ハッセルブラッド500C (+福島・三春町・滝桜。)

03 22, 2011
HASSELBLAD 500C + 滝桜(福島県三春町)
Takizakura-fukushima-miharu
Kazz拘りの道具の旅


桜・梅・桃

三つの春が同時に来る。だから三春。そう聞いたことがある。

福島には素晴らしい桜がある。

「三春の滝桜」と呼ばれる桜がそれだ。
滝から水が飛翔するように、降り注ぐ水のように桜の花が咲くことから名付けられた樹齢1000年以上のベニシダレ桜だ。

滝桜ボケ

大概何処かに行くときは何日も前から予定を立て、前日にワクワクしながら子供の遠足の前日のような気分でいるものだ。
ただ、いつもそうじゃない。ドラマの話ではないが、「海を見に行きたい。」的に「桜を見に行きたい。」と、突然思ったのだ。
どうせ見に行くならなかなか見られない桜を見に行こう。それもとびきり素晴らしいヤツを。
時期も最高だし、ハッセル500Cも出動だ。
時間がないのですぐに支度をした。
今から行くと東京から福島までどのくらいかかるのだろうか。いや、そんなことはこの際どうでもいい。
向こうで日が暮れないうちにとにかく出発だ。


三春の滝桜は日本三大桜のひとつ。
自分はこういう日本○大何とか、というものにめっぽう弱い。結構単純なんだ。

15時頃何とか福島に着いた。

曇天か・・・・。

まっ、めげていてもしょうがない。

渋滞を覚悟していたが、時間がやや遅いせいか意外とスムーズに流れていた。

駐車場からさほど歩くこともなく、目の前に滝桜が現れる。

「凄いな、これは・・。」

凄い。単木でこれだけのオーラがある木はなかなかないだろう。
幹からの枝振り、1000年以上の威厳、生命感が満ちあふれている。

本当に素晴らしい。

東京から車を飛ばして来たかいがあった。

滝桜フミ

ハッセルブラッド500C+プラナーC80 F2.8のゴールデンコンビ。
セットする。
日が暮れそうで、時間がないけど何回かシャッターを切った。

ファインダーを覗くと、滝桜の堂々たる姿はフレームからはみ出さんばかり。
・・・プラナーじゃ役不足だったか・・?(笑)
やっぱディスタゴンを持ってくるべきだったかな。

全体を撮りたかったのだが・・。あまりうまくいかないかもしれない。


まっ、いいさ。また来よう。

開き直ってしばらくボーッとしていた。一年にごく短い時期しか味わえない時間だ。
1000年以上のうちの何分のいくつか。
今はただただ共有しようか。

結構な時間そうしていた気がする。もうすぐ陽が暮れる。

そして、後ろ髪を引かれる暮れそうな陽の中で、フィルムと共に滝桜の美しい姿を自分の目に焼き付けた。

滝桜1

滝桜。

美しく、力強く、花びら一枚に至るまで脈々と生き続ける荘厳なる佇まい。

「東京からやって来ました。」

迎えてくれてありがとうございます。
これからも元気で。


四季のある美しい国・日本。寒い冬を超えれば、暖かい春がやってくる。

「うつくしま・ふくしま」

春は必ずやってくる。



また、絶対に滝桜を見に行こう。





0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
0 Trackbacks
Top
プロフィール

Author:Kazz
Welcome to my blog

Kazz zzak(+あい。)へようこそ。
Kazz zzaK(+愛・逢・遇・合・・・ etc)
あい。は、人それぞれ。

英語で i は自分ということ。

Kazz zzak(+i)

色々な「あい。」と自分をプラスして
Kazz zzak+i=「Kazz zzaKi」

「カズ雑記」

身の回りの好きなこと。好きなモノ。
関心のある事。
写真と共に何でも書いていきます。

気に入ったらまた遊びに来てください。

尚、このブログ内全ての文章・写真には著作権があります。販売も行っておりますので
無断で使用・転載する行為を固く禁じます。

コメントは基本的に悪質で無いものは承認する方向です。
ただ、メールで個別に対応することは時間的にも余程のことが無い限りできませんので
コメント通してすることになります。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター