Kazz ダムにハマる。恐るべしダムとダムカードの魅力。

09 18, 2017
DSCF8917.jpg
さて、
三連休の予定が台風でキャンセルになった方もいらっしゃるでしょうが、私もそんなひとりです。
というわけで、隙あらばいつでも出かけられる準備をしながら、今回は少し表題についてエントリーしようと思います。
早速、たぶん今更になるんでしょうが、
「ダムカードって知ってます?」
ああああ・・たぶん大抵の方はご存じなんでしょうが、知らない方もいると思うので、写真だけ。
DSCF8904.jpg
表がこんな感じで
DSCF8905.jpg
裏がこんな感じです。
SDIM3358.jpg
長島ダム

いろいろ解説があって、専門用語も出てきます。
はじめは、「重力式アーチダム?」何それ?って感じだったんですが、最近ではわかるようになってきました。
で、最近静岡県にある「長島ダム」というところに行ってきました。ここは少し前にエントリーした「夢の吊り橋」の近くなんですが、たまたまこの日、長島ダムでは年に一度の見学会をやってたわけなんです。
一時間ぐらいの見学会で、内部や湖面の調査船なんかに乗れるツアーだったんですが、これがかなり面白かった。観光客もかなりの数来ていたようでした。

人が造る巨大建造物の代表といって挙げられるのが、ビル、橋、そして、ダム。ですよ。その中にあって、正直「ダム」って結構地味な存在。大概山奥にあるため、峠の途中で運転しながら遠目には見たりするけど、わざわざそれ目的で行ったりはしない。しかも、水力発電や様々な用途のための水源確保など、ダムはライフラインに直結する重要な存在であるわけなんです。
が、一方でダムを造るための巨額な費用や、そこに住む村などをダムの底に沈めるため住民は移動を余儀なくされたり、正直ダムには良いイメージがない。もしくは、もたれていない。・・・と思うんです。
ところが、最近は状況が大きく変わりつつあるようです。ど迫力の観光放水や、ダムに隣接する複合施設、各種イベント開催やマスコミの取り上げかたなど、もはやダムはそれまでの地味で華がない(失礼)イメージを払拭し、カップルのデートや、ファミリースポットなど、メジャーな観光施設へと変貌を遂げているんです。
そのイメージ回復?のために一役かっているのが、表題の
「ダムカード」
というものです。

まぁ、カードの発行っていうと、大はずしか大当たりか、みたいなところがあるのですが、ダムというお堅く地味な存在がこれを始めたことで、加速度的に注目が集まり出しました。しかも、このダムカードのすごいところは、
「ダムカードをつくりましたので、皆さん集めませんか?」
みたいな強制感がなく、ほとんど宣伝もしていないところ。
そもそもカードという形態はしているが、ダムを知ってもらうための簡単な紹介としてカードという選択肢がなされただけで、今日のブームに至るとは制作者側も考えていなかったのだろう。その証拠に、そもそもダムカードは基本的に一定期配布したら配り終了するはずだったらしいのです。ところが、この密かなブーム。
結果、ダムカード配布にはある一定の効果が認められ、以後継続することになった、ということみたいなのです。
SDIM2534.jpg
黒部ダム

確かに、自分も構造物のダムにそれほど魅力を感じてたわけじゃないんですが、決定的だったのが七月に約20年ぶりに行った黒部ダムです。
黒部ダムといえば日本のダムの中でも位置にを争うビッグネーム。ど迫力の観光放水や、日本でここだけにしかないトロリーバスなど、黒部ダムには集客できる要素がそろってます。
あと、今年は黒部ダムが造る際の破砕帯突破60周年記念とも重なって、パネル展などのイベントが充実していました。
20年前にはなかった野外階段などが新設されいっそう充実し、ダムというビジュアルだけでなく、ダム建設の裏側も勉強でき、同時に興味も出てきました。
DSCF8917.jpg
ダムカードの話に戻るのですが、このカードを集めるには二つのルールがあります。
ひとつは、当然といえば当然なのですが、現地に行かないともらえない。
もうひとつが、一人一枚しかもらえない。
このふたつです。
そういったわけで、このカード収集はかなり難易度が高いといえますね。しかも、このカードにはVersionが設定されており、写真が結構変わる。また、県内のダムすべてを回ると特別なカードが貰えたりするのだ。これは集めるのが大変だ。
自分もコンプリートするまでのパワーは無いけど、行ったら貰おうかな。(笑)
DSCF8907.jpg
ダムと同時に流行ってるダムカレー。食べると同じフォーマットのカードが貰える!!(場所もある。これは黒部ダム。)
集めてる集めてないにかかわらずこういうのは楽しいです。

けど、きっかけって大切なんですよね。はじめは些細なことでも掘り下げれば大きくなれる。ダムカード集めはダムを知る良いきっかけになり、今後とも継続していただきたい。自分もこれからダムは通り過ぎる存在ではなく、観に行く存在になった。



0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
プロフィール

Author:Kazz
Welcome to my blog

Kazz zzak(+あい。)へようこそ。
Kazz zzaK(+愛・逢・遇・合・・・ etc)
あい。は、人それぞれ。

英語で i は自分ということ。

Kazz zzak(+i)

色々な「あい。」と自分をプラスして
Kazz zzak+i=「Kazz zzaKi」

「カズ雑記」

身の回りの好きなこと。好きなモノ。
関心のある事。
写真と共に何でも書いていきます。

気に入ったらまた遊びに来てください。

尚、このブログ内全ての文章・写真には著作権があります。販売も行っておりますので
無断で使用・転載する行為を固く禁じます。

コメントは基本的に悪質で無いものは承認する方向です。
ただ、メールで個別に対応することは時間的にも余程のことが無い限りできませんので
コメント通してすることになります。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター