2019年遠出総括

12 28, 2019
454578787886658965547.jpg
さて、
今年も終わろうとしてます。
従来ですと「行って良かった、見て良かったベスト3」的なものをやるのですけど、今年は遠出の際あまり天気に恵まれなかった印象があります。それでも雨は降りませんでしたが、2年前の御神渡のような「会心の一撃」みたいなものが無く、印象がかなりバラけました。
だけど、やっぱりどこも良かったです。(笑)
少ないですが、何カ所か挙げてみます。
545487878783666663222541.jpg
14477845899987.jpg
そんな中、印象深かったのが秋田・岩手にまたがる「ドラゴンアイ」ですね。
週末を利用し、足かけ三週間で二回足を運びました。自宅からだとなんだかんだで片道700㎞近くあります。2回で日本縦断ですね。(笑)
天気は悪くなかったのですが、いかんせん「目」出来が悪すぎました。タイミングも若干遅く到着した頃には氷の状態が悪すぎました。こうした自然現象の撮影ははむずかしいですね。一日で大きく違います。それでも、一泊二日で4日すべて足を運びました。
思うのですが、撮影は一日を除きかなり暑かった。今年は特に異常気象(暑すぎた)らしく、温暖化などを考えるともしかしたら今後キレイな「目」を撮るのはかなりの運が必要かも。ただ、大変でしたけど周辺観光も含めここの撮影は面白かったです。
445578784548.jpg
445478787879658.jpg
11114777787.jpg
45487878786658887.jpg
桜に関しては良かったですね。写真上二枚は「又兵衛桜」(奈良)下二枚が「滝桜」(福島)
どちらも一本桜で、規模・ビジュアルとも日本を代表する一本桜です。両方とも満開で、天気も良好でした。特に「滝桜」は最高で、久しぶりに満足いく撮影だった気がします。
又兵衛桜は初めてですが、ここは正面が決まらずなかなか難しい桜です。どこを撮っても画になるのでいいですね。
454787878555632147.jpg
54548789859336999856.jpg
夏に東北(青森県)に足を運びましたが、天気が全般的に晴れてはいたのですが青空が無くそれだけが悔やまれます。
現地の印象は凄く良かっただけにそれが残念です。海の色は初めて見るようなエメラルドグリーンで、透明度は凄いです。
ここまでの色は初めて見ました。
アクセスは陸と海と両方あるのですが、海側からだと大概上陸時間が足りなく消化不良になります。陸路の方が観光的にはタップリ見られますが、かなりの階段と、海からの景色が見られないのが難点です。かなり悩みますが、初めての場合は海側からの方が良いと思います。
青森観光では必ず行くべき場所です。(笑)
1215487836659877.jpg
竹田城。
雲海の具合はかなり良かったと思いますが、いかんせん天気が悪すぎました。雲が厚すぎました。
この写真もそうですが、竹田城の雲海写真は殆ど反対側にある「立雲峡」というところから撮影されています。
この立雲峡の展望台まで登るのに20分以上かかるのですが、下で真っ白でも上で見えてる場合が結構ありますのでガッカリしないで下さい。ライブカメラはあてになりません。(笑)
竹田城の雲海を見るとき立雲峡から見るか、竹田城そのものに登って眼下に広がる雲海を見るか、というのはこれまた究極の選択的なところがあります。
雲海発生中に二つの場所からみることも不可能ではありませんが、かなりハードになります。自分は先に立雲峡から撮影し、その後移動しましたが、竹田城に着いた頃には雲海は消えていました。一時間はかかります。天気も悪く小雨が降り出し、残念な結果になりましたが、雲海を見るならどちらかに絞った方が絶対に良いと思います。その後移動して見られたらラッキーですね。

と、いうわけで、かなりの駆け足にて今年を振り返りました。
今年はカレンダーの具合もいいのでどこかに出掛けるにはいいかもしれません。
一年おつきあい下さいましてありがとうございました。
良いお年を!!


0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
プロフィール

Author:Kazz
Welcome to my blog

Kazz zzak(+あい。)へようこそ。
Kazz zzaK(+愛・逢・遇・合・・・ etc)
あい。は、人それぞれ。

英語で i は自分ということ。

Kazz zzak(+i)

色々な「あい。」と自分をプラスして
Kazz zzak+i=「Kazz zzaKi」

「カズ雑記」

身の回りの好きなこと。好きなモノ。
関心のある事。
写真と共に何でも書いていきます。

気に入ったらまた遊びに来てください。

尚、このブログ内全ての文章・写真には著作権があります。販売も行っておりますので
無断で使用・転載する行為を固く禁じます。

コメントは基本的に悪質で無いものは承認する方向です。
ただ、メールで個別に対応することは時間的にも余程のことが無い限りできませんので
コメント通してすることになります。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター