石垣の高さ日本一 !? 伊賀上野城の石垣に登城。 

05 13, 2017
DSCF3988-3.jpg

さて、
GWも終わりすっかり日常に戻ってしまったんですが、良い休日を過ごせましたでしょうか。
自分も何カ所か行ったんですが、最近買った SD Quattro H の試写を兼ねたもので、基本的には近場です。こちらはもう少し使い込んでエントリーしたいと思います。ハイ。

ところで
GW前に奈良に行ったんですが、その際気になる城を三城回りました。
その中でビジュアル的にもど迫力なのが日本100名城にも数えられる「伊賀上野城」です。
そして、伊賀上野城といえば、藤堂高虎「高石垣」これにつきます。
今回はこの伊賀上野城の高石垣を見に行ってきました。
それにしても最近の城ブームは凄いものがありますね。城自体は観光の優良なコンテンツとして昔から存在していますが、ここにきてのブームは、そうしたものと明らかに一線を画してます。
というのも、以前は城=天守を含めた城郭建築一般というのがそれだったんですが、ここにきて、天守以外の遺構も注目され、もはや「天守が無くても遺構さえ残っていれば人を呼べる」という流れになってきています。
その代表的な遺構がやはり石垣でしょう。建物は残らないことが多いのですが、石垣は残存率が高いし、土塁や曲輪なんかよりも視覚に訴えることができる。また、技術力の結晶が具体的でもあるし、例え天守が無くても石垣があればそこに建つ建物を容易に想像することがきることなどが人気の秘密なのではないでしょうか。だから、これからは下手に想像で天守なんかを造らない方がいい、・・のかもしれませんね。
DSCF3986.jpg
とはいえ、伊賀上野城の天守はご覧の通りかなり立派なものです。木造ですが、完全なる模擬天守で、高虎時代のもの(高虎時代は5重)とは結構に違う。聞けば地元の方が私財を投じて建てたとか。
でも、天守には目もくれず(笑)高石垣を目指す。
screenshot_3197.jpg
伊賀上野城において高虎はあくまで改修者(城主)としての位置づけなのですが、西側の防御力を高めるためこの石垣を造りました。
早速のぞき込んで見てみます。
「きた−!おおおお、高っけー!」
と思わず叫んでしまうほどの高さ。いいんだか、悪いんだか、柵というものは申し訳程度の三角コーンにバーがあるだけのものなので容易にみることができます。(柵は越えてません・笑)
「反り」はそれ程でも無いですが、立ち上がりが凄いです。強烈です。
「反りの清正(加藤)、高さの高虎(藤堂)」
築城名手といわれる高虎ですが、この伊賀上野城はその真骨頂たるもの。やはり迫力が違います。
これは必見です。
で、表題にもある「日本一高い石垣」なんですが、ちょっと注釈が付きます。
この伊賀上野城の石垣の高さは約30mあるそうなんですが、実は日本一高いというわけではないようですね。
そう言われてきたんですが、大阪城の方が正確に測量すると高いようです。実際どのくらい高いか分からないのですが、石垣自体も高いところもあれば低いところもあるし、その差は何十㎝か、何メートルか、どのくらいのものなんでしょうか?日本一か、日本二位か、その差は大きいのですが、足すわけにもいかないし・・・。でも、この石垣は相当なものです。
DSCF4039.jpg
DSCF4060.jpg
DSCF4078.jpg
結構堀も深そうだし、広い。
あと、写真じゃあまり伝わらないかもしれないんですけど、本当に高いです。柵もないので落ちたらまずいです。(笑)

こうした石垣って、特に城好きじゃない一般的な方々には天守や御殿なんかと比較するとその名の通り石が積み上がってるだけの地味な存在だったんでしょうけど、最近はまったく違いますね。一般的にもその造型は芸術性や人間性までも表現する建築芸術として捉えられているようです。
残念ながら高さ的には(僅かに)日本一じゃないのかもしれないですけど、これだけ素晴らしい石垣は滅多に見ることができないと思います。


2 Comments
By 老婆心06 04, 2017 - URL [ edit ]

遅ればせながら…

まあ、あのような不便な町へお越しくださいましてありがとうございました。
結婚してもう百回くらい行き来したでしょうか、
途中で近鉄が三セクになったり、町の中心が行くたびに整備され衰退するのでもう笑ってしまいます。
20年くらい前に、イオンの前身ジャスコにマクドナルドができた際には
帰省した家族が珍しがって列をなしたという田舎でした。
お城をたいへんきれいに撮ってくださって…
田舎のレプリカ城でも、どこかいいところがあるもんですね。
くすぶっている町の人に見せてやりたい気がします。

ところで、私は懸案だった「三徳山投入堂」に来週アタックすることになりました。
昨秋の地震で途中の文殊堂が浮いたり、参拝道が痛んで入山不可になっていましたが
地元にしたら「唯一の観光資源」です、流行りのクラウドファンディングであっという間に資金調達。
GW前に(って通常と変わらないですね)開山したので、これも懸案だった三朝のホタルとセットで
今月行くことになりました。
いつも下からの望遠鏡だけだった本物を見てくるつもりです(雨が降らなければ!)

By Kazz06 04, 2017 - URL [ edit ]

老婆心さん 

こんばんは。
準地元でしたか。
滞在時間は短かったですけど言われるほどの印象は受けませんでした。(笑)
ただ、伊賀上野城近くの学校が結構古く興味をそそられました。
伊賀上野城は自分が見た石垣の中でも上位に入る素晴らしさです。
もう少しアピールした方が良いかもしれません。

投入堂にアタックするとのことで、ケガのなさらぬようお気を付けて行ってきてください。
私もどうしても自分の目で確かめたいことが有り、最低一度は行かなければなりません。
早めに行きたいとは思いますが、なかなか機会を得られません。
雨が降らぬ事を祈っております。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
プロフィール

Author:Kazz
Welcome to my blog

Kazz zzak(+あい。)へようこそ。
Kazz zzaK(+愛・逢・遇・合・・・ etc)
あい。は、人それぞれ。

英語で i は自分ということ。

Kazz zzak(+i)

色々な「あい。」と自分をプラスして
Kazz zzak+i=「Kazz zzaKi」

「カズ雑記」

身の回りの好きなこと。好きなモノ。
関心のある事。
写真と共に何でも書いていきます。

気に入ったらまた遊びに来てください。

尚、このブログ内全ての文章・写真には著作権があります。販売も行っておりますので
無断で使用・転載する行為を固く禁じます。

コメントは基本的に悪質で無いものは承認する方向です。
ただ、メールで個別に対応することは時間的にも余程のことが無い限りできませんので
コメント通してすることになります。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター