王様のおやつ

01 30, 2011
ガトー ラスク プレミアム Gateau Rusk Premium
Kazz日本全国お菓子な旅


最近のエントリーはカメラや投入堂など比較的Kazz zzaK (+あい。) の縦軸を司るものが続いた。
今回は最近やってなかったお菓子からエントリーしよう。

「ガトーフェスタハラダ」のガトーラスク・プレミアム。
「グーテ・デ・ロワ」=王様のおやつ。を越えるプレミアム。王様のおやつの中のおやつ。
と、いったところか。
ラスク1
早速空けてみよう。
今回頂いたのは5枚入りだ。パッケージもプレミアム感があり期待感が高まる。ゴールドの袋に包まれた一枚一枚はさすがに王様のおやつの面目躍如。
ラスク2
ラスク3
一枚がまず重い。そして中を開けるといきなりビックリ。チョコレートの良い香りがする。商品のペーパープレートに乗った王様のおやつの中のおやつ。
これ金粉か?何か凄い贅沢ですな。
何か自分が王様にでもなったような。

早速食してみる。

「ホーっ、・・・」

断面を見るとチョコレートが非常に厚くかけてある。街で見かける安いラスクは殆どが片側だ。これは全周かけてある。
感想としては・・・、これは多分ラスクではないな。
ちょっと高級すぎるチョコビスケットといった感じか。美味しいが、ラスクの香ばしさや「サクッと」感はかなり殺された。あと自分には少し甘い。
もう少しチョコレートを薄くかけるか、片側にしたらどうだろう。
ちょっと別のお菓子になってしまったようだ。

誤解のないように言っておくが、まずい訳じゃ全然無い。
ラスク6
同時にノーマルのラスクを食べてみるとよく分かる。「これぞ、ラスク」といった感が非常に強いバターの香りや、フランスパンの香ばしさ、サクッと感など、素直に美味しいと感じる。確かにこれは美味しい。
ラスク5
ノーマルのラスクは砂糖が片面しかかかっていない。香ばしさと同時に食感が非常に良く、全体的なバランスが輪を掛けて良い。これ一枚に味が凝縮された感じがして本当に美味しい。
こうしたもともとシンプルなお菓子に、より高級感を出すために、チョコレートをコートし、味の派生を謀るのは王道ともいえるが、時に大きく元の美味しい味を壊してしまいバランスを崩す時がある。いわゆる「やりすぎ」というやつだ。大体ラスクのようなもともとがシンプルな味で成り立っているお菓子に多い。
あくまで個人的感想だが、このノーマルラスクは何枚でも食べたいと思うが、プレミアムは一枚でしばらくは良い。その違いだろうか。

さて、
「ノーマル VS プレミアム」
真の王様のおやつは、どっちだ。


0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
0 Trackbacks
Top
プロフィール

Author:Kazz
Welcome to my blog

Kazz zzak(+あい。)へようこそ。
Kazz zzaK(+愛・逢・遇・合・・・ etc)
あい。は、人それぞれ。

英語で i は自分ということ。

Kazz zzak(+i)

色々な「あい。」と自分をプラスして
Kazz zzak+i=「Kazz zzaKi」

「カズ雑記」

身の回りの好きなこと。好きなモノ。
関心のある事。
写真と共に何でも書いていきます。

気に入ったらまた遊びに来てください。

尚、このブログ内全ての文章・写真には著作権があります。販売も行っておりますので
無断で使用・転載する行為を固く禁じます。

コメントは基本的に悪質で無いものは承認する方向です。
ただ、メールで個別に対応することは時間的にも余程のことが無い限りできませんので
コメント通してすることになります。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター