並河流 超絶技巧の継承

07 08, 2018
DSCF5732.jpg
さて、
先週エントリーした並河靖之を特集したテレビ番組。30分という時間は初心者にもちょうど良く、かつ、内容も良かった。
この番組に限らず、こうした超絶技巧を扱う番組の中では現代の工芸家が先人たちの匠の技にどれだけ迫れるか?と言う内容をプログラムの縦軸にする場合が多い。今回もそうだった。
そして、大方の予想通り、今回で言えば並河のワザにはとうてい迫れなかった、という結論に至った。
しかし、改めて見ても凄いワザである。
去ること少し前、2017年の1月14日から4月9日まで、東京都庭園美術館(旧朝香宮邸)にて並河靖之の作品が一堂に集められた展覧会が行われた。これは、日本で初めてともいえる並河靖之の集大成展覧会で、初期から最晩年までよくぞここまでというぐらい並河の作品が集められたファン垂涎の展覧会だった。開催中に二度ほど足を運んだが、会場の雰囲気といい、作品の充実度といい、近年見た中ではベストの展覧会だったように思う。
会場では単眼鏡を使い事細かに見て回ったが、そのできばえに、ただただ驚嘆するしかなかった。

自分は、並河の研究者ではないので詳しいことはわからないが、並河がいかにしてあのような素晴らしい作品群を作り上げたかというのは「謎」とされている。正確な工程や技術的な詳細は不明である。

並河の作品を見ていつも思うことがある。
なぜ、この技術が一代で終わってしまったのか。

並河作品の多くは少数精鋭の並河工房で生み出されていた。決してひとりではなく、各工程に専門家がいたとされている。でなければ、例え並河といえども、ある種量産的にあれだけの作品を生み出せるはずは無い。生産をせかされていた当時の実情を考えると分業制の方が遙かに合理的だ。
技術が継承されなかったことは、時として不幸で残念ではある。結局のところ、並河が弟子をとらなかった理由はよくわかっていない。
でも、例えば二代目、三代目の並河靖之がいたとしよう。
調べればおそらくそれに近い人物はいたのかもしれない。ただ、技術的な継承と師と同じような花鳥風月などモチーフを有し、それこそ同じ方向性をもって師・並河を超えるのは至難の業だ。
偉大すぎる師・並河の弟子は多くの苦悩を抱え込むことが容易に想像できる。つぶれてしまうか、限界を見極めたか。
そうでなければ、平成の今日、その名が残っていてもおかしくない。

かつて外貨獲得のためにもてはやされた七宝は、現代の七宝制作とは時代背景が異なる。
あらゆる職種の後継者不足が叫ばれる昨今、七宝業界も例外では無いだろう。
技術の継承も無く、本人の死により新しい作品は生み出されなくなり、限りあるものとなった。

いわずもがな、教えるのは簡単だが、生み出すのは難しい。
並河自らがパイオニア、探求者であったように、後に続く者への継承。
それが残された並河作品である。
彼なりの「超絶技巧」の継承の流儀だったのかもしれない。




0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
プロフィール

Author:Kazz
Welcome to my blog

Kazz zzak(+あい。)へようこそ。
Kazz zzaK(+愛・逢・遇・合・・・ etc)
あい。は、人それぞれ。

英語で i は自分ということ。

Kazz zzak(+i)

色々な「あい。」と自分をプラスして
Kazz zzak+i=「Kazz zzaKi」

「カズ雑記」

身の回りの好きなこと。好きなモノ。
関心のある事。
写真と共に何でも書いていきます。

気に入ったらまた遊びに来てください。

尚、このブログ内全ての文章・写真には著作権があります。販売も行っておりますので
無断で使用・転載する行為を固く禁じます。

コメントは基本的に悪質で無いものは承認する方向です。
ただ、メールで個別に対応することは時間的にも余程のことが無い限りできませんので
コメント通してすることになります。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター