FUJI X-T2はでたけれど…やっぱりX-PRO2でしょう。(笑)

09 17, 2016
DSC03495.jpg
さて、
先週FUJIのXTー2がリリースされた。とりあえず購入予定はないんだけれど、現在メインカメラとしてのX-PRO2一台しかないので、何とも不安なのは確か。
大体、旅なんかに複数台持っていくことは極力避ける方だったんですけど、以前、西日本一周という極力大事な場面で、一台しか持っていかなかったカメラがまさかの故障。今ほど写真を撮ることに集中していなかった時期とは言え、HDの中を見る度に「なんでよりによってあの時に故障したのだろうか」と悔しさだけが残ってます。(笑)
結局、その時は今のスマホの方がよっぽどキレイに撮れる程度のカメラでしかなく、今では余程のことがない限り撮影した画像を見返すことはありません・・・。(笑)

X-PRO2を購入して半年ぐらいが経過するんですけど、特に不具合もなく、相変わらず気に入って持ち出しています。
言わずもがな、X-PRO2の最大の売りが、OVFとEVF。ハイブリッドファインダーとして二つのファインダーを内蔵するX-PRO2なんですが、実際の撮影はほぼEVFでの撮影ですね。OVFは、性質上仕上がりのイメージをしにくいのでほとんど使ってません。でも、かといって全然使えないか?というとそんなことはなく、充分使用に耐えられると思ってます。確か10月にファインダー(とくにOVF)についてはかなりのアップデートが予定されており、相当使いやすくなるみたいです。
レンズは16-55と10-24の広角系ズームの二本から増えてません。でも、やっぱり単焦点レンズが欲しい!
X-PRO2自体に著しい不満はないんですけど、しいて挙げれば、ISOダイヤルと視度調整ダイヤルかな。
X-PRO2の場合、XT-2のように、軍幹部にISOの物理的なダイヤルを設けるスペースがないので設置は難しいのですが、シャッタースピードダイヤルと露出補正、ISOの三ダイヤルが物理的に存在すれば個人的には完璧でしたね。でも、あの位置も悪くはないです。
視度調整ダイヤルはカメラバックに入れると回っちゃってすぐに狂います。(笑)
逆に良い点はフォーカスの操作性。XーT2でも採用されたフォーカスレバー。これはホントに使いやすいです。上下左右はもちろん、レバーを押し込むことによって中央にフォーカスエリアが戻るというのが秀逸。ちょっと他には戻れないですね。あと、このレバーはX-T2の場合アイポイントに接近するので少し操作しづらくなってます。
全体的な質感や塗装はかなりいいですね。ローレットのダイヤルとか質感高いです。

画質に関しては、ほぼJPG撮り。RAWからの方が仕上がりが悪かったりします。(笑)ただ、全体的に僅かにイエローが強い傾向がありますね。好みの問題かもしれないですけど。あとはAPS-Cクラスとしては抜群の出来。等倍の勝負でなければフルサイズと対等でしょう。(最新機種の等倍では勝負にはなりません。)

と、まだまだカメラに使われてる方ですが、また報告します。

0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
プロフィール

Author:Kazz
Welcome to my blog

Kazz zzak(+あい。)へようこそ。
Kazz zzaK(+愛・逢・遇・合・・・ etc)
あい。は、人それぞれ。

英語で i は自分ということ。

Kazz zzak(+i)

色々な「あい。」と自分をプラスして
Kazz zzak+i=「Kazz zzaKi」

「カズ雑記」

身の回りの好きなこと。好きなモノ。
関心のある事。
写真と共に何でも書いていきます。

気に入ったらまた遊びに来てください。

尚、このブログ内全ての文章・写真には著作権があります。販売も行っておりますので
無断で使用・転載する行為を固く禁じます。

コメントは基本的に悪質で無いものは承認する方向です。
ただ、メールで個別に対応することは時間的にも余程のことが無い限りできませんので
コメント通してすることになります。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター