ダイヤモンドの次は、パール。いえいえ、富士山の話。

01 26, 2020
145756556533654.jpg
さて、
太陽が富士山の頂上に重なることをダイヤモンド富士というならば、月が重なることを「パール富士」という。
ダイヤモンドをやったからにはパールをやらないわけにはいかないだろうと、出掛けてきた。
当然ながら月にも月の出と月の入りがある。
ただ、太陽と違い月は一日違うとその時間も位置も大きく違う。
便利になった世の中の恩恵を受け当日の月と富士山頂上が重なる位置を調べ現地に向かう。
この日はすでに日の出のダイヤモンド富士を撮影していたので、空いた時間で富士山周辺をあちこち周り撮影し、その位置でしかるべく時間を待った。
雲一つ無い快晴だったのでキレイな紅富士になり、それはそれでテンション上がりながら撮影。
484878878665987.jpg
この日の月の出は大体18時30分ぐらいだ。
温暖とは言え標高700m以上ある朝霧高原で何時間も待つのは、それこそ忍耐だ。(笑)
しばらくして自分の待ってる位置がかなりズレていることにアタフタ。富士山の裾野の方が明るくなってきた。
iPhoneの電子コンパスを使い微妙なそのズレを直しながら移動。
これが、パール富士20分前。
調整しながら車で走っていると何人かの撮影者を発見。
「今日はこの辺ですか?」
と聞くと、「たぶん」との返答。
5分前に位置を特定し、大急ぎで準備にかかる。
1〜2分でパール富士が始まった。
55646874876146.jpg
かなり風が強く頂上はこんな感じ。かなり富士山に近いところから撮影しているので測候所?なども確認できる。
それにしても、この頂上の気温はどのくらいなのだろうか。標高こそ高いが平地でガタガタ震える位なので・・・。
4548787963315646.jpg
「おお〜っ」
長い間待たされたせいか思わず声が出てしまった。月が明るすぎて露出計が振り切られる。(笑)
月が昇る様はかなり劇的。
漆黒の頂上に月が顔を出すと一気に稜線が浮かび上がる。
487863321455.jpg
富士山の頂上ラインギリギリに月がでる。
上がりは向かってやや左だが、上がりきった位置はちょうど、ど真ん中。
最後のドタバタも有り、この日はかなり疲れたが、面白かった。

こう見ると「パール富士」とはよく言ったものだ。(笑)



0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
プロフィール

Author:Kazz
Welcome to my blog

Kazz zzak(+あい。)へようこそ。
Kazz zzaK(+愛・逢・遇・合・・・ etc)
あい。は、人それぞれ。

英語で i は自分ということ。

Kazz zzak(+i)

色々な「あい。」と自分をプラスして
Kazz zzak+i=「Kazz zzaKi」

「カズ雑記」

身の回りの好きなこと。好きなモノ。
関心のある事。
写真と共に何でも書いていきます。

気に入ったらまた遊びに来てください。

尚、このブログ内全ての文章・写真には著作権があります。販売も行っておりますので
無断で使用・転載する行為を固く禁じます。

コメントは基本的に悪質で無いものは承認する方向です。
ただ、メールで個別に対応することは時間的にも余程のことが無い限りできませんので
コメント通してすることになります。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター