と、あるものを撮影に横浜へ。

03 16, 2019
SDIM4964.jpg
さて、
年度末で有休があるので、近場で撮影したいものがあるため横浜に向かった。
大桟橋(くじらのせなか)から見た横浜の象徴的な風景。
幾度となく撮影には来てるが、実際に撮影するのは約一年ぶり。ランドマーク左側の建設中の三棟がかなり高くなった。
あと何年もすれば完成し、ここからの夜景もレンズの画角を換えないと画面に入らなくなってくる。(笑)
ただ、今回はこっちじゃなく、もう少し西より。赤レンガ倉庫を越えた向こう側に被写体がある。
SDIM5063.jpg
ところで、
みなとみらい地区にこういうものができるのをご存じでしょうか?
結構前に発表されたので、当たり前のようにご存じ?
・・でしょうねえ。失礼しました。(笑)
・・すいません、ついこの間まで全く知りませんでした。(笑)
新港埠頭に新しく建つ客船用国際線ターミナル・ホテル・食をテーマにした複合施設などなど。
2019年秋にはできるようなので楽しみです。みなとみらいにまた新しい名所が。
でも、・・・ちょっとごちゃごちゃしすぎですよね。
SDIM5044.jpg
で、現在の状況がこちら。
着々とできているようです。
前回の八ッ場ダムに続き今回も工事現場に来た・・・・来たのは来たんですけど、お目当ての被写体はここにあります。
上の写真にも写っているのですが、先端にある灰色のクレーン。
SDIM5132.jpg
この灰色のクレーンを撮りに来ました。
このクレーンは、横浜港のクレーン第1号とされ、新港ふ頭(横浜市中区)の先端に100年以上前に建造された大型港湾荷役機械「ハンマーヘッドクレーン」といわれるもの。
先の新港埠頭の新プロジェクト「ハンマーヘッドプロジェクト」はこのクレーンに名前からとったもの。このクレーンは新しい新港埠頭のランドマークにもなり、保存されることとなった。
このクレーンは50トン級で高さ約30メートル。金づちに似た形状から「ハンマーヘッド」と呼ばれて周りから親しまれてきた。横浜港の貿易量の増大に対応するため明治から大正期に建設された新港ふ頭に、1914(大正3)年に英国から導入した。残念ながら日本製では無い。
当時クレーンの役目と言えば、沖合に停泊する貨物船に艀(はしけ)が向かい、荷物を積み下ろす荷役作業が主流だったが、横浜港初の近代的なふ頭である新港ふ頭では貨物船が岸壁に着岸し、クレーンを使って積み下ろすことで作業効率が大幅に向上したそうだ。
関東大震災での埠頭の水没や戦後の連合国軍総司令部(GHQ)に接収され使えない状態が続く中、高度成長期に大活躍したものの新港埠頭の港湾機能が失われるとともにその役目を静かに終えた。
ちなみに、このハンマーヘッドクレーンは経済産業省の近代化産業遺産に認定されている。(三菱重工業長崎造船所・長崎市と佐世保重工業の造船所・長崎県佐世保市の計3基ある。横浜以外は現役!)
SDIM5198.jpg
撮りに来てみました・・・はいいんですけど、撮る場所がないですね。
というのも、ハンマーヘッド付近は当たり前ですけど現在工事中で、接近できません。(笑)
東側はかなりの範囲が海上保安庁の基地に設定されているため立ち入り禁止。
東側からの撮影はかなりポイントが限られます。
結論からいうと、プロジェクトが完成してから撮影した方が全然いい画が撮れます。

ここまでガチガチに固められているとは思わなかっただけに少々落胆しながらも折角有休までつかって来たんだから「何か爪痕を残さなければ。(笑)」今しか撮れないものを撮ろう。と仕切り直し。
その中で撮った今しか撮れないお気に入りの写真がこれ↓
SDIM5130.jpg
横浜ベイブリッジをバックに、大正時代のクレーン(ハンマーヘッド)と平成の大型クローラークレーン、そして、たまたま作業をしていた浚渫船(しゅんせつせん・海底に貯まった泥などを取る作業船)、海上保安庁の警戒船、の豪華共演!
クローラークレーンがなかなかこっちに向いてくれないので苦労しました。ホントは浚渫船のクレーンが上がってるところを撮りたかったんですけど、クローラークレーンとのタイミングが合わず。
でも、なかなかいいのではないでしょうか。(笑)
SDIM5159.jpg
とりあえず、結構長い間撮影してたのでそろそろ戻ろうと。
最後は、ぷかり桟橋から赤レンガまで移動し、海側からハンマーヘッドを狙おうとシーバスに乗船することにした。
狙いはランドマークや観覧車をバックにし、手前にハンマーヘッドを置く。
SDIM5162.jpg
シーバスが出港すると右手にハンマーヘッドを見ながら大きく新港埠頭を旋回するように赤レンガに入船する。
カメラのAFが信用できない上にマニュアル+単焦点レンズなので、チャンスは多分シャッター一回か二回。
連写できるカメラやズームが羨ましい。(笑)
走り出しは良好。ハンマーヘッド前も開けてる。
が、誤算。意外にシーバスが早えっ・・。どんどん進んでいく。
しかも、レンズ選択を間違えた。85ミリ(フルサイズ換算100ミリ)じゃランドマークが入らない。
しかし、もう遅い。シーバスはかなりのスピードで走って行く。
そして、思いの外回り込んだときに海上保安庁の船がフレームに入ってしまう・・・。
そんな中、一度のチャンスで撮影したのがこちら。↓
SDIM5174.jpg
おもいっきり逆光!!(16時頃)しかもフレア気味になると登場するFOVEONの緑かぶりの悪い癖が出た。
もう少しワイド気味でランドマークの頭とインターコンチネンタルホテルを入れれば画になったかもしれない。
いないとは思うけど、海側からの撮影は午前中の方が良いですね。
そんなわけで、残念だが時間も時間だし、往復する気にはなれず・・・。

赤レンガ倉庫から車を止めてあった大桟橋まで戻る。
夜景を撮影しようと上に上がったところで、「先端からだとどのくらい写るか」と思い大桟橋の先端に。
ほぼ真横から撮れるが、背景がごちゃごちゃしすぎて萎えた。(笑)
ちなみに135ミリ(フルサイズ180ミリ程度)でこんな感じ。
SDIM5265.jpg
海上保安庁の基地内からだったらいい画が撮れそうなんだけどなぁ・・。
SDIM5265-2.jpg
トリミングしてみるとハンマーヘッドがかなりシンプルだということがよくわかる。やはりだけど機械はシンプルであるということが重要。それゆえにこれだけの時間働いてくれたのかな。
逆にこれが複雑すぎると持たなかったのかもしれないな。
色々複雑に考えすぎる人間や社会こそ壊れやすく脆い・・みたいなね。
SDIM5304.jpg
夕空はほとんど焼けなかった・・。
一日歩きっぱなしで疲れて撮れ高も少なかったけど、面白い一日だった。

最後に、ハンマーヘッドクレーンのようなあまりにも無機質丸出しな建造物に雲一つ無い青空は似合わなく、むしろ鉛色の空の方が似合うと思うのは私だけ?



0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
プロフィール

Author:Kazz
Welcome to my blog

Kazz zzak(+あい。)へようこそ。
Kazz zzaK(+愛・逢・遇・合・・・ etc)
あい。は、人それぞれ。

英語で i は自分ということ。

Kazz zzak(+i)

色々な「あい。」と自分をプラスして
Kazz zzak+i=「Kazz zzaKi」

「カズ雑記」

身の回りの好きなこと。好きなモノ。
関心のある事。
写真と共に何でも書いていきます。

気に入ったらまた遊びに来てください。

尚、このブログ内全ての文章・写真には著作権があります。販売も行っておりますので
無断で使用・転載する行為を固く禁じます。

コメントは基本的に悪質で無いものは承認する方向です。
ただ、メールで個別に対応することは時間的にも余程のことが無い限りできませんので
コメント通してすることになります。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター