TUDOR CHRONO TIME

07 28, 2011
チュードル・クロノタイム model Tiger Woods tudor chrono time
Kazz 拘りの道具の旅
チュードル全景

携帯電話の一般普及率が上がるにつれ、売れなくなったものがある。

それが「腕時計」だそうだ。

確かに「ケータイ」や「スマートフォン」があるからいらない。という人は多いようだ。
勿論だが、だからといって腕時計が無くなることはない。「ケータイがあるからいらない。」という若者向けにも、より専門的な時計の雑誌などが月刊で発売されている。一見ケータイ依存と言われている若者ほど意外と腕時計の流行乗っかっている両極が現状のようだ。
ちょっとKazz zzaK(+あい。)でも腕時計を掘り下げてみようか。

まず、ちょっと触れてみたいのが

所謂バブルが始まる90年代はこぞって高級時計をしていたものだ。

その頃自分もブレゲバセロンパティックなどの「雲上モデル」の名を聞き出した。こうした超が2つくらい付きそうな高級腕時計はちょっと次元の違う話として、腕時計は昔から車と共にコレクターズアイテムや自分を主張する道具として使われてはいたが、それは非常に特定された階級の話で一般的ではない。
ただ、それが一般的になった時期がある。
それが所謂バブルと言われる頃の話だ。

丁度この頃ロレックスなどが一般大衆化していき、こぞって高級時計が売れ出した。

■空前のロレックス・エクスプローラー1&Gショックブーム。

こうしたチョットした腕時計ブームで個人的に忘れられないブームが2つある。

現在自分が所有しているクロノタイムの前、こうしたチョット値が張る時計で一番最初に購入したのはロレックス・サブマリーナだった。
エベレスト登頂の逸話から旧型のエクスプローラーがどうしても欲しかったのだが、予算的に全然届かなかった。このエベレストの登頂時の腕時計については色々言われており、実際の所エクスプローラーが初登頂時に腕にはめられていたかどうかの真意はよくわからず、ロレックスではないという話もあるがどうなのだろう・・。
まっ、その話は機会を譲るとして。

まず最初に、このエクスプローラー1(EXP1)という時計であるが、
ドラマで某アイドルグループのひとりがこのエクスプローラー1(以後EXP1)を付けていて一気にブームが爆発した。勿論超人気タレントであるが故に、この影響力は凄まじく、EXP1に信じられない価格が付いていた。それにつられてか分からないが、ロレックス全体の価格の底上げがされ、全モデルがとんでもない価格にどんどん上がっていった。自分がサブマリーナを購入した時、EXP1はサブマリーナよりも遙かに安かったので実は最後までEXP1と迷っていたが、最終的にEXP1はカレンダーがないという理由で却下した。その後EXP1はとてつもないブームを巻き起こし、プライスは軽く500,000円を超えた。
これにてEXP1は日本全国で品薄となり、挙げ句の果てに全世界のEXP1が日本に集まったとも言われた。
とにかく凄いブームだった。現在は落ち着いているようだが、それでもこの時計は機能的にもそれほど高価なモデルにはなり得ない。
尚、これは余談だが、実はこのEX1はこのブームの前はロレックスでも売れなくて困っているモデルで、ラインナップのお荷物となっていた事実は意外と知られていない。(笑)

さて、もう一つは空前のGショックブームだ。このブームも凄かった。
Gショックが何処何処とコラボした所謂「レアG」は、こぞって買いあさられ軒並み品薄になっていった。
元々がそれほど高くない腕時計だったが、プレミア価格で100,000円のプライスを付けるモデルも珍しくなかった。時計屋さんの話によれば、CASIOの箱を持ってるだけで並べる前から人がガンガン集まってきたというから尋常じゃない。Baby-Gなる派生モデルも生まれたりして、業界的には嬉しいブームだったようだ。
今では珍しくない腕時計専門誌もこのころから徐々に創刊されるようになっていった。
チュードル 3
ところで、色々書いてはいるが、自分のチュードルには特に逸話らしき逸話はない。自分が知らないだけかもしれないが・・(笑)

チュードルは、元々が高すぎるロレックスに変わり、悪く言えば廉価版(普及目的)として誕生した。
格好良く言えばディフュージョン・ブランド。ということになるが、今やロレックスのディフュージョンブランドしてのチュードルの役目は完全に終わり、それぞれがブランドを確立している。(ロレックスには失礼だが・・。)

何年か前偶然に見つけたこの時計は特に意識しないままデザインの良さに一目惚れして購入した。
自分は時計に最低限求めるモノがあり、それがカレンダーだ。よってデイト付きが条件になるため、この手の時計としては珍しいデイト付きであることが決め手となり購入に至った。また、この時計の前までは黒系の文字盤ばかり購入していたため、アイボリーのこの文字盤の色が非常に気に入った。

このチュードルのクロノタイムは文字盤に様々なバリエーションが存在する。カラーと共に実に多いのでここでは紹介しきれないが、少しだけ紹介すると、チュードルクロノタイムの前期型。いわゆるロレックスとチュードルのパーツが混合している初期のクロノタイムは文字盤がシルバーホワイトでインデックスのみとなる。ケースはカマボコで、リューズ、三連ブレス共に王冠のマークが入っている。カマボコとはケースを横から見たときに丁度カマボコを切ったようなデザインになることから名付けられたものだ。エッジが立ち、腕への座りが良いとされるがさほど変わらないように思う。ただ、デザイン的にはカマボコの方が好きだ。
チュードル 8
このモデルもカマボコっていわれればカマボコ型なのだが・・。ややナローラインが入る。
チュードル ブレス
チュードルは正規の日本代理店が無く、販売的に苦戦を強いられているが、ロレックスのディフュージョンブランドとしてではなく、チュードルのブランド確立を狙いイメージキャラクターとして契約したのが若き日のあのタイガーウッズだった。
スーパースターの片鱗を見せていた頃のタイガーと時を同じくしてチュードルも「タイガーモデル」という時計を発表、発売した。とはいえその実体は、既存のモデルに「TIGER」の文字をいれたクロノタイムやレンジャーなどである。そんな「TIGER」モデルのひとつが今回のエントリーである。
まぁ、これによりチュードルが売れたかどうかはよくわからないが、売り上げを落としたと言うことはないだろう。
このタイガーモデルもかなり作られたが、一時期の飛ぶ鳥を落とす勢いであったタイガーに乗っかり、このモデルもタイガーとの契約が切れた後、人気の傾向を示したが、現在、一連の不倫騒動でタイガーも成績が今ひとつになっているので、このモデルの為にも(笑)巻き返しを図って貰いたい。思えばあの時代に個人名を冠したモデルは少なかったのではないだろうか。
ちなみに、このモデルはイタリア仕様でアラビア数字の文字盤を持つ。意外と珍しいモデルらしい。勿論並行輸入だ。クロノタイムはベゼルにも色々なバリエーションが存在するが、このモデルのベゼルは通称「プラタキ」といわれるプラスチック・タキメーター仕様で個人的にはクロノタイムの中でももっともしっくり来るモデルだと思っている。人気も一番高い。
また、現在のチュードルのブレスレットは5連のものを使っているが以前はロレックスと同じデザインの3連ブレスであった。このブレスに拘る人は非常に多いようで、購入後に付け替えようとしている人がいるが、3連ブレスは単体では非常に高くつく。よって、3連に拘る人は最初から付いてる方を買うのが得策だ。

現在では、ごく一部を除き昔ほど腕時計に桁違いのプライスは付けられておらず価格は安定している。ただ、高い時計は非常に高い。
腕時計ブームというのも些か落ち着いた感じだ。自分も一時期収まっていたが、ちょっとまた物欲が頭を覗かせつつある。


さて、・・長くなったが・・、あまりチュードルの話はしてないな・・。(笑)


ⓚAll Rights Reserved. Photo by Kazz with GXR A12 50mm





0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
0 Trackbacks
Top
プロフィール

Author:Kazz
Welcome to my blog

Kazz zzak(+あい。)へようこそ。
Kazz zzaK(+愛・逢・遇・合・・・ etc)
あい。は、人それぞれ。

英語で i は自分ということ。

Kazz zzak(+i)

色々な「あい。」と自分をプラスして
Kazz zzak+i=「Kazz zzaKi」

「カズ雑記」

身の回りの好きなこと。好きなモノ。
関心のある事。
写真と共に何でも書いていきます。

気に入ったらまた遊びに来てください。

尚、このブログ内全ての文章・写真には著作権があります。販売も行っておりますので
無断で使用・転載する行為を固く禁じます。

コメントは基本的に悪質で無いものは承認する方向です。
ただ、メールで個別に対応することは時間的にも余程のことが無い限りできませんので
コメント通してすることになります。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター