明石海峡大橋ブリッジワールドツアー。地上300mからの眺望。

07 28, 2018
SDIM6699.jpg
SIGMA 35mm F1.4 DG HSM(神戸側)
SDIM6745.jpg
SIGMA 20mm F1.4 DG HSM (淡路島側)

さて、
まずはさておき、明石海峡大橋主塔からの眺望をご覧頂きましょう。
ブリッジワールドツアーでは神戸側の主塔に登ります。
写真上が神戸側。下が淡路島側です。
この日、朝のうちは雲一つ無い快晴だったんですけど、次第に少しの雲と、空が霞んできてしまって、残念ながらこんな感じになってしまいました。ただ、夏場の空としてはまぁまぁじゃないかと思ってます。
とりあえず、当たり前ですが、高いです。(笑)

このツアーは、午前と午後の一日二回行われ、もちろん誰でも参加できます。期間は4月から11月の終わりで、冬はやってません。だいたい40人ぐらいを10人前後で一班とし、全員で移動、主塔へはエレベーターの人数関係で時間差で行動します。ツアー時間は午前と午後の二回。午前9時30分、午後13時30分、登る主塔より約1キロ手前の橋の科学館(集合場所)をスタートとし、約3時間ぐらいあります。主な内容は、明石海峡のDVD鑑賞から始まって、展示室でのガイド説明、明石海峡大橋の下を通り主塔への移動(約1キロ)、主塔に上り景色を堪能(20分ぐらい)主塔から橋の科学館へ移動。
と、いうような流れです。
天気に関しては運に左右される場合も多いのですが、おすすめは、光の状態や霞の発生具合などから多くの期間、午前中の方が良いと思われます。
SDIM6717.jpg
SIGMA 35mm F1.4 DG HSM(神戸側)

このツアー、一般的には写真のような眺望を楽しむためのツアーと称しても過言でないと思いますが、内容的には、なかなかどうして、明石海峡大橋がいかに凄い「世界一の橋」であるかということと、それを維持するための大変な苦労があることを今回初めて知りました。大変勉強になります。
例えば、橋の寿命。明石海峡大橋の寿命はメインケーブルの寿命といっても良く、このケーブルの架け替えは基本的にできないそうです。従って、延命措置として、このケーブルをいかに錆びさせないか、ということが最重要課題になるため、錆の根源である水(湿気)と空気、その一方の水を絶つために、ケーブルを覆った内部を空気循環させているそうです。
こうしたメンテナンスをしないと、海上であることもあり、あっという間に橋の寿命は尽きるそうです。
screenshot_3242.jpg
あと、知らなかったのは、吊り橋の高さ。一般的には、吊り橋の高さ=主塔の高さという認識だと思うのですが、吊り橋の高さというのは「吊っているケーブルの位置」で決まるそうです。つまり、「ケーブルの一番高い部分が吊り橋の高さ」が、その橋の高さになります。ケーブルから上の主塔の部材はカバーみたいなもので、いくらでも高くできるみたいです。・・・知らなかった。
SDIM6733.jpg
SIGMA 35mm F1.4 DG HSM(淡路島側)
SDIM6743.jpg
SIGMA 20mm F1.4 DG HSM (神戸側)

とはいえ、やはりメインとなるのはここからの眺望です。
多くの方が写真撮影などを楽しむと思いますが、撮影的に関して、スマホなど身体から離れる機材は主催者側からのカバー付きのネックストラップに入れなければなりません。(ストラップホールがあるスマホに関してはストラップを付ければその限りではない。)カメラも首から下げるこのができるストラップが必要です。ストラップがないカメラは持ち込むことができません。いないとは思いますが、一脚・三脚は持ち込めません。
レンズは、一応単焦点5本を用意しましたが、主塔上部ではレンズ交換は基本できません。が、ガイドの班長にお断りして監視付きで一度だけ交換させていただきました。ですので、ズームレンズの方が良いと思います。
画角は好みがありますが、今回のエントリー扉の写真は、レンズが35ミリノートリミングです。フルサイズ換算だと焦点距離は45.5ミリです。その下、淡路島側が20ミリノートリミングで、フルサイズ換算だと26ミリです。(下は逆です。)
主塔間通路は約1.5mの柵(というか壁)がありますが、背の低い方でも景色が堪能できるように踏み台があります。
SDIM6885-2.jpg
あと、自分もいってみたい!と思ったら、まずは明石海峡のHPを見てみましょう。
HP→ 明石海峡ブリッジワールドツアー
色々書いてあります。
で、月の予約状況を確認してみて下さい。
どうでしょうか?大概の方は何週間か前にこうしたイベントを旅行に盛り込んでおくかを決めると思います。
が、現時点で見てもわかるとおりほとんどの場合バツ印が付き、埋まってると思います。
しかし、「あぁ〜、この日一杯だからだめだぁ・・・残念・・・」
と、あきらめないで下さい。
自分も最初希望日が一杯で、あきらめていたんです。でも、あきらめかけながらも毎日こまめにHPの空き状況をチェックしました。
すると、予約状況にかなりの動きがあることがわかりました。ほとんどの日に空きが必ず発生します。特に、直前になるとかなりの確率でキャンセルがでてきます。
すでに何週間も前から予定が決まっている人は、こまめにチェックさえしていれば必ず行けると思います。
SDIM6659.jpg
ツアーが終了し、次の地に向かうため、この明石海峡大橋を渡ったんですが、下から見上げると相当な大きさです。
これから幾度となくこの橋を渡ると思いますが、その度にあの景色を思い出し、感動することでしょう。
明石海峡大橋の完成ニュースを今でも良く覚えています。まさか、何年後かにこの橋の主塔に自分が登るとは思いませんでした。ツアーに参加することにより、こうした巨大建造物を当たり前のように利用している自分の中での意識の変化を今、感じています。


0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
プロフィール

Author:Kazz
Welcome to my blog

Kazz zzak(+あい。)へようこそ。
Kazz zzaK(+愛・逢・遇・合・・・ etc)
あい。は、人それぞれ。

英語で i は自分ということ。

Kazz zzak(+i)

色々な「あい。」と自分をプラスして
Kazz zzak+i=「Kazz zzaKi」

「カズ雑記」

身の回りの好きなこと。好きなモノ。
関心のある事。
写真と共に何でも書いていきます。

気に入ったらまた遊びに来てください。

尚、このブログ内全ての文章・写真には著作権があります。販売も行っておりますので
無断で使用・転載する行為を固く禁じます。

コメントは基本的に悪質で無いものは承認する方向です。
ただ、メールで個別に対応することは時間的にも余程のことが無い限りできませんので
コメント通してすることになります。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター