長野の国宝建築塔ツートップ。その二塔を再訪。

06 06, 2015
さて、
善光寺では人が多すぎてさんざんな結果に終わりながらも最低限な目的はクリアできたとして昼過ぎには後にした。そこから以前訪れた国宝建築の二塔を再訪することにした。ちなみにいずれも当ブログにてエントリー済みだ。
まずは我が国における唯一無二の国宝八角三重塔「安楽寺八角三重塔」を再訪した。

以前のエントリーはこちら→あなたは見たか!? 日本唯一、国宝 安楽寺「八角三重塔」の立姿。

screenshot_1824.jpg
前回訪れた時は屋根を葺き替えたばかりで真新しかったけど、現在は良い具合に馴染んでいる。
相変わらずこの塔の周りは霊験あらたかな独特の雰囲気があり、ある意味異質な感じがする。
やっぱりこの塔は凄い。
screenshot_1825.jpg
知らない方が「三重塔っていっても四重?」って不思議がってたけど、改めて言うまでも無く初重は裳階(もこし・雨よけなど)です。ので、四重に見えても三重塔なんです。けど法隆寺なんかと違ってここの裳階を含む全重は全体的なバランスが良く、どうみても「四重塔」に見える。知らない人が間違っても不思議じゃない。
「塔は上から見下ろすものじゃない。」
その教えに従って、今回は下からだけに。

場所は変わって青木村にある大法寺。前も言ったのですが、ここと安楽寺はそれ程離れておらずセットで回ることをお勧めします。同じ国宝塔でも環境など結構違うので見ていて面白いです。また、この近辺には他にも日本有数の名建築や別所温泉という良質な温泉もあり、観光には事欠かない。来年の大河ドラマ真田幸村の舞台となる上田も隣だし爆発的に人気が出る予感がする。

以前のエントリーはこちら→きっと振り返らずにはいられない。美しさの三重層。国宝 大法寺三重塔

まぁ〜、ここの塔の美しさは国内でもかなりのものなのではないでしょうか?三重塔人気ランキングなんていうのがあったら間違いなくベスト3には入ると思います。ちなみに自分が見た中では一番です。
screenshot_1827.jpg
前回訪れた時は屋根がボロボロでしたが最近になって葺き直されたようです。
screenshot_1828.jpg
screenshot_1829.jpg

相変わらす美しい。別名「見返りの塔」と呼ばれる大法寺三重塔。今回もやっぱり振り返ってしまいました。(笑)

2 Comments
By シンプル06 06, 2015 - URL [ edit ]

国宝、塔建築、ツートップ。まるで物語の中のキーワードのように、美しいテーマですね。
写真がまた素晴らしい。実物はもっと素敵なんでしょう。
二つの国宝建築塔、ぜひ見に行きたいと思いました。
戦国大河も好きですので、上田の庄にも(笑)
最近は、京都滋賀廻りで、福井・石川・富山にも行ってみたいなぁと思ってます。
福井・石川・富山の建築や仏像、調度品や伝統工芸品なんかも調べてみようと思ってる今日この頃です。
それにしても、見返り姿の塔だなんて、何て和魂に響く名称・名所なんだろう!

By Kazz06 08, 2015 - URL [ edit ]

シンプルさん こんにちは。

ここのツートップは国宝建築好きで無くとも必見だと思います。それ程人気がある場所では無く人混みとは無縁の世界です。
ただ、来年には上田も併せて凄いことになってるかもしれませんが。
京都が素晴らしいことは勿論ですが、滋賀県は紅葉時期など京都に比べ落ち着いていますしお勧めです。
話題の北陸三県も素晴らしいです。
「見返り●●」
よく使われる言葉なのですが言葉の響きが好きです。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
プロフィール

Author:Kazz
Welcome to my blog

Kazz zzak(+あい。)へようこそ。
Kazz zzaK(+愛・逢・遇・合・・・ etc)
あい。は、人それぞれ。

英語で i は自分ということ。

Kazz zzak(+i)

色々な「あい。」と自分をプラスして
Kazz zzak+i=「Kazz zzaKi」

「カズ雑記」

身の回りの好きなこと。好きなモノ。
関心のある事。
写真と共に何でも書いていきます。

気に入ったらまた遊びに来てください。

尚、このブログ内全ての文章・写真には著作権があります。販売も行っておりますので
無断で使用・転載する行為を固く禁じます。

コメントは基本的に悪質で無いものは承認する方向です。
ただ、メールで個別に対応することは時間的にも余程のことが無い限りできませんので
コメント通してすることになります。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター