも未エントリーになりますが、情報が古くならないうちにエントリーしていきたいと思っております。

当ブログも早いもので4年目に突入しております。
今年は思うようにエントリーも進まない時期があり書きたいことの半分も書いていないような気がします。
また、最近、事の真相はよくわからないのですがアクセス数が激減しております。以前の四分の一ぐらいになったでしょうか。これについては当ブログに限らず他のFC2ブログでも起こっているようです。いろいろ原因はあるようですが、趣味100%でやってる書き手側からすると、これについては本当にモチベーションが下がります。
ブログを書く理由は様々あれど・・これは毎度言うようですが「見られて、読まれてなんぼ」の世界だと思っております。ので、おかしい箇所は速やかに直して頂く事をお願いいたします。そして、良くも悪くも書くことが苦行にならない程度に関心を集めるエントリーを行いたいと思っております。

今年も一年、駄ブログにお付き合い下さいましてありがとうございます。
拍手・コメントを頂いた皆様、常連の皆様、ありがとうございました。
体調に気をつけて良いお年をお過ごし下さい。
では、来年も宜しくお願いいたします。
良いお年を!!

2 Comments
By 老婆心12 28, 2013 - URL [ edit ]

冬休みに突入し恒例の「年賀状版画の神様の降臨待ち」と称する現実回避でじくじくとネットサーフィン・ブックマーク巡回中。

竹生島行ったことあるなぁ、写真をみて思い出しました。船で渡って…かわらけ投げがありますよね?二枚あって、一枚に名前をもう一枚に願い事を書き、眼下の鳥居に向かって投げてくぐれば叶うとかって。運転しないとクルマ酔いするのですが、琵琶湖で船酔いというトホホさで帰りの時間が近づくと手が冷たくなって汗が出て辛かった。
そんなスゴイところだったのか…しょーもない観光客でゴメンナサイ…

ところで、来年春と秋に「皇居宮殿の内部の一般公開」があるそうですね。「カッコイイ休日をすごしているあのヒトはこれにも興味があるのだろうか」と思いながらその記事を読みました。

投入堂からおじゃまするようになりましたが、引き続きうらやましいようなお休みの成果をまた拝見させてください。どうぞよいお年を。

By Kazz12 28, 2013 - URL [ edit ]

老婆心さんこんばんは。

2013年も終わりに近づきました。いかがお過ごしでしょうか。
竹生島は今年行った中でもかなり印象に残るところでした。凄く良かったです。
老婆心さんも以前行ったときは船酔いなどで(笑・失礼)大変だったでしょうが、自分も興味が出てきてから
再訪した場合、印象が大きく違うことに気がつきました。若い頃だったら「綺麗なところだなぁ」ぐらいで
終わっていたかもしれません。そういう意味でも是非また訪れてみてださい。

> ところで、来年春と秋に「皇居宮殿の内部の一般公開」があるそうですね。

はい、かなり大々的に発表したのでご存じの方は多いのでは無いでしょうか。
初公開ですし、相当な倍率になることが予想されます・・・。

> 投入堂からおじゃまするようになりましたが、引き続きうらやましいようなお休みの成果をまた拝見させてください。どうぞよいお年を。

投入堂の方の更新が滞っておりすいません。ペースを上げていきたいのですが、なかなか・・。
長い目で見てください。
大したことない休みの話で良ければまた遊びに来てください。
老婆心さんも、良いお年を。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
プロフィール

Author:Kazz
Welcome to my blog

Kazz zzak(+あい。)へようこそ。
Kazz zzaK(+愛・逢・遇・合・・・ etc)
あい。は、人それぞれ。

英語で i は自分ということ。

Kazz zzak(+i)

色々な「あい。」と自分をプラスして
Kazz zzak+i=「Kazz zzaKi」

「カズ雑記」

身の回りの好きなこと。好きなモノ。
関心のある事。
写真と共に何でも書いていきます。

気に入ったらまた遊びに来てください。

尚、このブログ内全ての文章・写真には著作権があります。販売も行っておりますので
無断で使用・転載する行為を固く禁じます。

コメントは基本的に悪質で無いものは承認する方向です。
ただ、メールで個別に対応することは時間的にも余程のことが無い限りできませんので
コメント通してすることになります。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター