伊豆下田で、ブラ Kazz zzaK(+あい。)

06 03, 2018
SDIM5031.jpg
さて、
相変わらず伊豆半島がマイブームの私なんですが、先週下田の方に行きまして、色々見て回りました。
偶然にも今週ブラタモリでタモリさんが下田をブラブラしてたんですが、影響力の強い番組なので混まないで良かったかなと。(笑)
実際のオンエアを見たのですが、やっぱり普通の観光番組とはアプローチが違うので勉強になりました。
「伊豆石」なんて普通に歩いててもあまり意識しないですもんね。
SDIM5068.jpg
番組でもたびたび出ていたこの高台は「寝姿山」(ねすがたやま)ここにはロープウェイで一気に行けます。
労せず全体を見渡すことができます。
下田が開港された理由については番組でも紹介されていたのですが、普段横浜港や東京湾なんかを見てるのでサイズはかなり小さく感じますね。もっとも、現代の豪華客船のようなでかい船が無いので、これで充分なんですけどね。
SDIM5057.jpg
番組で触れなかったんですけど、下田を玄関口とし、仮に江戸に攻め入られたとしてもあの地形じゃ相当の苦労があるはず。そういう意味でも下田という地形は開国の土地としては最適だったんですね。
SDIM5112.jpg
まぁ、もともと伊豆半島は、遙か昔本州から離れてたわけです。場所場所が綺麗なだけじゃ無く、地学的にも面白いし、世界的なジオパーク認定されたことで海や有名名所巡りなどの観光とは違った側面から楽しむ旅やリピートができそうですね。綺麗な場所を見るだけじゃ無く、なぜこういうものができたのかを想像して旅すると面白いです。
伊豆半島は奥が深いです・・・。ここ何週か連続して、しかもマイナーな場所に結構行ってるので、余計にそれを感じています。
車で10分ぐらい走った下田公園に行ってみました。ここはもともと下田城という城。空堀などが残っています。
見晴場からは下田港がよく見えます。アジサイの名所ということでしたけど、少し早かった。
SDIM5134のコピー
下田公園でSNS映えしそうなイスを発見!!ここだけでなく、何カ所かイス君たちが出迎えてくれました。
SDIM5171.jpg
下田から西伊豆の方に走っていくとあるのが「龍宮窟」という火山でできた洞窟。上から見るとハートの形に見えることから女子などに人気の定番スポット。
SDIM5143.jpg
下に降りるとこんな感じです。天井と海側に穴が開いています。
まぁ、前回紹介した千貫門をはじめとするこうした「穴あきモノ」は伊豆には結構あるんですが、ハートの形でなければ通り過ぎててもおかしくない感じ。
ただ、やはり人気でひっきりなしに人が来ます。ここはジオパークの中では屈指の人気スポットではないでしょうか。
SDIM5150.jpg
岩窟内の浸食された岩肌の地層が凄く綺麗なんだけど、誰一人として見てない・・・。
SDIM5148.jpg
で、ここ二回目なんですが、龍宮窟の穴から海を見ると前回見えなかったものが・・・。
SDIM5165.jpg
そうです。番組でもやってましたが、これこそ日本に23基しかないA級保存灯台のひとつ。日本最古の石造り灯台
神子元島灯台ですよ。
ここから見えたんだ・・・。
灯台内でも紹介してましたが、いいですね。日本は島国だから灯台って結構あるのですが、A級は造りが独特ですね。
あと、タモリさんも言っていた、灯台はそもそも絶景に建てられる的な発言に納得です。
そして、ドローンはやっぱり映像革命です。低空でも映像はやっぱり迫力ありますね。ああいう画が手軽にできるようになったってことは視聴者としても嬉しい限りです。そして、近くで見てみたいと思いましたね。(中には当然入れませんが)
神子元島に限らず、こうした無人島で定期航路の無い島への上陸は、チャーターか、釣り船に頼み込むことになります。
神子元島も個人での上陸は可能のようですが、一度上陸すると当然ながら何時間も帰れません。(笑)
費用もそれなりにかかりますし・・・。
でも、この絶景が独り占めできるなら安いものではないでしょうか。(多分・・・。)


0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
プロフィール

Author:Kazz
Welcome to my blog

Kazz zzak(+あい。)へようこそ。
Kazz zzaK(+愛・逢・遇・合・・・ etc)
あい。は、人それぞれ。

英語で i は自分ということ。

Kazz zzak(+i)

色々な「あい。」と自分をプラスして
Kazz zzak+i=「Kazz zzaKi」

「カズ雑記」

身の回りの好きなこと。好きなモノ。
関心のある事。
写真と共に何でも書いていきます。

気に入ったらまた遊びに来てください。

尚、このブログ内全ての文章・写真には著作権があります。販売も行っておりますので
無断で使用・転載する行為を固く禁じます。

コメントは基本的に悪質で無いものは承認する方向です。
ただ、メールで個別に対応することは時間的にも余程のことが無い限りできませんので
コメント通してすることになります。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター