一年越しのリベンジなるか?

06 13, 2015
さて、
去る6月4日にある場所の参観希望が締め切られた。そこは、迎賓館赤坂離宮。
昔も参観希望を募っていたのかどうかは知らないのだが、ここは一年に一度(GW明けぐらい)参観希望を募り、その内部を公開する。日本でも数少ない近代国宝建築のひとつだ。昨年同様に参観募集があり、応募したが見事に外れた。
国宝建築としての興味対象である赤坂離宮は勿論だが、今回もし参観することができたら、その内部にある「ある作品」に注目したい。
それが「花鳥の間」にある「七宝花鳥図三十額」これまた少し前にエントリーしたふたりのNAMIKAWAのひとり、 濤川 惣助の魂を込めた作品があるのだ。

そのエントリーはこちら→あなたは「超」を何個付ける?三井記念美術館『超絶技巧!明治工芸の粋』は、必見だ! 其の後編 ふたりのNAMIKAWA

これを是非この目で見てみたい。
昨年の落選のリベンジへ、今年こそはと願っている。当選通知は7月中ということだ。
screenshot_1840.jpg
話しは変わるが、ここ数ヶ月でユネスコの世界遺産勧告を受けた日本の産業遺産がクローズアップされている。
長崎県の軍艦島こと端島など、どこか一点では無く、結構あちこちに散らばっているものが一気になる見通しだ。
登録勧告を受けた場所には知らない場所もあり興味深かった。
それでも何か書こうと思って手持ちの資料の中からそれら関する写真があるか探したのだが、残念ながら無かった。
日本全国津々浦々、行ったようで意外と行っていなかった。(笑)
先日は松江城が国宝になり、昨今のブームと共にかなりの賑わいを見せているらしい。先に挙げた場所も勧告を受けてから結構見学客が来ているということだ。
というわけで、ちょっとそうしたこものとは関係ないが、写真は長野県松本市にある「旧開智学校」(重要文化財)だ。「産業」という枠では無いが、こうした古い文化的な建物が近い将来続々と国宝や世界遺産になんかになったら結構凄いことになる。登録にある程度の線引きはあるだろうが、逆になんでもかんでもというとありがたみがなくなってまったく人気が無くなるかもしれないな。間違いなくマチの活性化に繋がるとはいえ、過去には人が来すぎてどうにもならなくなった石見銀山みたいな例もある。とりあえず一段落したら行ってみようと思っている。

街を歩いていても古い洋館やお店に目が行ってしまう今日この頃です。

2 Comments
By シンプル06 14, 2015 - URL [ edit ]

ふたりのNAMIKAWAは力作エントリーですね、素晴らしい。恥ずかしながら知らなかったことが悔やまれます。作品もすごい。琳派始祖や日本工芸が好きな私としては、新たに教えて頂き、めちゃ感謝です!
並河靖之美術館にはぜひ行きたいです。
エントリーありがとうございます。
抽選当たりますように願っています。

By Kazz06 15, 2015 - URL [ edit ]

シンプルさん こんばんは。

「ふたりのNAMIKAWA」のCGは結構掛かりましたので褒めていただけると嬉しいですね。ありがとうございます。
明治の産業遺産がここにきて注目されていると同時に明治工芸にもここ数年大きな焦点が当てられてきました。
良い意味で大注目されています。自分もそれ程詳しいわけではないのですが、裾野が広がるということは後継者問題においても非常に良いことだと思っています。
超絶技巧明治工芸の粋の展示会は場所が限定されますが、まだやってます。(福島・富山・岐阜)もしお近くであれば是非ご覧になることをお勧めします。また、そうでなくとも清水三年坂美術館に大半の作品は戻るので、京都にお出かけの際は並河靖之美術館とセットで訪れることをお勧めします。

そうした経緯もあり、是非赤坂離宮に行きたいですね。(笑)

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
プロフィール

Author:Kazz
Welcome to my blog

Kazz zzak(+あい。)へようこそ。
Kazz zzaK(+愛・逢・遇・合・・・ etc)
あい。は、人それぞれ。

英語で i は自分ということ。

Kazz zzak(+i)

色々な「あい。」と自分をプラスして
Kazz zzak+i=「Kazz zzaKi」

「カズ雑記」

身の回りの好きなこと。好きなモノ。
関心のある事。
写真と共に何でも書いていきます。

気に入ったらまた遊びに来てください。

尚、このブログ内全ての文章・写真には著作権があります。販売も行っておりますので
無断で使用・転載する行為を固く禁じます。

コメントは基本的に悪質で無いものは承認する方向です。
ただ、メールで個別に対応することは時間的にも余程のことが無い限りできませんので
コメント通してすることになります。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター